2018年3月2日 更新

コインチェック事件で分かった、ウォレット管理の大切さ

取引所はハッカーから見ると格好の獲物ですので、取引所に仮想通貨をそのまま置いておくのは非常に危険です。そのため、自分で管理できるウォレットを用意してそこに仮想通貨を入れておきましょう。

取引所に仮想通貨をそのまま置いておくのは危険

コインチェック事件でも分かったと思いますが、
仮想通貨は最近注目されておりハッカーから狙われやすくなっています。特に取引所では多額の仮想通貨が管理されていますので、ハッカーから見ると格好の獲物です。
取引所がハッキングされて資金流出すると、顧客に返金できなくなったり、最悪の事態では倒産してしまったりします。

そのため、取引所に仮想通貨をそのまま置いておくのは非常に危険です。
資産を失ってしまわないよう、自分の資産は自分で守りましょう。
そのためには、自分のウォレットを用意して、そこに仮想通貨を入れておく必要があります。
Ledger Nano S(レジャーナノエス)
アルトコイン訴求

ウォレット色々

ウォレットには大きく分類して以下の4種類あります。
 (25433)

オンラインウォレット

オンライン上で管理できるウォレットです。
簡単にアカウントを作成でき、最も手軽に利用できますが、取引所に置いておくのと同じでハッキングやサイト閉鎖により預けていた仮想通貨が失われるリスクがありますので、お勧めできません。

ローカルウォレット

パソコンやスマートフォンにインストールして使うタイプのウォレットです。
自分の手元にあるパソコンやスマートフォンで管理できますので、取引所がつぶれたりしても仮想通貨が失われることはありません。
無料で利用でき、手軽に導入しやすいですが、インストールしているパソコンやスマートフォンがウイルスに感染すると、仮想通貨が盗まれるリスクはあります。

line

ペーパーウォレット

秘密鍵を紙に印刷するタイプのウォレットです。
紙で管理するためハッキングやウイルス感染のリスクはありませんが、火災や盗難には弱いため金庫等に入れて厳重に管理する必要があります。

ハードウェアウォレット

USBでパソコンに接続して利用するタイプのウォレットです。
普段はパソコンから取り外して保管しておくため、ハッキングのリスクはありませんし、暗証番号で保護されており入力を何度か間違えると初期化されるようになっていますので、盗難にも強いです。
最初に購入費用として1万5000円ほどかかりますが、最も安全に仮想通貨を管理することが可能です。
数百万円以上の仮想通貨を管理するなら間違いなくハードウェアウォレットでの管理がお勧めです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

使いやすいユーザーインターフェースのウォレットアプリ「Jaxx」

使いやすいユーザーインターフェースのウォレットアプリ「Jaxx」

Jaxxは、51種類もの仮想通貨に対応していて、ユーザーインターフェースが分かりやすいモバイルウォレットアプリです。バックアップも簡単なので、端末が壊れたり紛失してしまっても安心です。
しょーじ | 53 view
マルチシグネチャ対応のウォレットアプリ「Copay」

マルチシグネチャ対応のウォレットアプリ「Copay」

BitPay社が提供しているウォレットアプリ「Copay」は、秘密鍵を端末内に保管、二段階認証に対応、オープンソースによる開発と、セキュリティ的に万全で安心して利用することが可能です。日本語に対応しており、使いやすいインターフェースです。
しょーじ | 71 view
国産のイーサリアム向けウォレットアプリ「HBWallet」

国産のイーサリアム向けウォレットアプリ「HBWallet」

日本のbacoor株式会社が開発しているイーサリアム向けのウォレットアプリ「HBWallet」を紹介します。ユーザーインターフェースはシンプルで分かりやすく、2018年3月には10万ダウンロードを達成しています。
しょーじ | 163 view
3月18日コインチェックの記者会見2

3月18日コインチェックの記者会見2

コインチェックの記者会見内容
管理者3 | 120 view
3月18日コインチェックの記者会見の内容1

3月18日コインチェックの記者会見の内容1

3月8日16時~のコインチェックの記者会見内容
管理者3 | 74 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ