2017年9月4日 更新

テゾスのICOは、ビットコインやイーサリアムの代わりになるか?

テゾスは、ビットコインやイーサリアムが直面したガバナンス問題を解決した仮想通貨です。2017年7月1日に開始し、2017年7月14日に約262億円を調達して無事終了したテゾスのICOについて紹介します。

テゾスとは?

 (19835)

テゾスは、古代ギリシャ語でsmart contractという意味から名付けられました。

テゾスは、ビットコインやイーサリアムが直面した、ガバナンスや技術的な問題を解決した仮想通貨で、以下2つの特徴があります。

・ハードフォークによらないシステム修正が可能
プロトコルにバグが見つかったり、システム修正が必要な場合は、フォークさせて修正する必要がありますが、
ハードフォークすると、新システムと旧システムに互換性が無く2つの通貨に分離してしまいます。
過去の事例では、イーサリアムがハードフォークして、イーサリアムとイーサリアムクラシックという2つの通貨に分かれたという例があります。
そうならないように、ネットワークプロトコル、トランザクションプロトコル、コンセンサスプロトコルを独立させることにより、新システムと旧システムの互換性を維持しています。

・プルーフ・オブ・ステーク(PoS)による承認システムを採用している
プロトコルの修正をする際に、承認システムとして、
ビットコインの場合は、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)が採用されているため、コインのマイナー(採掘者)が投票を行い決定を行いますが、
テゾスの場合は、プルーフ・オブ・ステーク(PoS)が採用されているため、コインの保有者が投票を行い決定を行います。
これにより、民主的な意思決定を行うことが可能です。

テゾスのICOについて

2017年7月1日に開始し、2017年7月14日に約262億円を調達して無事終了しました。
テゾスのシンボルはXTZで、ICO時の発行レートは、1BTC = 5000XTZです。
早期参加の場合には、
0~400ブロックは20%、400~799ブロックは15%、800~1199ブロックは10%、1200~1599ブロックは5%のボーナスがもらえます。それ以降はボーナス無しです。
また、発行上限無しなので、他の仮想通貨のICOのように先着順だったり、抽選だったりすることなく、必要数は必ず購入できます。

著名ベンチャーキャピタリストであるTim Draperが投資したことでも注目されています。

開発チームが発表しているスケジュールでは、取引所上場までには4ヶ月ほどかかる見込みです。
5 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

次世代ブロックチェーンテゾスのICO

次世代ブロックチェーンテゾスのICO

管理を分散化させることにより、ビットコインやイーサリアムのような既存のブロックチェーン・プラットフォームとの差別化しているテゾスのICOを紹介します。
しょーじ | 46 view
ICOで行われるプレセールの情報を早めに知る方法

ICOで行われるプレセールの情報を早めに知る方法

最近では頻繁にICOのプレセールが行われています。それだけ仮想通貨のICOが増えているという現実があるのです。 それらをいち早く見つけるためにどういうサイトを活用すればいいかを紹介します。
じょにー | 101 view
ホワイトペーパーを制する者はICOを制するといっても過言ではないかもしれない

ホワイトペーパーを制する者はICOを制するといっても過言ではないかもしれない

仮想通貨とICOという言葉を調べていけばたびたび目にすることがあるホワイトペーパーという言葉。 このホワイトペーパーの重要性などを説明出来たらと思います。
じょにー | 47 view
ICO=ホワイトペーパーといっても過言ではない。

ICO=ホワイトペーパーといっても過言ではない。

ホワイトペーパーの良しあしでプロジェクトの雰囲気や成功確率も変わってくることがあります。 ICOにおけるホワイトペーパーの重要性を知るようにしましょう。
じょにー | 37 view
今更だけどICOが儲かるのかについて調べてみた。

今更だけどICOが儲かるのかについて調べてみた。

ICOとは、「InitialCoinOffering」の頭文字をとったもので、簡単に言えばIPOの原理と似ています。 取引所へと上場させることによって認知度を上げてトークンを販売し、それを基に資金を調達し、プランを完成させていくものです。
じょにー | 108 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

山本 山本