2017年4月13日 更新

ビットコインを始める最初のステップ 「取引所で購入する」

これからビットコインを始めてみようとお考えの方に、最初のステップとしてまずおすすめなのが「ビットコイン取引所または交換所」で購入することです。 そこで、今回は購入までに必要な予備知識をまとめてみました。

ビットコイン取引所とは。

2016年3月に、それまでほとんど手つかずの状態であった仮想通貨全てに対して、日本国政府は閣議決定により仮想通貨規制法案がされることになりました。これを受け参院本会議では同年五月に仮想通貨法が可決される事になり、様々な規制が本格的に行われる事になったわけです。政府は従来までのモノとして見ていた仮想通貨を、貨幣と同様の価値のある資産とはっきりと見なしており、これにより貨幣に準ずる対応がなされる事になります。金融庁でも、資金決済法の見直しを行い、透明性を高める意味でも取引所となる仮想通貨交換業者を登録制にするほか、会計監査の義務化や監督に報告書を提出する義務が生じ、対応や不備が発覚した場合には業務改善の指導も行われますので、利用者にとっても安全性が確保された事になるでしょう。
 (7798)

取引所とは取引の場を提供するプラットフォームです。

取引所は金融商品を買いたい人と売りたい人をマッチングさせ、両者から手数料をもらい、利益を出すビジネスモデルを採用しています。 取引所側はあくまでも仲介役というスタンスを取っています。

どんなに複雑そうに見えても取引所でできることは金融商品を「買う」か「売る」かのどちらかになります。

仮想通貨の取引所は「政府登録制」に。

取引所で言うところのオーダーブックとは、板とも呼ばれているもので、特定の金融商品の中での買い手と売り手の関心を記録する為に、使用する注文の一覧の事を指しています。取引所によっては利用者がこのオーダーブックを目にする事ありますが、オーダーブックでは固定価格での買い注文または売り注文である指値注文と、現時点で最善の価格での買い注文や売り注文である、成行注文によって構成されているわけです。詳しく言えば、気配値となるものが価格であり、買数量や売数量の3つの情報で成り立っていますが、気配値は金融商品の価格を表しており、買数量は買いたい人達がその価格で何単位買いたいかを表しているものです。また、売数量は売りたい利用者がその価格で何単位売りたいかを表しているものです。
 (7805)

日本における仮想通貨の立ち位置

そして、2016年3月、日本政府がついに規制に乗り出したことが報じられた。

政府は4日、インターネット上の決済取引などで急速に市場が広がるビットコインといった仮想通貨に対する初めての法規制案を閣議決定した。 仮想通貨が「貨幣の機能」を持つと認め、オンライン決済などにも利用可能な公的な決済手段に利用できると位置づけた。 仮想通貨の取引所を登録制にして監督強化することも盛り込んでおり、利用に弾みがつきそうだ。
 (引用元:2016年3月4日付け日経新聞)
仮想通貨に対する法整備は、利用者の保護や、仮想通貨がテロリストに利用されたりするのを防ぐことを目的としています。
取引所が登録制になり政府の規制が入ることで、利用者は安心して利用できるようになりますね。

「取引所の登録制」とは具体的にはどんなこと?

オーダーブックによって、ビットコインの売買がなされているわけですが、この売買の結果が集約されたグラフがチャートと呼ばれるもので、このチャート上ではビットコインによる売買が成立したものだけが、反映されていく事になっています。ビットコインの取引をサイト上で行う場合には、取引所と交換所がある事を知っておかなければなりません。取引所で行われているのは、取引所自体が買い手と売り手の間に入り仲介役を行ってくれる事で、売買が成立しています。方や交換所は、海外旅行にいくときに空港で日本円を外貨に両替しますが、空港にある両替所はまさに交換所と同じ形態と言っても良いでしょう。交換所取引では、交換所があなたのカウンターパーティである、取引相手になってくれるということになります。
 (7812)

金融庁は、仮想通貨の取引所を経由したマネーロンダリングやテロ資金供与を防ぐとともに、利用者を守る観点から仮想通貨の取引所の登録制を導入する。

まず、取引所は犯罪収益移転防止法の「特定事業者」に追加され、口座開設時の本人確認や疑わしい取引の届け出を義務づけられる。また、利用者保護のため、利用者が預けた金銭と仮想通貨の分別管理のほか、最低資本金などを求める。

法改正で金融庁に取引所への検査権限を付与し、業務改善命令や業務停止命令などの行政処分を出せるようにする。公認会計士や監査法人による外部監査も義務づける。

取引所の「オーダーブック」とは?

 (7815)

オーダーブックとは何か

オーダーブックとは特定の金融商品の中での買い手と売り手の関心を記録するために使用する注文の一覧のことです。 オーダーブックは「板」とも呼ばれています。

オーダーブックを見れば買いたい人はいくらで買いたいのか、売りたい人はいくらで売りたいのかという情報を知ることができます。

●オーダーブックの仕様は取引所によって違う

オーダーブックの見た目は取引所によって違います。 上下で分けてあるものもあれば、左右で分けてあるものもあります。また、左右が逆に展開されているものもあります。

ビットコイン交換所と取引所の違いは?

 (7820)

交換所はあなたとの間で金融商品を直接取引してくれる媒体のことを指します。

取引所取引では取引所が買い手と売り手の間に入り仲介役をしてくれますが、交換所取引では交換所があなたのカウンターパーティ(取引相手)になってくれます。

この取引形態は二者間で取引をするので「店頭取引」とも呼ばれています。

多くの人は海外旅行にいくときに空港で日本円を外貨に両替しますが、空港にある両替所はまさに交換所そのものです。
実際にビットコインを入手しようとするとき、取引所を使うか交換所を使うかで迷ってしまいそうですね。 そこで次に、取引所と交換所のメリット・デメリットについてみていきたいと思います。

ビットコイン取引所と交換所。それぞれのメリット・デメリットは?

 (7826)

■取引所のメリット

・交換所より交換レートが良い場合が多い

多くの場合、取引所の交換レートは交換所の交換レートよりも良いです。 しかし、これは時と場合によって変わってくるので、注意が必要です。 必ず交換所と取引所の交換レートは比較するようにしましょう。

■取引所のデメリット

・取引が成立するかは取引所のリクイディティ(流動性)による。 場合によっては待つこともある。
■交換所のメリット

・取引量が多くても基本的には問題ない(待たなくて良い)

交換所に作成するアカウントの種類によって1日辺りの最大取引量は変わってきますが、原則、1取引辺りの取引量は1日辺りの最大取引量の範囲内ならば一括で発注することが可能です。

■交換所のデメリット

・取引所より交換レートが悪い場合が多い
2009年以降のビットコインの価格変動は極めて大きいです。
全く価値がない時期が続いたかと思えば(1BTC=0.00USD)、2011年価格の上昇が始まり、2013年に突然急上昇しています。(1BTC=USD 1,100前後)

その後、価格は乱高下を繰り返しながら徐々に低下して、2015年には250USD前後を推移し、年末には450USDと急上昇しています。 その後再び下落し2016年2月には400USDを割り込んでいましたが、5月に入って450USD前後(49,000JPY前後)が続いています。

まだ歴史の浅いビットコインですが、本当に目まぐるしい乱高下です。
ビットコインの取引は相場をじっくりと確認して行いたいものですが、取引の速さ優先か交換レート優先かで、取引所・交換所どちらで取引するにしても自己責任であることを念頭においておきましょう。

日本円で取引可能なビットコイン取引所や交換所はある?

 (7836)

●bitFlyer

なんと言ってもおすすめはbitFlyerです。
bitFlyerには複数のアカウントクラスがあり、アカウントクラスによってできることやできないことが変わってきます。 プレミアムエコノミーやエグゼクティブエコノミーなどと言ったアカウントクラスは中途半端で微妙に機能足らずな設計になっている(信用取引ができなかったり、イーサリアムをトレードできない等)ので、最初から素直にビジネスクラスに持っていくと良いでしょう。少なくとも私はそうしています。

●BTCBox

BTCBoxもおすすめです。日本ではトップクラスの出来高を誇っています。
 (7841)

ビットコインを始めるとき、日本円で取引可能な取引所や交換所があるのはうれしいですね。 これはビットコインの可能性に気付いた人が増えるほど、ビットコイン人口の増加につながり易いのではと思います。

金融庁による取引所の登録制も決定し「貨幣」であると認定されたビットコイン。 法整備されて、より分かり易く安全に利用できる取引所・交換所が増えることを期待しています。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインは参加者数、取引数ともに拡大している!

ビットコインは参加者数、取引数ともに拡大している!

これまでにビットコインは何度か痛みを経験してきました。今もまだ痛みは増していますが、それでも、ビットコイン・ネットワークの参加者数や取引数は拡大を続けています。それは一体どうしてなのでしょうか。現況を詳しくみていきたいと思います。
Michiru | 3,664 view
ビットコインを保管する「ビットコイン・ウォレット」を作る

ビットコインを保管する「ビットコイン・ウォレット」を作る

ビットコインを購入したら、取引所にあまり長く資金を置いておかずに「ビットコイン・ウォレット」に移動させることが必要です。そこで、「ビットコイン・ウォレット」についての予備知識、注意点をまとめてみました。
Michiru | 1,026 view
ビットコイン取引所&販売所の評判①

ビットコイン取引所&販売所の評判①

ビットコインの取引所&販売所にはいくつかありますが、今回はその中からbitFlyer(ビットフライヤー)の評判について調べてみました。
ほろん | 3,404 view
暗号通貨と呼ばれるジーキャッシュとは。珍しい特徴も紹介!

暗号通貨と呼ばれるジーキャッシュとは。珍しい特徴も紹介!

今専門家の中でも注目を浴びているジーキャッシュについて解説。 仮想通貨と呼ばずに暗号通貨と呼ばれる意味なども併せて紹介します!
じょにー | 78 view
仮想通貨に【保険】がかけられるってマジ?ガセ?!

仮想通貨に【保険】がかけられるってマジ?ガセ?!

仮想通貨といえば最近まで日本は認めていませんでした。しかし世界的な広がりをみせている現状、認めざるを得ない状況になっています。今回注目したのは「保険」です。リスクを伴う仮想通貨での取引において保険をかけておけば安心ではありますが、ほんとうに存在するのでしょうか?
march | 841 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Michiru Michiru