2017年12月1日 更新

今更だけどICOが儲かるのかについて調べてみた。

ICOとは、「InitialCoinOffering」の頭文字をとったもので、簡単に言えばIPOの原理と似ています。 取引所へと上場させることによって認知度を上げてトークンを販売し、それを基に資金を調達し、プランを完成させていくものです。

ICO参加のメリットとデメリット

ICOに参加することで何がメリットがあるかというと、取引所に流通する前の仮想通貨を手に入れることが出来ます。
それを可能にしているのがプレセールと呼ばれるもので上場前のものでリリース当初であれば非常に安い値段で購入することが出来るのです。

ICO自体はだれでも参加することが出来るのでプロジェクトに参加したいのであれば投資をしてみてもいいかもしれません。
金額も自分で決めることが出来るのでばくちにならない程度で投資を始めるのがおすすめです。

ただ、全てが値上がりするというわけではないのは覚えておきましょう。
最近であればICO自体が注目されているのを分かったうえで資金集めだけに使われてプロジェクトはいつまでたっても始まらない、いわゆる詐欺に近い行為も目立っています。
事前に情報を手に入れることもできますのでそれらを活用するようにしましょう。

ICOの実例

最近ではMGOなどが日本からICOを行い大きな話題になったのは記憶に新しいと思います。
そのおかげか仮想通貨の値上がりも大きく行われ、イーサリアムやビットコインは高騰を見せました。トークンに上限を持たせていなかったせいで結局トータルで60億弱藻のお金を受けることとなりました。

その後海外の取引所を使ってICOを果たして、いまでも資産を伸ばしております。
Free photo: Financial, Analytics, Blur - Free Image on Pixabay - 2860753 (22034)

ICOプラットフォームの誕生

Free illustration: Graph, Growth, Finance, Profits - Free Image on Pixabay - 163509 (22035)

Free illustration: Graph, Growth, Finance, Profits - Free Image on Pixabay - 163509 (22036)

最近ではテックビューロがCOMSAというICOサイトのプラットフォームを立ち上げたことがわだいになりました。

簡単に言えば今までのプラットフォームでは使いにくかったものを改善して日本人向けに改良されたものです!

COMSAもそうですが、誰しも利益を得たいものだと思うので、ICOに投資をする際はホワイトペーパーなどの資料を使って
効率よく投資をできるようにしないといけないのは注意しましょう。
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ICOという革命とリスク

ICOという革命とリスク

ICOを行うにあたってのリスク、それよりもICOというある種革命的なサービスととらえる一面も出てきています。新しい動きなのでしっかり恩恵を受けたいですね。
じょにー | 20 view
ICOで行われるプレセールの情報を早めに知る方法

ICOで行われるプレセールの情報を早めに知る方法

最近では頻繁にICOのプレセールが行われています。それだけ仮想通貨のICOが増えているという現実があるのです。 それらをいち早く見つけるためにどういうサイトを活用すればいいかを紹介します。
じょにー | 96 view
ホワイトペーパーを制する者はICOを制するといっても過言ではないかもしれない

ホワイトペーパーを制する者はICOを制するといっても過言ではないかもしれない

仮想通貨とICOという言葉を調べていけばたびたび目にすることがあるホワイトペーパーという言葉。 このホワイトペーパーの重要性などを説明出来たらと思います。
じょにー | 45 view
ICO=ホワイトペーパーといっても過言ではない。

ICO=ホワイトペーパーといっても過言ではない。

ホワイトペーパーの良しあしでプロジェクトの雰囲気や成功確率も変わってくることがあります。 ICOにおけるホワイトペーパーの重要性を知るようにしましょう。
じょにー | 35 view
ICOの波の大きさに専門家も警鐘を・・・

ICOの波の大きさに専門家も警鐘を・・・

ICOが国内でも活発になってきました。 中には数十億や数百億を調達するのも出てきました。こういった動きの中で下落とそれに伴う詐欺などについても注意喚起するのを文書として発表する動きもあります。
じょにー | 22 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー