2016年2月22日 更新

ビットコインの最近の広がりを追ってみた!

年を追うごとに加熱していくビットコインの波ですが、今の段階ではどこまで広がっているのかをチェックしてみようと思います。 自分に合った利用方法などが見つかればと思います。

本格的に参入する企業

仮想通貨「ビットコイン」売買のビットフライヤー(東京・港、加納裕三社長)は22日、同社の提携企業の商品を購入するとビットコインを付与するサービスを始める。金融や日用品、食料品など約150社の広告を掲載するサイトを開設。
かねてからビットフライヤーではビットコインのFXができたりと様々な金融商品を取り扱ってきました。
この度本格的参入として日用品や食品の購入もできるようになったようです。
これによりますます実社会への影響が強まってきたように思います。

高リターンのチャンス到来?

大手金融も参入 「大化け」期待のビットコイン |マネー研究所|NIKKEI STYLE (4738)

米国利上げで世界のマネーの流れが変わりそうな2016年。チャイナ・ショックのような急落がいつ起こるとも限らない。そんな中、株や債券などと異なる「新・高リターン商品」が注目を集めている。その1つがビットコインだ。15年に下落トレンドを脱し、年10%超の高リターン商品に化ける可能性がある。
(中略)
価格も15年1月の200ドル近辺から、11月には一時400ドル超えまで上昇。1年以上続いた下落トレンドを脱し、本格的な反発局面入りを予感させる。
どういうことかというと、2015年の中間期すぎぐらいから中国の経済状況の悪化や原油安、ギリシャのデフォルトなどの世界状況の問題が顕著に現れてきました。
ですがビットコインの場合はどこの国にも属していないので、国の経済関係に左右をされない金融商品として目をつけた人が現れたということです。

有名大学も研究中

一目でわかるビットコインの歴史・相場変動:マサチューセッツ工科大学の機関紙がビットコインを分析 : CoinChannel | 暗号化通貨ビットコインのニュースや情報、分析 (4744)

世界で最も権威のあるテクノロジー専門誌のひとつであるマサチューセッツ工科大学(MIT)の機関紙Technology Reviewがビットコインに関するリサーチを発表した。

これまでの相場変動とイベントに関してとてもわかりやすくまとめられている。
投機としてではなく実際にビットコインを使用するケースが増加しており、ビットコインのモメンタムは勢いを増している、とレポートしている。
一旦勢いが付くとかなり上昇率が見込めそうです。
おそらくこれは市場参加者がまだそれほど多くはないということに起因しているのかもしれません。

注目は香港市場

Coinbaseのデータなのでビットコイン全体のものではありませんが、香港が著しい伸びを示しています。
フィリピンやタンザニアといった発展途上国が、不備のある金融システムの代替として活用するという例は聞くのですが、香港のようにある程度成長している国家で利用が進んでいる理由を知りたいものです。やはり投機なのでしょうか。ちなみにCoinbaseの利用者の約47%、つまり半数は米国外ということです。
中国国内ではビットコインの取引は禁止という話を聞いたことがあります。
なので中国市場の影響を受けない香港市場で取引をしたいという中国系の投資家の動向が強いのではないかと思います。

興味深い状況

預金引き出し制限など、財政危機で混乱の続くギリシャでは、にわかにビットコインへの注目が集まっているようだ。
ニューヨーク証券取引所はビットコイン価格の指標配信を開始した。
新興企業向け米株式市場「ナスダック」も、取引記録の管理台帳にビットコインの基盤技術「ブロックチェーン」を使う実験を行うという。
さらに、取引が禁止されているはずの中国の人民元が、ビットコイン取引の8割を占め、株価急落を受けて、レートは上昇を続けている。
ギリシャの場合はデフォルトから発生する通貨下落に伴うインフレに備える手段としての本格的決済手段としてだと思われます。
ニューヨークやナスダックも将来的に決済通貨となるのか金融商品として扱うのかはわかりませんが、ビットコインの可能性を模索しているように思います。
中国の富裕層もリスクの分散という意味で香港市場での既にビットコインによる投資を本格化しているということなのかもしれません。
ビットコインが社会のプラットフォームになる可能性 | 平 和博 (4749)

13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

知らなきゃ損!ビットコインって、こんな使い方があるんです

知らなきゃ損!ビットコインって、こんな使い方があるんです

通貨としても利用できるのがビットコインのいいところ、持っていると為替の両替手間もかからずにお得に利用することができるんです。最近のブームに乗って利用可能な方法が増えてきたので、今のうちから乗り遅れないようにチェックしていきましょう。
turubo | 560 view
ビットコインはお店でも使える?決済の方法や仕組みをチェック

ビットコインはお店でも使える?決済の方法や仕組みをチェック

ビットコインは仮想通貨ですが、オンラインショッピングだけでなく実店舗においても既に導入されています。日本国内にも対象のお店があるようですね。しかし、その決済はどのようにして行われるのでしょうか?支払い方やお店側の受け取り方を見てみました。
馬場 | 222 view
Paypalでビットコイン決済が可能に!高まる仮想通貨普及の可能性

Paypalでビットコイン決済が可能に!高まる仮想通貨普及の可能性

世界203か国に2億人近いユーザーを持つ、オンライン決済サービスPaypalが、決済手段として導入しました。これにより、ビットコインの価値がより一層担保され、また仮想通貨の一般認知度も上昇したといえるでしょう。
ねず | 826 view
ビットコイン決済は今後広がるか

ビットコイン決済は今後広がるか

ビットコインという名前は耳にしたことがあっても、実際に商品購入をするのにはどのように使うのか、決済方法と、今後考えられるサービスの拡充について説明いたします。
E-rinrin | 287 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

turubo turubo