2018年1月10日 更新

bitbank.cc(ビットバンク)とみんなのビットコインを比較

ビットコインは取引所で売買するのが一般的です。売りたい人と買いたい人が直接交渉しながら取引をするので、希望額によってはすぐに取引できない場合もありますが、原則手数料がかからないのがポイントです。世界中で取引が行われていますが、日本国内にも取引所があるので初心者でも気軽に参加できます。数ある取引所の中から、bitbank.ccビットバンクとみんなのビットコインを比較してみましょう。

bitbank.cc(ビットバンク)の特徴について

 (21158)

bitbank.cc(ビットバンク)は、平成29年9月29日に仮想通貨交換業の登録をしたばかりの新しい取引所です。口座開設がメールアドレスだけでOKという手軽さが魅力。登録したメールアドレスに確認メールが送られてくるので、メール内のURLをクリックし利用開始ボタンをクリックすれば口座開設が完了します。その後携帯番号を入力すると承認コードが届きコードを入力するとSMS認証設定完了、スマホにアプリをダウンロードして認証用アプリで二段階認証設定が完了します。

アカウントについてはメールアドレスとパスワードのみの情報でOKですが、本人確認前は銀行入金・出金上限、ビットコイン預入・引出上限ともに不可ですが、氏名や住所など個人情報登録や本人確認が完了していればいずれも無制限となります。

扱っているのは円とビットコインの他に、ビットコインキャッシュとイーサリアムです。円は入金下限も承認もなしで利用可能で、ビットコインは入金下限が0.0001、2回の承認で入金できます。入金額の制限もなく、ビットコインなどの仮想通貨入金時には、bitbank.cc指定の預入用アドレスで確認できます。ネットワーク環境により異なりますが、入金完了まで30分~60分と少しだけ時間がかかります。

取引については365日24時間好きな時に、売買できます。売買やチャート、変動や出来高などは全て画面に表示されているのでひと目でわかります。取引画面に知りたい情報が全て表示されているから、いちいちみたいページに飛ばずに操作や確認ができます。売買手数料と入金手数料はすべて無料ですが、出金に関してのみマイナー手数料がかかります。口座開設や維持にも費用はかかりません。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

みんなのビットコインの特徴

 (21161)

みんなのビットコインは、円とビットコインの取引なら、口座開設や維持、取引や入出金まで全ての手数料が無料です。メールアドレスを利用した2段階認証やウォレットの管理方法など、セキュリティに関しても徹底しているから安心感があります。登録は全てネットで完結します。本人確認書類はメールか、取引画面のアップロードから行えます。

口座開設も簡単ですし、入出金は日本円のみとなりますが、取引可能は通貨ペアは多数あります。365日24時間注文ができますので、自分の都合のいい時の利用が可能です。取引単位は0.01から、取引数の上限は1時間に500ビットコインまで、最小発注数は0.01m最大発注数は100までとなっています。
 (21163)

みんなのビットコインは世界最速と言われる取引エンジンを搭載した、BTトレーダーというツールを使用します。インストール不要で誰でも利用できます。レイアウトカラーの変更などカスタマイズできるから、自分好みのカスタマイズするのもおすすめです。トレード画面から入手金も操作できますので、初心者にもわかりやすくて便利です。

ビットコインはネット上にデータとして保管しておきます。セキュリティには細心の注意を払っていて、ユーザーごとに固有のビットコインアドレスを与え、そこに残高などビットコインの情報が表示される仕組みとなっています。不正アクセスの可能性もあるため、自分以外のIPからのアクセスがあった場合はメールで知らせるサービスがあります。出金は固有のメールアドレスと2段階認証にしているから安心です。

最短で当日口座開設が可能です。ただし現住所と本人確認書類に記載されている住所が違うと口座開設ができないので、引越しなどで住所変更を済ませていない場合は、申込前に済ませておきましょう。

使うならどっち?

 (21166)

bitbank.ccとみんなのビットコインにはいくつかの違いがあります。総合的に比較した結果では、ビットコイン初心者にはみんなのビットコイン、ある程度知識がある人や取引経験がある人ならbitbank.ccがいいのではないでしょうか?もちろん企業イメージなど好みもありますし、取引ツールはそれぞれ独自のものを使用しているので使い勝手は異なります。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
 (21168)

ツールを使えばスマホでも取引や取引チェックができるので、使いやすいと思う方を選んでみてください。取引価格は取引所による違いもあるので、いくつか登録しておき価格に応じてその都度使い分けるというのもいいかもしれません。今後ビットコインは需要が高まると言われているので、価格は重要なポイントです。キャンペーンなどもやっていますので、キャンペーンを利用すればお得になります。セキュリティに関しては、どちらも万全の体制が整っているので安心できます。後は取引数の上限や下限など、希望に合わせて選ぶのがいいでしょう。
15 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

bitbank(ビットバンク)とFISCO(フィスコ)仮想通貨取引所、ビットコインを楽しむには

bitbank(ビットバンク)とFISCO(フィスコ)仮想通貨取引所、ビットコインを楽しむには

長引く不況や年金問題といったお金にまつわる不安から、多くの人が今あるお金を銀行に預けるのではなくいろいろな形で資産運用をしようと考えるようになっています。そのような中で注目を集めているのがビットコインです。まだまだ新しいものであるため知識に乏しい人が多く、具体的に何をすればよいかわからないという人も少なくありません。そこで、ここではビットコインが何かということとその取引所であるbitbank(ビットバンク)とFISCO仮想通貨取引所の比較をしていきます。
管理者3 | 82 view
ビットコイン取引ができるQUOINEX(コインエクスチェンジ)とBITPoint(ビットバンク)を比べてみよう

ビットコイン取引ができるQUOINEX(コインエクスチェンジ)とBITPoint(ビットバンク)を比べてみよう

ビットコインを使った取引をするためには、ビットコイン取引所でアカウントを作る必要があります。ビットコインの取引所は、ビットコインの需要の高まりを受けて増えています。各取引所によってサポートや取引できる仮想通貨の種類、セキリュティ、手数料などが異なります。今回は、人気のビットコイン取引所のQUOINEXとBITPointを比べてみます。
管理者3 | 116 view
【ビットコイン取引】ビットトレードとbitbank(ビットバンク)を比較

【ビットコイン取引】ビットトレードとbitbank(ビットバンク)を比較

ビットコインは2009年に誕生した仮想通貨です。年々需要が高まり取引所も続々誕生しています。取引所は販売所に比べてお得に利用できるので、これからビットコインをやってみようと考えている人に、おすすめの取引所を紹介します。ビットトレードとbitbank、どちらも注目されている取引所です。取引所ではビットコイン以外の仮想通貨も扱っているところが多いです。世界中で取引されていますが、国内の取引所なら円が利用できます。ビットコインは仮想通貨ですが、世界共通の通貨だから国内の取引所でもドルなど外国の通貨が利用できるところもあります。目的に応じて、どの通貨が利用できるのかを事前にチェックしておきましょう。
管理者3 | 885 view
仮想通貨の取引所は比較して選ぶべし。ポイントをちゃんと抑えましょう!

仮想通貨の取引所は比較して選ぶべし。ポイントをちゃんと抑えましょう!

仮想通貨の取引所を間違えたら、大切な資産が無くなってしまいます。ちゃんと情報を収集して選びましょう。
管理者3 | 53 view
【ビットコイン】FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所とZaif(ザイフ)を比較

【ビットコイン】FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所とZaif(ザイフ)を比較

ビットコインの価格が高いと売りたいときには有利ですが、手数料がかかるところは手数料も高くつきます。買いたい時は安いほど有利ですが、購入時にも手数料がかかるとその分余計に支払わないといけません。FISCO仮想通貨取引所とZaifともに手数料がお得で、初心者にも利用しやすいのがポイントです。
管理者3 | 129 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3