2017年11月25日 更新

仮想通貨をマイニングする際に使用されるフォークとは?

仮想通貨のマイニングの際にフォークという言葉が使用されることがあります。しかし、聞きなれない言葉のためによく意味がわからない人多いと思います。フォークとマイニングの関係性をみてみたいと思います。

・フォークとは?

仮想通貨のビットコインにおいてフォークというのはブロックチェーンが結合する際に分岐してしまった時に使用される言葉です。マイナーはマイニングを行う際に新しいブロックを過去から現在までのブロックに結合をさせます。このマイニングというのは仮想通貨をやり取りするシステムに参加することであり、全世界でマイニングが行われています。基本的にマイニングに成功した場合、これまでのブロックと結合できるのは原則として1になっているのですが、時に同時にマイニングの承認を得てブロックが枝分かれして結合してしまう場合があります。
その時は次のブロックが結合してきたブロックの方を正として再度ブロックが連結していくことになります。ブロックチェーンの性質としてブロックチェーンは長い方の情報を正しい情報として処理をするという決まりがあります。

・ハードフォークとは?

Free photo: Facade, Architecture, House Facade - Free Image on Pixabay - 2755721 (21963)

ハードフォークとは既存のブロックチェーンのプロトコルにあらかじめ規定されている検証規則を緩和することを言います。これをもう少し簡単に直すと連なっているブロックチェーンの中である部分を境界としてこれまでのルールを一切無視して新しくルールを作り変えてしまうことを言います。そのため、これまでの履歴がブロックチェーンとして繋がっていたのにも関わらず、仕様が変わってしまうためにそれまでのデータとの互換性がなくなってしまうのです。そのため、新しくルールを作ってから一定の期間までにアップデートを行う必要があります。もし、アップデートをし忘れてしまうとその後もずっと旧仕様のままになってしまうので注意が必要です。

・ソフトフォークとは?

ソフトフォークとは既存のブロックチェーンのプロトコルにあらかじめ規定されていた検証規則をさらに厳密なものへと変更することを言います。これをもう少し簡単に直すとこれまでずっと連なってきていたブロックチェーン全ての仕様を変更してこれまでの仕様も使えるようにするといった方法のことを言います。仕様は変わっておりますが、以前のブロックとの連携が取れるようになっているので、万が一間違って以前の仕様で支払いを行ったとしても被害が少ないと言えます。
しかし、仕様が変わってから支払い等で利用する場合は仕様の変更ができていないと支払いが完了しない場合があるので注意が必要です。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットコインの承認時間の長さや手数料の高騰のため、2018年2月1日よりビットクラブの支払いがビットコインキャッシュでの支払いに変わります。
しょーじ | 1,263 view
ビットコインゴールドを欲しいなら早めにビットコインキャッシュを買う方がいい

ビットコインゴールドを欲しいなら早めにビットコインキャッシュを買う方がいい

ビットコインゴールドやBTXと呼ばれるフォーク後のコインが同慈和付与されるのは最近では多くなってきましたが、それを受け取るのであればはやめに分裂前の通貨を買っておかなければなりません。
じょにー | 1,113 view
今マイニングで赤字なら、OZマイニングの利用を検討するべき

今マイニングで赤字なら、OZマイニングの利用を検討するべき

マイニングでは報酬部分だけがクローズアップされ、電気代は見えにくいです。一度状況を詳しく調べてみて赤字なら、OZマイニングの利用を検討してみましょう。
しょーじ | 60 view
ナイスハッシュで効率の良い仮想通貨を自動でマイニング

ナイスハッシュで効率の良い仮想通貨を自動でマイニング

その時点で最も採掘効率の良い仮想通貨を自動で選択してくれるマイニングツール「ナイスハッシュマイナー」の導入方法を紹介します。
しょーじ | 295 view
マイニングに関するコイン選びの重要性と将来性の注意点

マイニングに関するコイン選びの重要性と将来性の注意点

何かを検討する段階では、よく選ぶのが大切な事も多いです。マイニングに対しても、同じ事が言えます。確かにマイニングでは、利益は生じるのです。しかしその利益の大きさも、仮想通貨に左右される一面があるのです。
うーた | 204 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー