2017年11月30日 更新

仮想通貨の時によく聞くICOってなんだ?その仕組みや内容を紹介!

IPOは聞きなじみがあってもICOはあまり聞いたことが無い人も多いかもしれません。 仮想通貨における上場の時に使われる言葉で、今後投資を考える人にとっては忘れてはならないキーワードになってきます。

仮想通貨のICOの仕組みとは?

IPOは一般の株式市場でも上場という意味で使われるのでIPOという言葉を知らなくても上場企業のそれ、といえば何となく想像がつきやすいのではないでしょうか。
Initial Public Offeringの頭文字のIPOです。
一般的には上場を果たしていない会社などが株式を売却して資金を調達し、審査を経て上場されます。
したがって上場した取引所内で株の売買が出来るというわけです。
仮想通貨の世界においては上場時に株の代わりにトークンというものが販売されて、それが高騰することで未上場時に投資を行っていた人たちは粗利を得るわけです。

ICOとIPOの違いは?

実は日本では、世界にさきがけて仮想通貨法が成立しており、仮想通貨を取り扱える業者は内閣総理大臣の登録を受けた者(仮想通貨交換業者)でないと事業を行うことができないという決まりがあります。

様々な問題や不安要素もある仮想通貨ですが、日本で事業を行っている取引所などは身元がはっきりしているといえるでしょう。

また、今後金融庁から認められた仮想通貨しか国内では利用できないという決まりになるようで、その仮想通貨が発表されたらマイナーなコインであれば金融庁に許可されない限り国内の取引所で売り買いができなくなるといわれています。

これを受け、仮想通貨取引所の「Zaif」を運営しているテックビューロ社では、仮想通貨法を法的な根拠として2017年10月2日にICO事業を開始することを発表しました。
これには国内外で大変な話題を呼んでいます。

ICOに参加するには?

IPOの株は人気があるので、抽選制のもの多く、誰でも購入できる訳ではありません。
しかし、ICOの場合は、投資すればその投資した仮想通貨のトークンが発行されて買うことができます。
そもそも抽選という概念がないのです。買い物感覚です。
日本のIPOの場合は当然ですが、外貨での投資が出来ません。色々理由はありますが、海外の資本が増えすぎて健全な日本の会社といえなくなってしまいかねないからです。
ただ、ICOの場合日本だけでとらわれず、世界中の投資家から資金をすることができ、また開発陣も世界共通のものを作っているので、この場合、仮想通貨の方が何かと都合がいいわけなのです。

ちなみにリリース直後のクラウドセールされたものは、安い価格で購入できるのでおすすめです。
最初の人間だけが甘い汁を吸えるとはよく言ったもので、終わり掛けに投資を行ってもそこまでメリットはありません。
Free photo: Achievement, Bar, Business, Chart - Free Image on Pixabay - 18134 (20408)

7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ICOとIPOの違いを分かりやすくまとめて、さらにICOの良さを伝えたい。

ICOとIPOの違いを分かりやすくまとめて、さらにICOの良さを伝えたい。

COMSAの登場によって国内でもICOという言葉を耳にするようになりました。 このICOとは一体何かという所を含めて紹介します。
じょにー | 77 view
ICOによって資金調達をしている背景

ICOによって資金調達をしている背景

ベンチャー系の会社が最近資金調達をICOを通じて行っているという話を聞きました。 そもそもICOって何という人やメリットがわからないという人もいると思うのでそのあたりを考えてみたいと思います。
じょにー | 72 view
ICOという言葉が最近よく目にするようになったけどいったい何?

ICOという言葉が最近よく目にするようになったけどいったい何?

仮想通貨を利用した資金調達の方法として、ICOとよばれるものがありますが、正直何かわからないという人も多いと思います。 仮想通貨を覚えた後はこちらのICOという言葉に着目してみるとワンランク上の仮想通貨ユーザーになれると思います。
じょにー | 107 view
ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

新しい形の資金調達方法として、また仮想通貨による投資手段として「ICO」が話題となっています。このICOとはどのようなものなのか、IPO(新規株式上場)との比較も交えて見ていきましょう。
じょにー | 370 view
わずか数分で1億円調達も可能! 「ICO」成功の5つのポイント

わずか数分で1億円調達も可能! 「ICO」成功の5つのポイント

一般的な投資で集める金額は一社ずつ回ってアピールしてレバレッジなどを決めてやっとの思いで受けることが出来るというイメージですが、ICOではウェブ上で気になるサービスであれば多額の金額を出資してもらうことが出来ます。
じょにー | 168 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー