2017年9月21日 更新

ビットコイン分裂で一番キモになる「フォーク」とは何か。

様々なニュースなどで取り上げられているフォークについてもう少し踏み込んで解説していきます。 なかなか専門用語の多い仮想通貨業界ですが、ひとつづつキーワードを覚えていき疑問点を解消することで、より知れるようになり、自分が損をしないことにもつながるので勉強しておいてください!

2種類のフォークの一つ、ハードフォーク

分裂に際してのフォークでハードフォークとソフトフォークがあるが今回はハードフォークを紹介しよう。
ハードフォークとは簡単に言えば旧ルールのオリジナルのものを残したままで新しい通貨を新たに作成して誕生させることになる。
ハードフォークが発生した段階で1つの通貨であったものが分裂して2つ別々のものとなる。もちろんべつべつになったのでこの通貨たちは全く異なるものとして今後巣立っていくのだが、元々所有していた人間からしたらただただ不安材料でしかない。
ただ、移行前と移行後両方の通貨を保有できる権利があるので両方に残高がある状態になる。
「あれ、ってことは倍になるからラッキーじゃね?」と思う人もいるかもしれないが資産自体は倍になるが資産価値が倍になるというわけではないのでそこは注意が必要だろう。
この点の混乱を避けるために取引場も一時的に入出金に制限をかけて混乱が起こりにくく対応していたのは記憶に新しい。
かなり荒っぽい解釈をするならハードフォークはのれん分けされたもの、という解釈で良いと思う。

2種類のフォークの一つ、ソフトフォーク

反対にソフトフォークとは何か。上の説明のいい方に近い言い方をすれば道場破りという感覚ではないかと思う。
このソフトフォークを適用するにあたっては参加者がそのルール変更を認める!といったら分裂することなくそのまま新ルールに移行するのだが、ルール導入で意見が割れないことというのはまずありえない。
なのでこれを適用しようとするとどちらかの発想をしている人間をせん滅しないと適用もできないし、決着がつくまで資金の送金も確定しないという誰も得をしない状態になってしまう。なおかつ負けた側は消える運命なので貰うか0かのゼロサムゲームになってしまうのも恐ろしい部分ではないか。
合意のないソフトフォークが一番危なくてやばいと覚えてくれていたらいいと思います。
Free vector graphic: Branch, Branch Point, Split - Free Image on Pixabay - 1290017 (20311)

最後に

今回ビットコイン分裂で生まれたビットコインキャッシュだが、こちらはハードフォークで生まれたものなのでゼロサムゲームを演じられることはないのでそこだけは安心できるのではないだろうか。ただ一つ注意しておかないといけないのは、所有している人もいつどうなるかわからない状態に変わりはないということです。
簡単に言えば別に信用され切っているものでもないのでいつどういうときに切り捨てられるかというのはリスクヘッジなどをしていないといけないということです。
ですのでいつでも動けるよう準備しておく必要があると思われます。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコイン分裂問題を自分なりに考えてみた

ビットコイン分裂問題を自分なりに考えてみた

8月1日に分裂するというニュースが出てそこからどのような動きになっているのかを解説したいと思います。その後のビットコインとビットコインキャッシュの値段の動向などもステークスホルダーからすれば興味はあるでしょうし、そのあたりに興味のある人も見てほしいと思います。
じょにー | 27 view
ビットコイン分裂の経緯と問題点を一瞬でひも解く

ビットコイン分裂の経緯と問題点を一瞬でひも解く

ビットコインのフォーク問題で気になる資産の問題であったりどういうことがおこっているかを説明します。 そのあたりの問題点が解決したら今後の仮想通貨の動きにも敏感に反応できると思います。
じょにー | 21 view
ビットコインキャッシュは相違点もいくつかあるが、ほとんどビットコインを踏襲している仮想通貨

ビットコインキャッシュは相違点もいくつかあるが、ほとんどビットコインを踏襲している仮想通貨

8月にビットコインが分岐しビットコインとビットコインキャッシュという2つ目の銘柄となりました。 今回はその分裂に起きた際の騒動であったり分裂してどうなったか、分裂後の現状はどうなったかというのを知ってもらえたらと思います。
じょにー | 26 view
ビットコインキャッシュの値下がりと今後の展開(予想)

ビットコインキャッシュの値下がりと今後の展開(予想)

今のところはbittrex取引所でビットコインキャッシュを付与された人が完全に勝ちで、それ以外の取引所に置いてた人は値下がりする様子を眺めて歯がゆい思いをしていたのではないでしょうか。 普通に考えてみれば分かる事です。ビットコイン時価総額5兆円ものコピーが一瞬で生み出されたわけで、それにまともな価値が付いただけでも奇跡です。
じょにー | 100 view
ICOの可能性とリスクについて調べてみた

ICOの可能性とリスクについて調べてみた

そんなとき、何をさておき必要なのは、お金です。銀行に借りる? 株式を発行して投資家に買ってもらう? そうした従来の手法と違い、今、注目されているのが「ICO」。何かと話題の「仮想通貨」を使った資金集めです。世界では、ことしだけで1000億円を超える資金が集まったとも言われ、国内でも活用例が出始めています。
じょにー | 69 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー