2017年12月13日 更新

トップ・アドバイザーがKYC.Legal(ケーワイシー・リーガル)チーム に参加

KYC.Legal社は、Know Your Customer(KYC、顧客の身元確認のこと)のニーズを満たす、ブ ロックチェーン技術をベースとした、迅速で信頼性の高い個人識別システムを開発している。

 (22048)

KYC.Legal社は、Know Your Customer(KYC、顧客の身元確認のこと)のニーズを満たす、
ブロックチェーン技術をベースとした、迅速で信頼性の高い個人識別システムを開発している。現在、 同社は強固なアドバイザー・チームを持っているが、新しいアドバイザーVibhuti Jha氏とAllan Young氏の参画によって、そのチームはさらに強固になっている。

Allan Young氏は、テクノロジー、VC、プライベートエクイティ、資産管理において経験豊富な起 業家だ。彼は、15の投資ポートフォリオの内、4つのIPOを達成した2千万ドルの学生運営のベン チャーファンドを、創業チームの一員として立ち上げた。同氏は広告技術開発スタートアップの共 同創業者でもあり、その会社は、日本最大のe−コマースサイトである楽天市場を有する楽天に売 却された。

以来、彼は数多くのスタートアップに参加してきた。最近では、UCバークレー郊外のイーストベ イにある、テクノロジー&ビジネスにおける主要インキュベーター、TopLine社の創業者としても 活躍している。同社は、ビルトインマーケティングとセールスアクセラレータを持っており、収益 増とカスタマーサービス業務拡大を目指す、より成熟したスタートアップに焦点を当てている点で、 他のインキュベーターとは異なっている。また、彼はサンフランシスコの中心地にあるインキュベー ター、Runway社の創業者でもある。

Young氏は、熱心なアドバイザーだ。 「これは、ずっと前からあったアイデアです。普遍的にe− コマースは、顧客を確実に識別するためのより簡単な方法を必要としており、その実現に貢献でき るのは大きな喜びです」

Vibhuti Jha氏は、1991年にアメリカに到着して以来、彼の母国インドと第二の母国との緊密な関 係を促進するために、たゆみない努力を続けてきた。 Vibhutiはアメリカン・エキスプレス・バン ク・インターナショナルのシニアエグゼクティブ/地域統括として、投資/非居住インド人の預金プ ログラムの開発を率い、米国在住のインド人が銀行を通じてインドに投資できるようにした。彼 は1992年に「インドでのビジネス」に関する第1回ワシントンDCセミナーを開催し、当時のイン ドの新自由化政策に関する人々の理解を深めた。
ニューヨークに本拠を置くVibhutiは、何足もわらじを履いて忙しくしている。彼は、特定の経済 分野のEB-5移民プログラムを専門とするAshcroft Sullivan Jhaというファームの社長であり、ま た、Global Capital Services Groupのマネージングディレクターだ。その他にも、アセット、リス ク、投資マネジメントについて富裕層の顧客に助言するブティック・アドバイザリーとプライベー ト・バンキング・サービスを作った。彼は、インド経済の多くの部門への直接外国投資を絶え間 なく促進している。
彼は、インド・タイムズ紙に寄稿したり、アメリカとインド両方のテレビに頻繁に出演して、米国 とインドの地政学的および経済的関係に関する彼の洞察を披露している。

「KYC.Legalは非常に先進的な取り組みをしています。これは、北米だけでなく、全世界でゲーム チェンジャーになる可能性のあるものです。銀行や金融は、よりモバイル性があり、ペースの速い、 新しいものになろうとしているのです」とJha氏は述べている。
KYC.Legalの共同創業者Daniil Rausov氏は、2人の専門家を歓迎してこう述べた。 「Vibhutiと Allanは、KYC.Legalプロジェクトにとって非常に貴重な経験と知識を提供してくれます。私たちは 彼らが参加してくれたことを本当に喜んでいます」
2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ブロックチェーンを活用し医療産業に革命をもたらす MediChain(メディカルチェイン)

ブロックチェーンを活用し医療産業に革命をもたらす MediChain(メディカルチェイン)

ブロックチェーン技術がもたらす革命は、今や医療分野にも到来しようとしている。現在、患者の医療情報を保管する電子健康記録(EHR)と電子カルテ(EMR)のデータは、互換性がない上に不完全な場合がほとんどだ。
管理者3 | 120 view
PARKGENE(パークジーン)、ブロックチェーン技術で駐車方法に革命起こ す

PARKGENE(パークジーン)、ブロックチェーン技術で駐車方法に革命起こ す

PARKGENE(パークジーン、以下PARKGENE)は、世界初のブロックチェーン上の駐車サービスです。
管理者3 | 186 view
KYC.LEGAL(ケーワイシー・リーガル)アプリの第二ステージ、稼働へ

KYC.LEGAL(ケーワイシー・リーガル)アプリの第二ステージ、稼働へ

ブロックチェーンベースのユーザー認証プラットフォームKYС.LEGAL(ケーワイシー・リー ガル、以下KYC.LEGAL)が、提供する認証サービスの第二ステージをローンチする体勢を 整えた。
管理者3 | 115 view
ICOの可能性とリスクについて少し勉強してみた

ICOの可能性とリスクについて少し勉強してみた

ICOを利用して投資をしようとしている人も受けようとしている人も考えなければならないのはリスクヘッジだと思います。 投資を行う異常必ずというものはないので、リスクを限りなく減らす努力をしましょう。
じょにー | 570 view
ICOによって資金調達をしている背景

ICOによって資金調達をしている背景

ベンチャー系の会社が最近資金調達をICOを通じて行っているという話を聞きました。 そもそもICOって何という人やメリットがわからないという人もいると思うのでそのあたりを考えてみたいと思います。
じょにー | 185 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3