2017年10月5日 更新

仮想通貨の時によく聞くICOってなんだ?その仕組みや内容を紹介!

株のIPOという言葉はよく聞きますが、仮想通貨にも存在します。 情報の速さが物を言う世界なので、知識として持っておきたいですよね! そこで今回は、仮想通貨のICOの、仕組みや内容を紹介します。

仮想通貨のICOの仕組みとは?

IPOという言葉は上場するときに使われるのでご存知の方も多いと思います。
知らない人のために言うとInitial Public Offeringの略になります。
まだ上場していない企業が、証券取引所に上場して、自社の株を投資家へ売ることをいいます。
IPOにより上場をするので証券取引所から誰でも株の取引ができるようになります。
仮想通貨の世界でいえば株の代わりにトークンと呼ばれる株に代わるものやコインに置き換えると分かりやすいです。
ICOとは、仮想通貨の上場前に、投資家たちにコインを資金をもらったら株の代わりに発行していくことで、そうやって投資家から資金調達を行うことです。
また、ICOと同じような意味合いで、クラウドセールやプレセール、と呼ばれたりもしています。

ICOとIPOの違いは?

実は日本では、世界にさきがけて仮想通貨法が成立しており、仮想通貨を取り扱える業者は内閣総理大臣の登録を受けた者(仮想通貨交換業者)でないと事業を行うことができないという決まりがあります。

様々な問題や不安要素もある仮想通貨ですが、日本で事業を行っている取引所などは身元がはっきりしているといえるでしょう。

また、今後金融庁から認められた仮想通貨しか国内では利用できないという決まりになるようで、その仮想通貨が発表されたらマイナーなコインであれば金融庁に許可されない限り国内の取引所で売り買いができなくなるといわれています。

これを受け、仮想通貨取引所の「Zaif」を運営しているテックビューロ社では、仮想通貨法を法的な根拠として2017年10月2日にICO事業を開始することを発表しました。
これには国内外で大変な話題を呼んでいます。

ICOに参加するには?

IPOの株は人気があるので、抽選制のもの多く、誰でも購入できる訳ではありません。
しかし、ICOの場合は、投資すればその投資した仮想通貨のトークンが発行されて買うことができます。
そもそも抽選という概念がないのです。買い物感覚です。
日本のIPOの場合は当然ですが、日本の会社なので日本円でしか買い付けができません。
ただ、ICOの場合は世界中の投資家から資金を調達したいので、基本的には国家にとらわれないビットコインなどの仮想通貨で決済を行います。
一つの仮想通貨だけでなく、世界中の様々な仮想通貨で購入することができます。
クラウドセールの開始直後は、安い価格で購入できるのでおすすめです。
そしてクラウドセール終了が近づくにつれて、利確が見えてくるのでディスカウントされる割合が少なくなっていきます。
要するに、クラウドセールが始まってできるだけ早く購入することが望ましいです。
開始時と終了時の価格を比較すると、10~30%以上変わることもしばしばあります。
ただ、それなりに知名度があったり、注目度が高い通貨は数日から数週間で上場する傾向にあります。
そして、もちろん、ICOはIPOと一緒で、上場しても公募割れすることもあります。
Free photo: Achievement, Bar, Business, Chart - Free Image on Pixabay - 18134 (20408)

仮想通貨ICOは危険!?

ICOには監査が無く、誰でも資金調達を行うことが出来ます。
IPOのような明確な上場基準やルールがなく、事業者本位でICOのルールを作っているため、
自由に資金を集められる方法です。
実際には上場しなかったり、資金を調達するだけして、姿を消してしまうような詐欺コインもあり、リスク管理はしっかりしなければなりません。
仮想通貨への投資はまだ不安定さもあり、リスクが高い投資になるので、余剰資金で行なってください。
またICOに上場しているからといって、必ずしもそのプロダクトの開発が進んでいる訳ではないことを頭に入れておかなければなりません。
さらには、ICOに参加したからといって、それ自体が必ず値上がりするという保障もないので、しっかり情報をとってマージンを取りつつとりひきをしてほしいですね。
Free illustration: Hand, Magnifying Glass, Earth - Free Image on Pixabay - 1248053 (20409)

11 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ICOとIPOの違いを分かりやすくまとめて、さらにICOの良さを伝えたい。

ICOとIPOの違いを分かりやすくまとめて、さらにICOの良さを伝えたい。

最近COMSAによって国内でも認知が急速に広まりつつあるICO。仮想通貨の世界ではICO、クラウドセールやプレセールといった先行販売のような企画が催されたりしていますが、それは一体どのようなものなのか、何が行われているのか調べてみました。
じょにー | 38 view
わずか数分で1億円調達も可能! 「ICO」成功の5つのポイント

わずか数分で1億円調達も可能! 「ICO」成功の5つのポイント

5月に本格稼働したばかりのスタートアップ企業がなぜ、構想段階のサービスのICOで、必要な資金の調達に成功できたのだろうか。その出来た理由とICOの可能性を探ってみた。
じょにー | 88 view
話題の”ICO”とは一体何か

話題の”ICO”とは一体何か

仮想通貨を利用した資金調達の方法として、ICOに将来性はあるものの、IPOに比べると開示される情報も乏しく、制度としては未成熟と言わざるをえません。 また、資金調達側には非常に魅力ある仕組みですが、投資家にとって、現在のような期待感だけでトークンの価格が上昇するバブル的な様相が長く続くとは思えません。
じょにー | 59 view
ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

新しい形の資金調達方法として、また仮想通貨による投資手段として「ICO」が話題となっています。このICOとはどのようなものなのか、IPO(新規株式上場)との比較も交えて見ていきましょう。
じょにー | 158 view
仮想通貨での資金調達がスタートアップにもたらす影響とはいったい何??そもそもICOってなに?

仮想通貨での資金調達がスタートアップにもたらす影響とはいったい何??そもそもICOってなに?

ICOによりわずか3時間で約170億円の資金調達…。昨今このような信じられないニュースが世間を騒がせています。 ところで、ICOとはいったいどういうもので、どうしてこんなことが可能になるのか?その仕組みについて知らない方も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、世界中のスタートアップ企業が注目するICOについてわかりやすく解説していきます。
じょにー | 32 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー