2017年8月3日 更新

ビットコインキャッシュで話題になったハードフォークって何?

2017年8月1日、ビットコインがビットコインとビットコインキャッシュという2つの仮想通貨に分かれた際に行われたハードフォーク及びその対義語のソフトフォークの概念及び実際に行うとどうなるのかについて説明します。

ビットコインの分裂とハードフォーク

 (19894)

2017年8月1日、ビットコインがビットコインとビットコインキャッシュという2つの仮想通貨に分かれました。
この分裂の際に行われたのがハードフォークです。

ハードフォークとは、仮想通貨にとっての取引台帳ともいえる役割のブロックチェーンの仕組みを、従来とは互換性のない形で行うアップデートのことです。
これを行うことで、従来の仕様そのままの仮想通貨(ビットコイン)と、旧仕様を無視して新しく作成された新しい通貨(ビットコインキャッシュ)の2つに分裂します。

一方、対義語のソフトフォークは、ブロックチェーン全ての仕様を変更し、以前の仕様も使えるままにする方法です。

ビットコインのハードフォークが発生した背景

今回のビットコインのハードフォークが発生した背景には、
取引を記録するためのブロックチェーンのサイズが従来1MBで、約3000の取引記録を収められる状態で、当初はこれで十分対応できていたのですが、
最近のビットコイン決済の拡大でスケーラビリティ不足が発生し、ビットコイン決済の際の待ち時間がかかる状況になっていたことが挙げられます。

そこで解決策が必要となりますが、
ブロックチェーンのサイズを変更すると、従来のビットコインをそのままの状態で運用できないため、
当初はSegwitという、取引における署名部分をブロックから分離して管理するように変更し、
それにより空きができた部分を取引記録に割り当ててブロックチェーンのサイズを見かけ上増やし、
互換性を維持するソフトフォーク案が当初は有力でした。

しかしながら、中国のViaBTCを中心とする一部マイナーは、ハードフォークによりブロックチェーンのサイズを8MBまで増やして解決しようとする案を提示し、最終的にはこの案が採用されました。

過去のビットコイン以外のハードフォーク事例

ハードフォークは、過去には、THE DAOのハッキング事件を発端にイーサリアムでも行われ、
2016年7月20日にイーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)に分かれました。
イーサリアムクラシックが従来の仕様のままの仮想通貨で、イーサリアムが新しい仕様の仮想通貨です。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

国内主要取引所9社のビットコインキャッシュの対応状況まとめ

国内主要取引所9社のビットコインキャッシュの対応状況まとめ

2017年8月1日に、ビットコインが、ビットコインとビットコインキャッシュの2つの通貨に分かれましたが、国内の主要取引所9社の、ビットコインキャッシュの付与状況や、ビットコインでの入出金、売買取引の対応状況をまとめました。
イノサキ | 156 view
ビットコインキャッシュ誕生へ【時価総額3位】

ビットコインキャッシュ誕生へ【時価総額3位】

日本時間2017年8月2日未明にビットコインが分裂し、ビットコインキャッシュが誕生しました。ビットコインキャッシュが誕生することになった経緯と、ビットコインキャッシュが誕生後の取引状況や価格推移を紹介します。
みるるん | 162 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

いっきゅうさん いっきゅうさん