2018年4月4日 更新

ビットクラブの概要とそのシステム

ビットクラブとは、仮想コインであるビットコインのマイニングシステムを利用し、投資者を募ることによって運営する投資プログラムの一つ

ビットクラブとは

 (24598)

ビットクラブとは、仮想コインであるビットコインのマイニングシステムを利用し、投資者を募ることによって運営する投資プログラムの一つで、日本ではBitClub Japanとして運営を行っています。BitClub Japanでは、投資者は一定の資金をBitClub Japanにプールすることになりますが、出資者はこのマイニングプールから得られる収益から、毎日報酬を得られるシステムとなっています。さらにBitClub Japanでは、第3者を紹介しで得られる紹介プログラムというシステムがあり、知人などをBitClub Japanに紹介することによって、収入を得ることもできます。

このマイニングとは、採掘を意味する仮想通貨の独自のシステムで、ビットコインを利用する際、すべて取引きという形でビットコインデータのやり取りが行われています。ビットコインのシステムは、すべてPSPシステムとブロックチエーンで成り立っており、この取引きが成立するには高度な暗号の数式の計算を行い、その整合性が確かめられたうえで、その取引きが正しく行われているか確認を行っています。この整合性を確かめる作業の労力に対し、報酬としてビットコインが支払われますが、この作業が鉱山を掘る作業によく似ているため、採掘またはマイニングの名称がつけられているわけです。
bitclubmining
 (24600)

クラウドマイニング

bitclubmining
 (24602)

クラウドマイニングとは、マイニングを行う手法の一つで、現在個人レベルでビットコインなどを始めとする仮想通貨を採掘するには、非常に困難になってきています。そのため、マイニングをグループ単位、あるいは企業単位で行っていこうという考え方で、こうしたクラウドマイニングに投資することによって、投資した割合に応じて参加者に利益を配当する仕組みのことをクラウドマイニングと呼んでいます。クラウドマイニングは、投資方法の一つですが、資産運用による株式の投資などで、株式の配当により利益を得ることと、イメージ的にはあまり大差がないものです。

クラウドマイニングのメリットは、個人レベルでマイニングを行う専用のコンピューターを持つ必要がなく、投資を行うだけで収益が得られるという利点があります。通常、仮想通貨でのマイニングを行うためには、ハイスペックのパソコンなどを数台あるいは数10台用意し、365日稼働し続けなければなりません。この際に、マイニングを行う上でかかる費用としては、パソコンの購入資金あるいはメンテナンスが常に必要で、コンピューターを稼働させていくためには、膨大な電気料金がかかってきます。個人レベルで、マイニングが難しいといわれるのは、こうしたコスト面が大きく、利益にあまりつながらないわけです。

三つのマイニングの方法

 (24605)

仮想通貨の世界で、採掘というマイニングは、仮想コインマーケットにおいてトレーディングを行うよりも、リスク的には非常に安全性が高いものです。なぜならばマイニングは、取引きが正しく行われているが計算作業を行った報酬として支払われるもので、マイニングを行う設備や電気代以外には、コストが全くかからないからです。トレーディングは、仮想通貨の相場を把握したうえで、状況に応じた売買を行い差益を得ますが、このトレーディング行うためには一定のリスクは常についてまわるものなのです。

マイニングには、個人レベルで行うそろマイニング、複数のグループで共同作業で行うマイニングプール、そしてマイニングを行う最大の規模として、クラウドマイニングがあるのです。マイニングを行うこと自体は、トレーディングに比べると非常にリスクが少ないものですが、マイニング行うためには高スペックなパソコンと、これらの機材を動かすための消費電力は必ず必要となってきます。精密機械であるパーソナルコンピューターは、マシンであるが故に故障などのリスクがあり、電気料金も原油の値上がりなどで大きく変動していきます。個人レベルでは、こうしたリスクが常につきまとい、採算が合わないということも考えられるわけです。

クラウドマイニングにおける利点と欠点

 (24608)

ビットコインなどの、仮想通貨を得るための手法としてはイニングが行われますが、個人レベルで行うソロマイニングや特定のグループで行うマイニングプールは、マイニング専用のコンピューターと設備を稼働させるための電気代が必要となってきます。しかし、クラウドマイニングは、マイニング設備を持った団体やグループが、実際のマイニングを行うので、参加者はマイニング専用のパソコンやそれに伴うメンテナンス、電気料金などのコストが一切かかりません。

参加者は、クラウドマイニングを運営するサービスに対して、一定額の投資を行うことによって、マイニング収益の中から配当を得ることができるのです。したがって、クラウドマイニングのメリットとして、マイニングを行う上での初期投資が一切必要なく、電気代などを気にする必要はありません。また、マイニングを行う上での知識は全く必要がなく、初心者であっても気軽にクラウドマイニングに参加することができるわけです。デメリットとして考えられるのは、仮想通貨の価値が下がり配当が少なくなること、または倒産の可能性もなくありません。また、こうした仮想通貨のクラウドマイニングを利用した、詐欺である可能性も否定できません。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットコインの承認時間の長さや手数料の高騰のため、2018年2月1日よりビットクラブの支払いがビットコインキャッシュでの支払いに変わります。
しょーじ | 2,145 view
ビットクラブのクラブコインを自分のウォレットに移動させよう

ビットクラブのクラブコインを自分のウォレットに移動させよう

ビットクラブに参加すると3500ドルのプールを購入して参加するとクラブコインがもらえましたが、セキュリティ面から自分のウォレットに移動しておくにはどうすればよいのでしょうか?詳しく解説します。
しょーじ | 84 view
セキュリティ向上のため、定期的にビットクラブのログインパスワードを変更しておこう

セキュリティ向上のため、定期的にビットクラブのログインパスワードを変更しておこう

ビットクラブでせっかくマイニングした仮想通貨を抜き取られないようにセキュリティは万全にしておきましょう。定期的に長めで解読されにくいパスワードを設定するのがおススメです。
しょーじ | 34 view
仮想通貨初心者にこそ始めて欲しいビットクラブ

仮想通貨初心者にこそ始めて欲しいビットクラブ

ビットクラブは、仮想通貨の値下がりや大きなハッキング事件を受けてどうしたらよいのか困っている仮想通貨初心者こそ始めるべき投資先です。仮想通貨に期待しているような派手さはありませんが、複利の効果で着実に収益が上がっていきます。
しょーじ | 112 view
ビットクラブをネズミ講と言っている人がいるけど大丈夫なのか

ビットクラブをネズミ講と言っている人がいるけど大丈夫なのか

ビットクラブをネズミ講と言っている人がいますが、その人はネットワークビジネスのことを勘違いしてネズミ講と呼んでいるだけなのです。また、ビットクラブはクラウドマイニングだけで稼ぐことも可能なので、人を紹介したりするのが苦手な人も問題無く参加できます。
しょーじ | 568 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3