2018年2月23日 更新

コインチェックに便乗した詐欺に注意

コインチェックに便乗した詐欺が増えているようです。公式サイトで発表されていないものは詐欺の可能性が高いので注意しましょう。

コインチェックに便乗した詐欺

ツイッターにて、コインチェックの公式アカウントに似せたアカウントから、2018年1月27日20:00頃より、全ての通貨の出金を開始した旨のツイートがあり、出金を希望する人は0.02BTC(約2万4000円相当)を送金して、トランザクションIDを添えて連絡するよう要求する内容になっています。
よくよく見てみると、@の後のユーザー名が違います。
当然ながら詐欺ですので、送金したとしても、コインチェックで出金できるわけではありません。
2018年1月26日のネム流出事件の後、コインチェックは全ての仮想通貨の入出金を停止しており、2月22日現在でも仮想通貨の入出金はまだできず今後の動向も未定のままです。
溺れる者は藁をもつかむということわざもありますが、被害者のそのような心理状況を逆手に取った卑劣な詐欺であると言えます。
現時点では、ツイッターの当該アカウントは既に削除されていますが、このような詐欺は今後も出てくる可能性があります。
このようなものに騙されないよう、もし今後同様の情報を見かけた場合は、内容をそのまま受け取ってしまうのではなく、コインチェックの公式サイトを確認し、真偽を確認するようにしましょう。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining
 (25428)

消費者庁も警告

消費者庁のツイートでも、
コインチェックを装ったアカウントから、料金を払うことで出金できるようになる旨の偽情報が出ているが、便乗詐欺なので、公式サイトの最新情報を確認して、安易に送金しないように注意するよう呼び掛けています。

line

コインチェックからの注意喚起

コインチェックからも、2月21日にリリースがあり、
現在停止中の機能が利用できるというものや、損失補てんや稼げることを謳っているものや、銀行口座や仮想通貨のウォレットアドレスを記載し送金させようとするものや、個人情報を聞き出そうとするものは全て詐欺の可能性が高いと注意喚起がありました。
実際に今までに、
コインチェックを装ったアカウントで勧誘、
仮想通貨の送金を要求するもの、
コインチェックのロゴを使ってメールで融資の勧誘、
コインチェックの関係者を名乗って情報提供
コインチェックを装って電話アンケート、
などが報告されているとのことです。
これらのメールが届いたら、記載のURLにはアクセスしないようにする、送信元には連絡したり個人情報を教えたりしないよう注意しましょう。
Ledger Nano S(レジャーナノエス)
アルトコイン訴求
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

3月18日コインチェックの記者会見2

3月18日コインチェックの記者会見2

コインチェックの記者会見内容
管理者3 | 119 view
3月18日コインチェックの記者会見の内容1

3月18日コインチェックの記者会見の内容1

3月8日16時~のコインチェックの記者会見内容
管理者3 | 70 view
コインチェック事件で分かった、ウォレット管理の大切さ

コインチェック事件で分かった、ウォレット管理の大切さ

取引所はハッカーから見ると格好の獲物ですので、取引所に仮想通貨をそのまま置いておくのは非常に危険です。そのため、自分で管理できるウォレットを用意してそこに仮想通貨を入れておきましょう。
しょーじ | 102 view
コインチェックでどんな会社?

コインチェックでどんな会社?

ハッキングでネムが流出した事件で一躍有名になったコインチェックですが、どんな会社なのでしょうか?
しょーじ | 66 view
コインチェックからの補償での税金処理

コインチェックからの補償での税金処理

コインチェックのネム流出事件で補償として日本円で返金されることになりましたが税金の処理やもし支払えない場合はどうなるのか紹介します。
しょーじ | 88 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ