2016年9月6日 更新

ビットコインを【現金化】する方法~注意点まとめ~

ビットコインを「現金化」する方法とは?ビットコインをこれから始める方にとっては気になるところではないでしょうか?今回、ビットコインを現金化するための方法について調べてみました。一体、どうやって・・・?

ビットコインの換金方法

Free stock photo: European Union - Free Image on Pixabay - 1493894 (12512)

直接欲しい人に売る

ビットコインファンの集まるミートアップなどでは容易に買いたい人を見つけることができるので、お互いのスマートフォン間の送受信でビットコインの受け渡しを行い、代金は直接手渡しで貰うことになる。
対面での取引なのでリスクが非常に少なく、本人確認なども不要になる点が特徴と言える。


即時換金サービスを利用する

サービスを利用すると、ビットコインの価格変動を回避し、商取引などで受け取ったビットコインを即時に換金することが可能となる。
ビットコインは会計上の処理方法などがまだ不明確であり、高頻度に出入りがあると保有ビットコインの会計上の価格特定が煩雑となるため、決済時にビットコインを受取った事業者は現金への即時換金ニーズが高いと思われ、決済サービスは今後増々注目を集めていくと思われる。
ビットコインを現金化する方法はいくつかあります。
その中で、上記のように直接取引を行う方法と、換金専門のサイトを利用するという方法があります。
直接取引を行うのは多少のリスクが伴いますが、手数料等の問題などが発生しません。

取引所を利用

Free illustration: Coins, Money, Euro, Business, Trade - Free Image on Pixabay - 361488 (12513)

取引所でbitcoinを日本円に交換→自分の口座に振り込み!
※取引所でbitcoin→日本円に変えるには手数料として0.6%分が減額され、買い手がいればほぼリアルタイムで反映されます。
 取引所の口座から日本国内の口座に送金するためには200円の手数料が必要で、2~5営業日ほどかかります。
試したところ5000円の送金でも問題なく振り込みがされましたが、規約では最低送金金額が75ドル相当の貨幣となっていますので注意ください。
取引所では日本円に換金してくれますので、こちらを利用するという方法もあります。
この方法は手数料はかかりますが、一番リスクの少ない方法でしょう。

サイトの利用

Free illustration: Hands, Woman, Keep, Ipad, Pay - Free Image on Pixabay - 1004132 (12515)

月額固定費無料、低手数料の決済代行サービスです。
簡単な組み込みとセキュアな通信ができる デジタルコンテンツの販売者やEC サービス事業者向けのビットコイン決済サービスです。 初期費用・月額費用無料!0円〜 ビットバンクペイなら、初期費用・月額費用を無料で行うプランをご用意していますので、気軽にビットコイン決済を導入することができます。
決済を代行してくれるサービスを行うサイトについてです。
オンラインショッピングなどで、ビットコインを取り扱いたいお店などにサービスを提供してくれています。
プランは複数ありますが、手数料などが無料のプランもあります。
ECサイトを運営されている方は導入を検討されても良いかもしれませんね。

海外への送金

Free illustration: Trend, Curve, Continents, Clouds - Free Image on Pixabay - 1445460 (12514)

たいていの先進国では取引所や販売所でビットコイン(bircoin)を換金して現地通貨で受け取ることができます。
 ※銀行口座への入金、ATMでの受取りなど

つまり、
 ・日本で買いつけたビットコインを
 ・現地でその国の通貨に換金する
ことで、海外送金が完了します。
海外へ送金するのに手数料がほとんどかからないのがビットコインの魅力です。
ビットコインを送金する方法はいくつかありますが、銀行の利用に比べればほとんど手数料がかかりません。
ビットコインの良い所ですね。

譲渡所得になる注意点

Free stock photo: Money, Coin, Table, Wood, Cash - Free Image on Pixabay - 1215134 (12516)

評価益(含み益)への課税はなく売却した時点の利益が課税対象となります。

譲渡所得には50万円の特別控除枠があるため、50万円以下の利益には課税されません。ただし、譲渡所得全体で50万円のため、仮想通貨以外の金地金等の譲渡所得がある場合には、すべて合算して50万円以下の場合のみ非課税となります。

譲渡所得の課税対象額は以下のように計算されます。なお、ほとんどいないと思われますが、保有期間が5年超の場合、課税対象額はこの半額となります。

売却価格 - (購入価格 + 手数料等経費) - 50万円 = 譲渡所得
ビットコインは何の税金もかからないわけではありません。
購入した金額と売却した金額で利益が生まれれば、それは譲渡所得になって確定申告しなければいけなくなります。
現金化するときにはこの点には注意しておきましょう。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインのデスクトップウォレットのメリットとデメリット

ビットコインのデスクトップウォレットのメリットとデメリット

ビットコインは銀行のようにお金を預け入れる場所がありません。個人で管理しなければならないのですが、そこでウォレットが必要になります。今回はデスクトップウォレットについて調べてみました。
ほろん | 303 view
ビットリージョンは投資に最適かを見てみましょう。

ビットリージョンは投資に最適かを見てみましょう。

ビットコインを使った投資や寄付は多数ありますが、今回はビットリージョンを見ていこうと思います。これは最近できたもので、今その勢力をどんどん拡大していきます。どういった特徴があるかを知ることによって、あなたの投資に生かしていただければとても幸いです。
nekomimimanaka | 223 view
初めてでも使いやすい、分かりやすい仮想通貨取引所まとめ

初めてでも使いやすい、分かりやすい仮想通貨取引所まとめ

仮想通貨の売買で安定した利益を得るために欠かせない取引所ですが、その数は意外にも多く提供するサービスやシステムの使いやすさが異なるため慎重に選ばなければなりません。初心者にも使いやすくオススメ出来る代表的な仮想通貨取引所を紹介します。
仮野真根 | 67 view
リップル コインの魅力と、その将来性に迫ってみよう。

リップル コインの魅力と、その将来性に迫ってみよう。

皆さんは、リップルコインをご存知でしょうか。簡単に言えば、ビットコインのような仮想通貨に当たるのですが、実際には様々な強みと魅力があるのです。さて今回は、ビットコインと違ったアドバンテージと将来性についての私見を述べていこうと思います。
nekomimimanaka | 90 view
池上彰も注目する【仮想通貨について知っておこう】

池上彰も注目する【仮想通貨について知っておこう】

仮想通貨は、とても便利な通貨で、ジャーナリストの池上彰さんも注目しています。 仮想通貨の特徴とはどういった所なのでしょうか。池上彰さんが紹介をする番組について、ビットコインを例に魅力などについて調べてみました。
anzu | 132 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

anzu anzu