2017年3月30日 更新

再びビットコインが脚光を浴びる理由は?電子マネーからの移行の可能性

ここのところ、あまり聞かれなくなっていたビットコインが今になって再び脚光を浴びる理由を探ってみましょう。現金からスイカ等に代表される電子マネーに取って変わろうとしている現在の私たちの生活にビットコインが参入するかもしれません。ビットコインへと移行する可能性はあるのでしょうか。

再び注目を集めているビットコイン

 (18425)

ここのところ、ビットコインの話題が少なくなってきたようでしたが、最近になって再び脚光を浴び、相場は活況を呈しているそうです。その理由は何でしょうか。

どうも、2016年にビットコインの利用者保護のための法律「改正資金決済法」が成立したことも影響されているようです。と言いますのも、ビットコインの相場は2014年には5万円と落ち込んでいたのですが、16年末に10万円、2017年1/5には15万円と最高値を更新しました。法律の影響が関係している何よりの証拠でしょう。

脚光を浴びた背景

 (18426)

このような脚光を浴びたビットコインの背景を見てみましょう。

何とそこには、アメリカの大統領選がありました。トランプ大統領が就任して以来、ドル高、人民元安という経済状況になっています。そのため、資産の目減りを恐れた中国人富裕層がビットコインを求めるようになったのです、資金を持つよりもビットコインの方が安全ということでしょう。

ビットコインの換金レートと中国人の買い占め

ビットコインの換金レートは市場で決められます。ですから、持ちたい人が多ければ、価値が上がるという事です。

つまり、前述しました中国人富裕層のビットコインの買い占めがビットコインの価値を上げたという事なのです。このことから、市場が活性化し、ビットコインが再び、脚光を浴びてきたと言う現象につながるのかもしれません。

ビットコインの未来

このように、ビットコインは日本ではまだまだ、出回っているとは言えませんが、世界に目を向けますと、かなり注目され、期待度も高い仮想通貨です。

ビットコインのように発行主体のない仮想通貨は、極端な話ですが、たとえ国が潰れても生き残れると言うものなのです。ですから、このような通貨が国内に出回れば、国民にとって大きな強みになるかもしれません。そういったことからも、これから、ますます期待が高まるビットコインです。

今、この時点でビットコインが再び脚光を浴びてきたというのも、今後の国の経済の在り方等についても、私たち一人ひとりが考えるべき時期を迎えているのかもしれません。電子マネーからビットコインへの移行ということも視野においてビットコインについての良し悪しを学んでみる良い機会が訪れている兆しと言えなくもないでしょう。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインと電子マネーの違いは?

ビットコインと電子マネーの違いは?

仮想通貨として、ネット上で使うことができる「ビットコイン」は一見チャージして使うことができる通貨「電子マネー」と似ているように感じます。使い方が似ていることもありますが、実はかなり違いがあります。そこで、「ビットコイン」と「電子マネー」の違いについて紹介していきます。
悠斗 | 125 view
電子マネーとはまた違う、噂のビットコイン…入手方法は?

電子マネーとはまた違う、噂のビットコイン…入手方法は?

皆さんはビットコインを知っていますか?2014年にニュースを騒がせたので名前くらいは聞いたことがあるけれどよく知らないという人がほとんどでは?ですが今年の5月には法律が施行されるなど今とても注目が集まっています。これを機会にビットコインの入手を考えている皆さんにその方法をお伝えします。
まき | 143 view
ビットコインと電子マネーは根本的に違う

ビットコインと電子マネーは根本的に違う

ビットコインと電子マネーは同じ仮想通貨ですが具体的にどの点が異なるのでしょうか?比較しながら調べてみましたのでご覧ください。
ほろん | 429 view
ビットコインの通貨単位ってどんなもの?

ビットコインの通貨単位ってどんなもの?

ビットコインはインターネット上で取引される仮想通貨のようなものですが、感覚的には電子マネーと似た感じだと思います。では通貨単位はあるのでしょうか?
ほろん | 343 view
ビットコインとはなんぞや?

ビットコインとはなんぞや?

最近耳によくするビットコインだけど なんのことかさっぱり分からない。 なんとなく分かるけどそこまでは。。 という方の為に分かりやすくまとめてみました。
sssdiavlo8280 | 264 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

彩

おすすめの記事

今注目の記事