2017年3月16日 更新

ビットコインの取引に必要なwallet

仮想通貨のビットコインを管理する方法はいくつかありますが、一般的なのがwalletでの保管です。どのようにしてwalletを使ったり管理したりするのかを紹介します。

■walletとは?

 (15909)

ビットコインを利用する場合、あらかじめ準備しておく必要がある物がいくつかあります。仮想通貨であるビットコインは、ネット上で取引をするのが一般的ですから、購入や売る時もすべてネット上で取引します。このためネットに接続できるパソコンやスマホは必ず必要になります。

ビットコインは仮想通貨であり、紙幣や硬貨という形では存在していません。この場合はデータというとわかりやすいです。データで存在しているとはいえ、売買取引をする場合は履歴を残しておく事が大切です。ビットコインはネット上にwalletを作りそこで管理や保管をします。walletは、ネット上の財布のような物です。ウォレットと表示される事もありますが、どちらも同じ物です。ビットコインはネット上の財布を作りそこで管理します。walletにはいくつかの種類があるので、自分が使いやすい物を選べます。

■ビットコインを使う時walletは必須なの?

 (15908)

ビットコインを利用するにあたり、walletは最低限必要になります。ただしwalletにはいくつかの種類があるので、目的に応じて選べるようになっています。walletはアプリをダウンロードしてインストールしてから使いますが、購入したビットコインを保管し、ビットコインで支払いをする時には、walletにあるビットコインが使えます。

walletを使う場合は自分で設定したログインIDとパスワードを入力します。これは仮想通貨でも資産となりますので、ログインIDやパスワードは簡単に人に教えてはいけません。これはクレジットカードの暗証番号を教えるのと同じくらいのリスクがあります。ビットコインは仮想通貨ですから、walletのログインIDやパスワードを人に教えると、他の人がログインして盗まれる可能性があります。ビットコインは盗まれると戻ってこない事が多いので、IDとパスワードはきちんと管理する事が大切です。ビットコインを利用するにあたり、walletは必需品となります。ログインIDやパスワードを人に教えなくても、自分が忘れてしまうとログインできなくなし、ビットコインが使えません。セキュリティも重要ですが、忘れないようどこかにメモを取っておくのがおすすめです。

■walletの種類

 (15907)

ビットコインを利用する場合にwalletは必須となりますが、いくつか種類があるので、自分の使いやすい物を選びます。walletの種類は、PCに保管するデスクトップwallet、ネット上に保管するウェブwallet、端末で管理するハードウェアwallet、モバイルに保管するモバイルwallet、紙に印刷して保管するペーパーwalletがあります。種類により使い方も違いますが、セキュリティも異なるので安全性も変わってきます。

種類は自由に選べますが、最も手軽で使いやすいのがデスクトップ、モバイル、ウェブタイプです。ただしネットに接続して使う場合は、ハッキングやウイルスの被害に遭いやすいというリスクがあるので、保管するビットコインは少額がおすすめです。盗まれるとほとんど戻ってきませんが、少額にしておけば被害を最小限に食い止められます。高額のビットコインを管理するには、オフラインで利用できるデスクトップタイプか、ペーパータイプが安心です。ペーパーは紙に印刷して保管するから、ハッキングやウイルスのリスクがありませんが、紙を紛失してしまうとビットコインを紛失したのと同じになるため、保管に注意が必要です。

■walletの使い方

 (15905)

walletの使い方は意外と簡単です。一般的なパソコンやモバイルタイプは、アプリやツールをダウンロードしてインストールすればOKです。ビットコインを使うためには、walletのIDとパスワードを決めますが、セキュリティ対策としてパスワードを2重にしたり、ワンタイムパスワードを使ったりする事もできます。仮にハッキングされてIDとパスワードが知られてしまっても、自分しか知らない二重パスワードがあれば、盗難のリスクも軽減できます。

自分のwalletができたら、ビットコインを購入しwalletで保管できます。walletにビットコインがあれば、それを使って買い物の支払いに充てたり、ビットコインを売ったりする事もできます。自分の持っているビットコインの残高を確認したい時、ビットコインはBTCという単位で表示されます。1枚のビットコインは1BTC、10枚なら10BTCというように表示されるので、残高もすぐに分かるようになっています。

種類や会社により多少の違いはありますが、walletにログインしたら、買いたい時は「買う」、送りたい時は「送る」、受け取りたい時は「受け取る」など選択肢がありそれを選ぶだけでOKです。使いたいカテゴリを選び、枚数を入力すれば取引できます。買う場合画面にレートが出るので、何円かかるかもすぐにわかって便利です。walletは日本語に対応している物と、非対応の物があります。日本語に対応していれば画面の支持に従い簡単に操作できますが、日本語以外でも大体使い方は同じなので、単語の意味を覚えておけば使えない事はないでしょう。
 (15906)

13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインのシステムについてあらためて確認

ビットコインのシステムについてあらためて確認

まだ公表されてからの歴史が浅い事もあって様々なトラブルも予測されるにも関わらず、法的な整備が進んでいない事も事実ですし、実際ビットコインを巡っての各国の判断は様々です。そこで今は様子見という人も含めて多少でも関心がある人に向けて、あらためて暗号貨幣・ビットコインのシステムをのぞいてみる事にします。
管理者3 | 74 view
仮想通貨ビットコインの始め方と税金の話。どの様に税金を考えればよいか?

仮想通貨ビットコインの始め方と税金の話。どの様に税金を考えればよいか?

2018年の話題の投資先として色々な案があるかと思いますが、仮想通貨はチャレンジする、しないに限らず絶対におさえておきたい案件だと言えます。有名なものは、ニュースやテレビコマーシャルなどでも度々目にするビットコインだと思いますが、他にも色々な通貨がありますので、まずは広く視野を広げる必要があります。
管理者3 | 305 view
AMLビットコイン、新シンボルでICOの第3フェーズをローンチ

AMLビットコイン、新シンボルでICOの第3フェーズをローンチ

反マネーロンダリングとKYCプロトコルをコードに統合した世界で唯一の特許出願中の電子通貨、AMLビットコイン(英表記:AML BitCoin)を創立したNAC財団 LLC(有限責任会社)にとって、慌ただしい新年の始まりであった。
管理者3 | 157 view
ビットコイン取引!BITPoint(ビットポイント)とGMOコインbyGMOを比較

ビットコイン取引!BITPoint(ビットポイント)とGMOコインbyGMOを比較

ビットコインは仮想通貨という特性上、紙幣や通貨が存在しません。全てデータとして管理され、ネット上にある取引所での売買を行います。ビットコインは円やドルのように国により通貨が異なることはなく、全世界共通です。利便性も高く投資などにも利用できることから、世界中で取引されています。
管理者3 | 217 view
みんなのビットコインとLemuria(レムリア)を比べてみよう

みんなのビットコインとLemuria(レムリア)を比べてみよう

ビットコインは、仮想通貨の先駆者です。市場に普及してからは、多くの人に取引されるようになり、政府や中央銀行などのしがらみがない独立した通貨として人気を集めています。FXの逃避先通貨としても人気ですが、取引するためには仮想通貨取引所の利用が必要です。今回は、みんなのビットコインとLemuria(レムリア)紹介していきます。
管理者3 | 204 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-mukumuku E-mukumuku