2018年3月1日 更新

初心者のうちに知っておきたい!リスクと税金の関係

仮想通貨には税金などは関係ないと考えている人も多いようですが、仮想通貨取引によって得た利益もまた課税対象であり、手続きを怠れば脱税と見なされてしまいます

知らないと大変なことに?仮想通貨と税金の関係

 (23630)

これから仮想通貨を保有したいと考える人にとっては、税金についての知識も必要となります。仮想通貨には税金などは関係ないと考えている人も多いようですが、仮想通貨取引によって得た利益もまた課税対象であり、手続きを怠れば脱税と見なされてしまいます。確かに、法的に認められた基軸通貨である円やドルとは異なり、仮想通貨取引における税制については理解しづらい部分が多いかもしれません。仮想通貨取引における税制および所得税法との関係、売却利益の法人所得税について詳しく見ていきましょう。

最初に仮想通貨の税制を見てみましょう。2016年に施工された法律において、仮想通貨の通貨価値が正式に認められることになりました。これはつまり、「仮想通貨もお金の一種です」と国によって正式に認められたのと同じことになります。その後、2017年の改正税法によって消費税についての取り決めが変更され、仮想通貨取引によって得られた利益に関しては消費税の影響を受けないと定められています。そうした経緯もあり、仮想通貨の需要がますます増えています。

line

 (23632)

仮想通貨取引における税金には、所得税、法人税、相続税などが含まれます。所得税は、より多くの収入が得られるにつれて税額を増やす累進課税方式であり、仮想通貨への投資など、給与所得以外の副業で20万円以上を稼ぐ人に対しては納税申告が義務付けられています。法人税は、企業が仮想通貨による取引を法人として行う場合に関係してきます。これには、仮想通貨をオンライン上の決済手段として使用する店舗が含まれます。

また、仮想通貨を相続する場合、相続税が適用されます。仮想通貨を相続することは現時点で現実的ではないように聞こえるかもしれませんが、仮想通貨が今後さらに普及すれば、仮想通貨を遺産として相続することは日常的な出来事になる可能性があります。しかし、現実には、仮想通貨が法定通貨とは異なるため、遺族は仮想通貨の取引に気付かず、巨額の仮想通貨が眠ったままになる、ということになる可能性も充分に考えられます。将来、遺言でも仮想通貨の相続について明確に述べる日が訪れるかもしれません。ただし、これまでに言及した税金は、あくまでも仮想通貨取引によって得られた利益に対してのみかけられる、ということを忘れてはなりません。したがって、ただ単に仮想通貨を保有しているだけであったり、決済用通貨としてのみ使用している場合には課税対象にはなりません。次に、仮想通貨と所得税法との関係を見てみましょう。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
 (23634)

個人事業主必見!仮想通貨と所得税との関係

 (23636)

国税庁は、「仮想通貨取引によるキャピタルゲインを雑収入とみなす」と正式に発表しました。雑所得とは所得税法によって定められた10のカテゴリーの1つであり、公的年金、プロ作家の原稿料、講演料などが含まれます。仮想通貨の税法上の定義は長らく曖昧であって、税務署によって判断が異なるなどの混乱が度々生じていました。そこで、国税庁は仮想通貨についてあらためて統一的な見方を示し、仮想通貨を課税対象に含めることで、仮想通貨を通過の一種として明確化したのです。つまり、仮想通貨も資産として価値があると定義したことになり、それに付随して各種税制が改正されたのです。

販売については、仮想通貨を決済手段とするネットショップや現実の店舗が適用されます。この場合の利益は雑収入とみなされ、課税対象となります。投機の手段として仮想通貨を使用している場合、所得または雑収入とみなされ、ここでも課税対象となります。たとえば、リスクを投資用通貨として使用すると、その取引から得られた利益に対して所得税が適用されます。
bitclubmining
 (23638)

また、給与を仮想通貨で受け取った場合、給与所得として所得税が課されることになります。日本では給与を仮想通貨で支払っている企業はそう多くはないかもしれませんが、将来的には仮想通貨が高く評価され、人気が高まるとともに日本経済が不透明になり、景気後退が長期化し、円が信用できないという意見が出てくると、仮想通貨で給料を支払う会社が現れる可能性があります。このように、仮想通貨である「リスク」も、通貨としての需要が今後数十年で増加し、標準通貨として認識される可能性が高いと見られています。仮想通貨の税法上の扱いについてさらに深く知りたいなら、仮想通貨の税制について詳しく説明しているサイトをチェックしてください。それでも疑問がある場合は、所得税に精通した専門家または税理士に相談することをお勧めします。

現時点ではまだ実感できないかもしれませんが、仮想通貨がリアルマネーに変わり暮らしのインフラをささえる時代はもうすぐそこまで近づいているのです。来るべき「仮想通貨新時代」にそなえるためにも、今のうちから仮想通貨の本質と基本的な仕組みを理解し、身近な通貨であることを皮膚感覚で実感しましょう。
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

これからビットコインなどの仮想通貨をはじめる方と税金

これからビットコインなどの仮想通貨をはじめる方と税金

銀行に預けていても微差しか増えない現金をしっかりと投資しようと思ったら、もっと積極的に投資する必要があります。アパート投資や太陽光投資、レンタルボックス投資、コインパーキング投資など色々な投資がブームとなってきましたが、ここ最近の投資のトレンドは間違いなく仮想通貨です。その中でも代表的なビットコインなどは、多くの投資家から注目されていますので何かと話題になる事も多くなっています。
管理者3 | 202 view
仮想通貨に税金はかかる?確定申告について学ぼう。ちゃんとやらないと大変なことになりますよ

仮想通貨に税金はかかる?確定申告について学ぼう。ちゃんとやらないと大変なことになりますよ

仮想通貨を利用している人の中には、知らない間に仮想通貨が課税対象になっている可能性があるのです。紙幣や通貨という形がないので、取引で利益を出しても課税とは無関係と思われがちですが、実は仮想通貨も立派な課税対象となっているのです。
管理者3 | 141 view
確定申告前!初心者でもわかる仮想通貨と税金の話。税金対策はちゃんとやりましょう

確定申告前!初心者でもわかる仮想通貨と税金の話。税金対策はちゃんとやりましょう

去年から税金の対策や納税に関してちゃんと理解しましょう。
管理者3 | 95 view
ビットクラブに参加した場合の税金はどうなるのか?

ビットクラブに参加した場合の税金はどうなるのか?

ビットクラブではマイニング報酬や紹介報酬を受け取ることができますが、その税金はどうなるのでしょうか?また、ビットコイン建てで受け取った後の値上がり益などの課税に対しても詳しく解説します。
しょーじ | 1,557 view
仮想通貨ビットコインの始め方と税金の話。どの様に税金を考えればよいか?

仮想通貨ビットコインの始め方と税金の話。どの様に税金を考えればよいか?

2018年の話題の投資先として色々な案があるかと思いますが、仮想通貨はチャレンジする、しないに限らず絶対におさえておきたい案件だと言えます。有名なものは、ニュースやテレビコマーシャルなどでも度々目にするビットコインだと思いますが、他にも色々な通貨がありますので、まずは広く視野を広げる必要があります。
管理者3 | 540 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3