2017年11月25日 更新

匿名性に特化した仮想通貨のジーキャッシュ

ビットコインが仮想通貨の代名詞となっている中、匿名性に特化したジーキャッシュというものが発表されて一時期ビットコインをしのぐ勢いとなりました。

ジーキャッシュとは

今までで匿名性を少し改良して今までの仮想通貨よりも動きの見えにくい仮想通貨はモネロやダッシュ物が発表されていましたが今回のZcashは更にそれを強化したものとして発表されました。
取引記録だけは残るものの、それを誰がしたか、どの金額を行ったかというのが完全に秘匿されているものになっています。

税金関係の兼ね合いもあるので、基本的にはそういうものは残るように作られていますが、このジーキャッシュにおいてはすべてやり取りを隠すことが出来てしまうのです。
一見素晴らしいシステムのように見えてしまいますが、それゆえに海外の闇組織やいわゆる反社会勢力といわれるところでも使うことが認められてしまうことにもなるので、そういった部分では正直問題といわざるを得ない状態になっています。

そういう背景もありZcashはすべて隠しているので自分が加担しているかわからない代わりにそれを罪に問われることはないというある意味で保険を掛ける意味合いもあります。
これがなされなければ隠してますがそれがわかったので資産凍結です、というのも酷な話ですし精神衛生上よろしくないですからね。

ビットコインとの違いは、匿名性

先にも説明しておりますが、このジーキャッシュにおいては100%の匿名性を実現することが出来ました。
仮想通貨における金銭の動きというのは完全に調べることが出来るので、こちらを使うのであればセキュリティ面でも安全が保障されるということです。
ここまでジーキャッシュの匿名性を大きく取り上げていますが、なにもジーキャッシュ以外匿名性がないというわけではありません。
ダッシュやモネロなども暗号性の高いもので秘匿しやすいものとしては登場しておりました。
ジーキャッシュにおいてはお互いの取引を暗号化して、それを閲覧するには指定の閲覧権を持った人がパス解除しないと見れなくなっております。そのキーを所持していなければその取引は完全に見れないということです。
このキーも取引間で自由に発行できるのでつかいがってもいいようです。
こういったオリジナル性の高さが受けて、プレセール直後から人気が出て上場を果たした後も価格が高騰することとなりました。
Free illustration: Bitcoin, Coin, Finance, Bit-Coin - Free Image on Pixabay - 2345879 (20369)

将来性はわからない!?

とはいえジーキャッシュも様々な評価帯になっています。
コインの総数の少なさとサービスの特異性から一時期ビットコイン以上の価格をつけていることもありましたが、現状は落ち着きを取り戻し、価格もあまり上がってきてはいません。さらに技術面でも伸びが悪くいまだに抱えている課題などもあります。

とはいえアップデートなども盛んにおこなわれていることから落ち目のコインというわけでは決してありませんので、今後の発展に期待したいところですね!
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

仮想通貨における匿名性の高さはリスクなのかメリットなのか??

仮想通貨における匿名性の高さはリスクなのかメリットなのか??

ジーキャッシュと呼ばれる新しい仮想通貨が生まれました。 このジーキャッシュは様々な意見が出ていますがその是非について解説していこうと思います。
じょにー | 277 view
きわめて暗号性の高いジーキャッシュのメリットは?

きわめて暗号性の高いジーキャッシュのメリットは?

仮想通貨はビットコインで有名になったのは周知の事実ですが、世間でもまだ注目されていない、それも極めて秘匿性の高いジーキャッシュをご存知ですか?
じょにー | 100 view
ブロックチェーンを活用し医療産業に革命をもたらす MediChain(メディカルチェイン)

ブロックチェーンを活用し医療産業に革命をもたらす MediChain(メディカルチェイン)

ブロックチェーン技術がもたらす革命は、今や医療分野にも到来しようとしている。現在、患者の医療情報を保管する電子健康記録(EHR)と電子カルテ(EMR)のデータは、互換性がない上に不完全な場合がほとんどだ。
管理者3 | 81 view
PARKGENE(パークジーン)、ブロックチェーン技術で駐車方法に革命起こ す

PARKGENE(パークジーン)、ブロックチェーン技術で駐車方法に革命起こ す

PARKGENE(パークジーン、以下PARKGENE)は、世界初のブロックチェーン上の駐車サービスです。
管理者3 | 159 view
KYC.LEGAL(ケーワイシー・リーガル)アプリの第二ステージ、稼働へ

KYC.LEGAL(ケーワイシー・リーガル)アプリの第二ステージ、稼働へ

ブロックチェーンベースのユーザー認証プラットフォームKYС.LEGAL(ケーワイシー・リー ガル、以下KYC.LEGAL)が、提供する認証サービスの第二ステージをローンチする体勢を 整えた。
管理者3 | 102 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー