2017年10月5日 更新

話題の”ICO”とは一体何か

仮想通貨を利用した資金調達の方法として、ICOに将来性はあるものの、IPOに比べると開示される情報も乏しく、制度としては未成熟と言わざるをえません。 また、資金調達側には非常に魅力ある仕組みですが、投資家にとって、現在のような期待感だけでトークンの価格が上昇するバブル的な様相が長く続くとは思えません。

仮想通貨版のIPOだと思えばわかりやすい

“ICO(Initial Coin Offering)”とはお金を調達したい企業が株に代わるトークンと呼ばれるものを新しくに発行し、投資家がそれを購入してもらうことでお金を調達することのできる最新式のの資金調達方法といえます。
新市区作られたトークンはその企業がリリースするサービスなどで使えるようになっており、また投資家はそのトークンに値段が付けばそれを売却することで差額分利益を取ることが出来るというわけである。
要は資金調達がIPOに比べて簡単にできるところににICOでの資金調達のメリットがあるのだと言えるのではないでしょうか。
投資家から見てもおいしい利確をを生みやすくなっており、また参加する難しさも大きくなく誰でも参加できるところが一番の魅力ではないかと思います。
Free photo: Light, Light Bulb, Electricity - Free Image on Pixabay - 1208275 (20419)

日本ではどのように使うか

日本国内でも先日、テックビューロ株式会社が「COMSA(コムサ)」という新しいサービスを開始することを好評しました。
日本から発信するICOの新規プラットフォームとして新しい機能を持つことが明らかとなりました。
まず10月に初案件として「COMSA(コムサ)」自身のICOが行われます。
このようにICOは新しい時代のの資金調達を行う手段として急速に伸びてきています。
ですがまだまだ新しすぎるゆえに、法律などが追い付いていないのが現状ございます。
今後、法律の規制などが行われていけばICOの廃止とまではいかなくても規模縮小は避けられず、トークンの価値も低下することが考えられ投資家も開発側もどちらも損をしてしまいかねない状態となっています。
ICOの今後に注目していきたいところですね。
今後は規模の縮小に追い込まれるのか、はたまた勢力の拡大に勧められていくのかは未知数になっているので今後の動きには非常に興味のあるものといわざるを得ませんね。

ICOの問題点

IPOと違ってメリット面にフォーカスが当たりがちなICOですが、実は避けて通れない問題もあります。

IPOの場合は証券会社などの第三者機関が企業を指導するため、いわゆるちゃんとしていない会社のIPOは実現しません。
一方で、ICOは投資家と開発側の双方向のみで行われるものとなっていますので、しがらみのない分本当に実態があるかどうかというのがわかりにくくなっています。

実際、9月上旬に中国政府が自国で管理できないということでICOの全面的な禁止を発表しました。
また、中国だけでなく世界中の開発陣でICOで資金調達を行った企業で
有名どころ以外の会社であれば事業計画にそっておらず、開発も遅れているケースが多いとも言われています。

現状ではICOが企業成長促進というよりかは資金調達の手段としてしか見られていないように思えます。つまり正常に機能しているとは言い難い状態で、なかには詐欺のように感じられるものもあります。
そのため、投資初心者が近づくには非常に危険な状態と言ってもいいでしょう。
Free illustration: Think About, Salaried Worker - Free Image on Pixabay - 1184858 (20418)

9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

わずか数分で1億円調達も可能! 「ICO」成功の5つのポイント

わずか数分で1億円調達も可能! 「ICO」成功の5つのポイント

5月に本格稼働したばかりのスタートアップ企業がなぜ、構想段階のサービスのICOで、必要な資金の調達に成功できたのだろうか。その出来た理由とICOの可能性を探ってみた。
じょにー | 88 view
仮想通貨の時によく聞くICOってなんだ?その仕組みや内容を紹介!

仮想通貨の時によく聞くICOってなんだ?その仕組みや内容を紹介!

株のIPOという言葉はよく聞きますが、仮想通貨にも存在します。 情報の速さが物を言う世界なので、知識として持っておきたいですよね! そこで今回は、仮想通貨のICOの、仕組みや内容を紹介します。
じょにー | 60 view
ICOとIPOの違いを分かりやすくまとめて、さらにICOの良さを伝えたい。

ICOとIPOの違いを分かりやすくまとめて、さらにICOの良さを伝えたい。

最近COMSAによって国内でも認知が急速に広まりつつあるICO。仮想通貨の世界ではICO、クラウドセールやプレセールといった先行販売のような企画が催されたりしていますが、それは一体どのようなものなのか、何が行われているのか調べてみました。
じょにー | 38 view
ICOの時に情報を仕入れておき上場後の投資が狙い目?クラウドセールのイロハ

ICOの時に情報を仕入れておき上場後の投資が狙い目?クラウドセールのイロハ

仮想通貨取引所で取引が開始する前の仮想通貨の販売、つまりICO(Initial Coin Offering)では、上場直後に大きく値上がりする可能性のある仮想通貨を、上場前に購入することで割安に手に入れることができます。仮想通貨市場全体が成長時期にあるため、短期的な値上がりを見越して世界中の人がICOに参加しています。
じょにー | 48 view
ICOってよくきくけどクラウドセールってきいたことある?

ICOってよくきくけどクラウドセールってきいたことある?

COは暗号通貨経済におけるIPOのようなものである。IPOはこれまでの伝統的な経済における証券取引所上の新規株式公開であるが、ICO(Initial Coin Offering)は企業またはプロジェクトが自らのトークンやコイン(従来の金融市場における株式のようなもの)を発行し資金調達を行うプロセスである。そしてそのトークンが暗号通貨取引所に上場されることである。
じょにー | 66 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー