2018年4月11日 更新

ビットコインのセキュリティ対策

便利なビットコインですが、オンライン上の取引ということもあり、当然ですがセキュリティにも十分注意しなくてはなりません。安全に使用するためには何に気を付けなければならないかを考えましょう。

ウォレットのセキュリティ

 (7175)

ビットコインは、ウォレットという「お財布」に保存され、決済にもウォレットを利用します。
このウォレットのセキュリティ対策を万全にしておくことが必要です。
○ウォレットをバックアップしましょう
安全な場所に保管することによって、バックアップはコンピューターの欠陥や人的ミスからあなたを守ってくれます。あなたの携帯電話やコンピューターが盗まれても、あなたのウォレットを暗号化していれば、バックアップでウォレットを回復することができます。
○ウォレットを暗号化しよう
あなたのウォレットやスマートフォンを暗号化することで、資金を引き出すためのパスワードをセットすることができます。これにより窃盗を防止することはできますが、キーロギング・ハードウェアやソフトウェアから守ることは出来ません。
○強力なパスワードを使おう
文字だけを含むパスワードや認識できる言葉だけのパスワードは、とても弱く、見破られやすいものです。強力なパスワードにするためには、文字、数字、句読点を含め、少なくとも16文字以上である必要があります。最も安全なパスワードは、プログラムによって作られたパスワードです。強力なパスワードは覚えるのが難しいですが、記憶しておきましょう。
ウォレットのおバックアップは定期的に行い、USBなど複数の場所にバックアップをとるようにしましょう。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining

実際のハッキングの手法

 (7176)

ビットコインを入手すると暗号キーが発行されます。
これにより、所有者はブロックチェーンの中の特定のアドレスを開くことができます。
まさに、所有者だけの「秘密の鍵」です。
ハッカーがターゲットとするものは必然的に「秘密鍵」ということになります。アーリーアダプターで、現在、バンキングサービスを運営するマルジャーク・スクワイアーズ氏は、オフラインで使える物理的なウォレットを作成することを推奨しており、秘密鍵をオンラインで保管する多くのウォレットの危険性に警鐘を鳴らしています。

ハッカーは、多くのユーザーの大量の秘密鍵を保持するオンラインウォレットサービスへの攻撃を繰り返しています。サーバーに記録された秘密鍵のデータを手に入れるだけで大量のビットコインを手中に収めることができるため、このストレートな方法は極めて有効なハッキング手法です。しかし、ハッキングは外部ハッカーから行われるとは限りません。ウォレットサービスの内部関係者であればハッキングする必要などなく、サービスユーザーの秘密鍵をコピーするだけで簡単に手に入れられます。
盗まれたら、マネーロンダリングなどで所有歴がたどれないようにされてしまいます。
暗号キーのセキュリティには十分注意して下さい。

マルウエアなど、不正プログラムの感染を防ぐ

 (6902)

サイバー犯罪を行う者が、不正に獲得するために、
マイニングを行うマルウエアを個人のPCに感染させる攻撃を行っています。
この脅威からPCを守るために、注意すべき点を確認し、必要な対策を講じましょう。
安全なコンピュータの使用を習慣づけることにより、コンピュータがマイニングマルウェアに感染し、知らないうちにマイニングに利用されるのを防ぐことができます。

・信頼できないWebサイトからアプリケーションのダウンロードおよびインストールをしない。
・発信元にかかわらず、マイクロブログサイト「Twitter」やその他のWebサイトに記載されている短縮URLを安易にクリックしない。短縮URLのリンク先のWebサイトが正規であるのかを判断するのは、ユーザにとって困難であることを肝に銘じておく。
・突然、コンピュータの動作が遅くなり、その心当たりがない場合、原因としてコンピュータがマイニングに利用されていることが考えられる。このような場合、処理能力の消費に著しい増加がないかなどを見ることにより、マイニングマルウェアへの感染の可能性を確認することができる。
・マイニングマルウェアを検出しコンピュータへの感染を防いでくれるようなセキュリティ製品を購入しインストールする。
気が付かないうちに、あなたのPCが犯罪に利用されてしまうかも知れません。
また、せっかく貯めたビットコインが盗まれたり消失したりしてしまうかも知れません。
セキュリティ対策を万全にして、安全に使用できるようにしましょう。

line

アルトコイン訴求
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインはクラウドファンディングの可能性を広げる

ビットコインはクラウドファンディングの可能性を広げる

ビットコインは世界共通の通貨となる可能性があります。また、ブロックチェーンテクノロジーは資金の流れを透明にします。これによってクラウドファンディングの何が変わるのでしょうか?
ほろん | 202 view
創設者サトシ・ナカモトによる、ビットコイン論文とは?

創設者サトシ・ナカモトによる、ビットコイン論文とは?

ビットコイン騒動で注目を浴びた創設者satosi・namoto、謎の人物として未だにその正体が明らかになっていません。彼が作り上げた平和と理想のもと論じられた仮想通貨は、どのようなものでどうしてマウントゴックスのような騒動が起こってしまったのでしょうか。
とんぼ55 | 2,619 view
ブロックチェーンを活用し医療産業に革命をもたらす MediChain(メディカルチェイン)

ブロックチェーンを活用し医療産業に革命をもたらす MediChain(メディカルチェイン)

ブロックチェーン技術がもたらす革命は、今や医療分野にも到来しようとしている。現在、患者の医療情報を保管する電子健康記録(EHR)と電子カルテ(EMR)のデータは、互換性がない上に不完全な場合がほとんどだ。
管理者3 | 131 view
PARKGENE(パークジーン)、ブロックチェーン技術で駐車方法に革命起こ す

PARKGENE(パークジーン)、ブロックチェーン技術で駐車方法に革命起こ す

PARKGENE(パークジーン、以下PARKGENE)は、世界初のブロックチェーン上の駐車サービスです。
管理者3 | 210 view
KYC.LEGAL(ケーワイシー・リーガル)アプリの第二ステージ、稼働へ

KYC.LEGAL(ケーワイシー・リーガル)アプリの第二ステージ、稼働へ

ブロックチェーンベースのユーザー認証プラットフォームKYС.LEGAL(ケーワイシー・リー ガル、以下KYC.LEGAL)が、提供する認証サービスの第二ステージをローンチする体勢を 整えた。
管理者3 | 119 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

息吹肇 息吹肇