2016年3月14日 更新

安全重視のペーパーウォレットとは?

仮想通貨の人気が再燃しているようですがまだまだセキュリティー面で不安がある方が多いと思います。しかしペーパーウォレットを使うと安心して仮想通貨を使うことができます。ではペーパーウォレットとは何でしょうか?

de.knockout 御影の画像|エキサイトブログ (blog) (6751)

ペーパーウォレットとは?

アドレスと秘密鍵を印刷し紙で保管する方法です。長期の保管が主目的であり、完全にインターネットから遮断される為最も安全な管理方法です。

生成したらどこか安全な場所に保管してください。生成後はブラウザやPC、プリンタのキャッシュを削除しておくのが安全でしょう。

ペーパーウォレットを失ったり、火事で消失したりすると永久にコインを失うリスクがあります。保管場所の選定には注意しましょう。送金時にはインポート作業が発生するなど利便性が悪いです。
ビットコインを紙で保管する方法です。安全性が高く、セキュリティー面で優れています。仮想通貨の初心者や売買での投機目的ではない方にはとっておきのウォレットになります。
 (6754)

ペパーウォレットの使い方は?

アドレスと秘密鍵を印刷することにより、紙ベースで保管する方法です。通常、長期の保管が主目的であり、最も安全な管理方法です。使用することももちろんできますが、仕組み上、一度ペーパーウォレットから引き出した場合、同じペーパーウォレット(アドレス)は使用できません。セキュリティを重視かつ頻繁に使用したい場合は、Electrum等のデスクトップウォレットのコールドストレージ機能を利用することをおすすめします。

なお、バックアップの一手段としてペーパーウォレットが使用されることもありますが、それとは異なります。
使い方は簡単ですね。バックアップとしてペパーウォレットを使う方も多いです。
正しい対処方法 | 鍵のトラブルの際には鍵のプロに解決を依頼する (6758)

ビットコインの鍵と取引とは?

取引とは、ブロックチェーンに書き込まれるビットコイン・ウォレット間での価値の移動 です。ビットコイン・ウォレットは 秘密鍵あるいはシードと呼ばれる秘密のデータの一部を保管しており、それが取引の署名として使われ、ウォレットの所有者から来たという数学的な証拠となります。この 署名は、それが発行されると、誰かがその取引を変更することを防ぎます。すべての取引は、採掘と呼ばれるプロセスを通して、ユーザー間でブロードキャストされ、10分後にネットワークからの承認が始まります。
取引きと鍵については覚えておきましょう。鍵の取扱いには厳重な注意が必要です。他人への公開は禁止です。仮に鍵の情報が漏れてしまうとビットコインが盗まれる恐れがあります。ウェブ上での取扱いには気を付けましょう。
エクセルシオール カフェ - Wikipedia (6840)

ビットコインのメリットとは?

想通貨はインターネット上で流通し、商品やサービスの代金として支払ったり、円やドルなどと交換したりできる通貨ですが、一般の通貨とは異なり政府や中央銀行などの管理者は存在しません。500種類以上ある仮想通貨の中で、最も信頼性が高いとされるのがビットコインで、全流通量の8割強、約5000億円相当を占めます。

 国内のBTC利用者は約3万人と見られており、1日当たり約1億5000万円相当のBTCが取引され、年々増えています。BTCが使える飲食店や美容室などは30店以上あり、ネット通販も20サイトで利用できます。円とBTCの「両替」も7か所のサイト上の取引所で可能です。海外への送金手数料が安く、手続きも早く、匿名で利用できるサービスが人気の背景にあります。
ビットコインが使用できるお店は段々と増えてきています。以前は決済用やその変動率の高さから投資目的に使用する人が多かったのですが最近はレストランやバーなどの飲食店やその他の実店舗でもビットコインの支払いを受け入れるお店が増えてきています。ネットショップや大手企業のショッピングサイトでも採用を検討しているようなのでますますビットコインの需要が伸びると予想されます。
世界最大のBitcoin取引所のMt.Goxが消滅か? - GIGAZINE (6847)

マウントゴックス事件ではビットコインの安全性が問われました

東京が本拠のビットコイン取引所マウント・ゴックスのサイトがアクセスできなくなった。今月ビットコインの取引を停止した同取引所が長期間で3億6500万ドル(約373億円)相当のビットコイン窃盗の被害に遭ったとする文書がインターネット上に掲載された。

社内戦略文書のような体裁のこの文書には、複数の犯人がマウント・ゴックスから74万4408ビットコインを盗んだと記載されている。現在の価格で3億6500万ドルに相当する。窃盗行為は「露見することなく何年も続いていた」という。
日本でビットコインが一躍有名になった事件ですね。ビットコインがインターネット上で盗難されたとのことです。この事件により仮想通貨のイメージが「危険」「怪しい」「よくわからないもの」など人々の頭の中に残りました。しかしこの事件の後でもビットコインの普及は伸び続けています。
 (6846)

政府は仮想通貨に関する法案の設立を急ぎました

 政府がインターネット上の決済取引などで急速に広がる仮想通貨の法規制案を決めた。その内容を盛り込んだ法案の今国会での成立をめざす。

 2014年に仮想通貨ビットコインの取引所「マウントゴックス」が経営破綻し、顧客の資産が消滅した。一方で、仮想通貨で最大規模のビットコインの利用者は1千万人を超えるなど、世界的に普及が急加速している。

 仮想通貨の安全性や透明性を高めつつ、市場を健全に育てるには一定のルールが要る。今回の規制案はその一歩と評価できる。

 これまで政府は仮想通貨を単なる「モノ」とみなしてきたが、貨幣の機能を持つと認める方針に転じた。円やドルなどの現実の通貨と仮想通貨を交換する取引所は、登録制にする。利用者が口座を開く際の本人確認も義務づける。

 仮想通貨がマネーロンダリング(資金洗浄)やテロ資金に使われないようにするためにも、こうした措置は当然だ。

 取引所は顧客と自己資金をわける「分別管理」をして、公認会計士による外部監査も受ける必要がある。規制により利用者は今より安心して取引しやすくなる。

 仮想通貨が急速に広がっているのは、海外送金の手数料が既存の金融機関よりも安い点などが支持されている背景がある。

最後に・・・ペーパーウォレットの作り方

1.安全なハードウェアとソフトウェア用意する
ウィルス等がないであろうPC、プリンタとOS(CDブートOSなど)を用意
2.ペーパーウォレット作成ソフトを用意する
3.オフラインにしてペーパー・ウォレット作成ソフトでアドレス作成
4.プリントアウトする
5.プリントアウトしたアドレスにコインを送る
6.引き出す時にペーパーウォレット内のコインを別のウォレットに送る
作成は簡単ですね。長期保存、安全性を重視を考えている方はぜひペーパーウォレットの制作をお勧めいたします。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

必見☆仮想通貨のお話

必見☆仮想通貨のお話

仮想通貨が世界中で普及されてきています。日本では仮想通貨に関する法案が設立されたり、国がついに規制に乗り出しました。今回はそんな仮想通貨の話を進めていきたいと思います。
M&K | 413 view
絶対☆得するビットコインの利用方法

絶対☆得するビットコインの利用方法

仮想通貨のビットコインです。日本では投機性の高い通貨として人気がありますがそれ以外にもいろいろ得する使い方があるのをご存知ですか?今回はそんなあまり知られていないビットコインの使い方についてご説明させて頂きます。
M&K | 605 view
知っておくべき近未来の有望通貨!オルタコインとビットコイン

知っておくべき近未来の有望通貨!オルタコインとビットコイン

暗号通貨としてビットコインが有名ですが、実は同じ仕組みの別のコインが次々と誕生しているんです。今回はそんなオルタコインとビットコインの話をさせて頂きます。
M&K | 1,405 view
初心者でも簡単に始められる!ビットコイン入門

初心者でも簡単に始められる!ビットコイン入門

ビットコインが流行っているらしいけどどうやってはじめたらいいのか分からない…そもそもビットコインってどんなもの?と思っている初心者の皆様にビットコインの初歩について解説します!また、ビットコインのはじめ方や使い方、増やし方などを紹介します!
| 60 view
【イーサリアム】って何?!ビットコインと関係あるの?

【イーサリアム】って何?!ビットコインと関係あるの?

ホリエモンさんの発言がきっかけで最近「イーサリアム」という言葉を耳にするようになりました。「イーサリアム」とは何でしょう?世の中のどれくらいの方が理解されているのでしょうか。今回は「イーサリアム」とは何か、ビットコインとの関係についてまとめます。
momoko | 884 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

M&K M&K