2017年3月16日 更新

ビットコインの取引に必要なwallet

仮想通貨のビットコインを管理する方法はいくつかありますが、一般的なのがwalletでの保管です。どのようにしてwalletを使ったり管理したりするのかを紹介します。

■walletとは?

 (15909)

ビットコインを利用する場合、あらかじめ準備しておく必要がある物がいくつかあります。仮想通貨であるビットコインは、ネット上で取引をするのが一般的ですから、購入や売る時もすべてネット上で取引します。このためネットに接続できるパソコンやスマホは必ず必要になります。

ビットコインは仮想通貨であり、紙幣や硬貨という形では存在していません。この場合はデータというとわかりやすいです。データで存在しているとはいえ、売買取引をする場合は履歴を残しておく事が大切です。ビットコインはネット上にwalletを作りそこで管理や保管をします。walletは、ネット上の財布のような物です。ウォレットと表示される事もありますが、どちらも同じ物です。ビットコインはネット上の財布を作りそこで管理します。walletにはいくつかの種類があるので、自分が使いやすい物を選べます。

■ビットコインを使う時walletは必須なの?

 (15908)

ビットコインを利用するにあたり、walletは最低限必要になります。ただしwalletにはいくつかの種類があるので、目的に応じて選べるようになっています。walletはアプリをダウンロードしてインストールしてから使いますが、購入したビットコインを保管し、ビットコインで支払いをする時には、walletにあるビットコインが使えます。

walletを使う場合は自分で設定したログインIDとパスワードを入力します。これは仮想通貨でも資産となりますので、ログインIDやパスワードは簡単に人に教えてはいけません。これはクレジットカードの暗証番号を教えるのと同じくらいのリスクがあります。ビットコインは仮想通貨ですから、walletのログインIDやパスワードを人に教えると、他の人がログインして盗まれる可能性があります。ビットコインは盗まれると戻ってこない事が多いので、IDとパスワードはきちんと管理する事が大切です。ビットコインを利用するにあたり、walletは必需品となります。ログインIDやパスワードを人に教えなくても、自分が忘れてしまうとログインできなくなし、ビットコインが使えません。セキュリティも重要ですが、忘れないようどこかにメモを取っておくのがおすすめです。

■walletの種類

 (15907)

ビットコインを利用する場合にwalletは必須となりますが、いくつか種類があるので、自分の使いやすい物を選びます。walletの種類は、PCに保管するデスクトップwallet、ネット上に保管するウェブwallet、端末で管理するハードウェアwallet、モバイルに保管するモバイルwallet、紙に印刷して保管するペーパーwalletがあります。種類により使い方も違いますが、セキュリティも異なるので安全性も変わってきます。

種類は自由に選べますが、最も手軽で使いやすいのがデスクトップ、モバイル、ウェブタイプです。ただしネットに接続して使う場合は、ハッキングやウイルスの被害に遭いやすいというリスクがあるので、保管するビットコインは少額がおすすめです。盗まれるとほとんど戻ってきませんが、少額にしておけば被害を最小限に食い止められます。高額のビットコインを管理するには、オフラインで利用できるデスクトップタイプか、ペーパータイプが安心です。ペーパーは紙に印刷して保管するから、ハッキングやウイルスのリスクがありませんが、紙を紛失してしまうとビットコインを紛失したのと同じになるため、保管に注意が必要です。

■walletの使い方

 (15905)

walletの使い方は意外と簡単です。一般的なパソコンやモバイルタイプは、アプリやツールをダウンロードしてインストールすればOKです。ビットコインを使うためには、walletのIDとパスワードを決めますが、セキュリティ対策としてパスワードを2重にしたり、ワンタイムパスワードを使ったりする事もできます。仮にハッキングされてIDとパスワードが知られてしまっても、自分しか知らない二重パスワードがあれば、盗難のリスクも軽減できます。

自分のwalletができたら、ビットコインを購入しwalletで保管できます。walletにビットコインがあれば、それを使って買い物の支払いに充てたり、ビットコインを売ったりする事もできます。自分の持っているビットコインの残高を確認したい時、ビットコインはBTCという単位で表示されます。1枚のビットコインは1BTC、10枚なら10BTCというように表示されるので、残高もすぐに分かるようになっています。

種類や会社により多少の違いはありますが、walletにログインしたら、買いたい時は「買う」、送りたい時は「送る」、受け取りたい時は「受け取る」など選択肢がありそれを選ぶだけでOKです。使いたいカテゴリを選び、枚数を入力すれば取引できます。買う場合画面にレートが出るので、何円かかるかもすぐにわかって便利です。walletは日本語に対応している物と、非対応の物があります。日本語に対応していれば画面の支持に従い簡単に操作できますが、日本語以外でも大体使い方は同じなので、単語の意味を覚えておけば使えない事はないでしょう。
 (15906)

13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ライトコインとビットコインの採掘(マイニング)を比較してみた!

ライトコインとビットコインの採掘(マイニング)を比較してみた!

P2Pを応用したビットコインとライトコインは、取引データのマイニングと言われる採掘作業によって発行される仮想通貨です。同じトランザクションによって生み出されるこの2つの仮想通貨の採掘に違いはあるのでしょうか?
麻衣 | 2,989 view
ビットコインとどこが違う?ライトコインのマイニングを解説!

ビットコインとどこが違う?ライトコインのマイニングを解説!

ビットコインとライトコイン、どちらもP2Pの技術を応用した仮想通貨です。これら2つ通貨は、発行するためにマイニングと言う作業が行われます。ビットコインとライトコインのマイニング、双方の違いについて解説します。
麻衣 | 1,017 view
ビットコインの進化系仮想通貨!?「ライトコイン」とは?

ビットコインの進化系仮想通貨!?「ライトコイン」とは?

仮想通貨のパイオニアであるビットコインは2009年の誕生から徐々に認知度を高め、一時期は検索チャートのトップを占めるほど話題となった仮想通貨です。そのビットコインから派生した「ライトコイン」についてご紹介します。
麻衣 | 522 view
新しい事を始めたい方必見。おすすめの投資=ビットコイン!

新しい事を始めたい方必見。おすすめの投資=ビットコイン!

「投資」はリスキーで怖いな・・そう思っている人におすすめなのが、ビットコインです。ここでは、ビットコインの「ビ」の字も知らない方でも、分かりやすく投資の仕方をご説明します。是非ご覧ください!
管理者 | 4,647 view
買い物から投機まで!多様化するビットコインの使い方

買い物から投機まで!多様化するビットコインの使い方

ビットコインの使い道は少しずつ着実に増えています。今年(2017年)1月のNHKニュースでは、国内でビットコイン利用可能な店舗は2016年の1年間で約4.6倍になったと報じられました。普及が進むビットコインの使い方をご紹介します。
まーちゃん | 519 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-mukumuku E-mukumuku