2017年11月30日 更新

上場後よりも利益を狙うなら上場前をおさえよう

仮想通貨取引所に上場されるICO前のコンテンツを知っておけば投資面で大きく利益を獲得することが出来ます。 利益を出すために知っておかなければならないこともあります。

ICOの背景

2017年4月から7月は注目されていたプロダクトが次々とICOでの資金の調達を行ったため、調達額はICO史上最高に達し、この4カ月間の調達した資金の総額は合計してで13億7230万ドル、日本円にして約1523億円藻のお金を合計して調達していたことになります。

誰もが大きな利益を得たいと考えるため、多くの人がICOに参加しようとします。
そのため有名なものや既に売れるというのがわかっているICOほど支払い遅延などで申し込みができなかったり、既に買い占めされてしまって買いたい量のトークンが買えなかったりと、思い通りにいかない場合もあります。

そもそも、どれがあってどれが外れるか中々判断が付かないのがICO銘柄です。
すべての銘柄が上場をしたからといって値上がりするという保証は実はありません。
MobileGoやSonmのように、プレセールよりも価格を落としてしまうものもあるということは忘れてはいけません。
Free illustration: Fractal, 3D, Design, Fantasy - Free Image on Pixabay - 1120660 (20500)

失敗しない ICOの選び方

仮想通貨で投資を行う人にとってはしらないひとはほとんどいないといわれるのがICO(Initial Coin Offering)です。
2014年の頃は、例えばイーサリアムのICOで、かつて1ETH=31セントで売り出されていました。
そのイーサリアムは、現在1ETH=340ドル(2017年8月28日現在)にもなり、常識では考えられない値上がりをみせています。
ここまで顕著に高騰するのも正直多くはありませんが、情報を仕入れていれば必ず中期的な目線で見たときに伸びてくる銘柄というのが見えてくることもあります。
それを逃さないことがICOで利益を上げる一つのコツであると思います。
ICOを行うプロジェクトの数が少なかった頃は注目が集まるプロジェクトの数が限られていたため、プロジェクト内容をあまり知らなくても、情報を頼りに参加するICOを決めることはあまり難しくありませんでした。
しかし、ICOを行うプロジェクトの数が爆発的に増えている現在では、どのICOに投資するべきか判断が難しくなっているのではないでしょうか。
Free photo: Classroom, Education, Learning - Free Image on Pixabay - 1866519 (20501)

まとめ

Free photo: Achievement, Bar, Business, Chart - Free Image on Pixabay - 18134 (20502)

ICOについてのことをこれまで書いてきましたが、必ずしも儲かるとは限らないことは頭に入れておかなければなりません。
また、含み損が出たからといってすぐに手放すのも早計ではありますが、大きな損をこかないように早目の離脱を行うことも重要な立ち回りの一つであることもまた事実です。
これらのことからわかるように、ICOに参加することよりも、上場直後下落するという法則を見越したうえで再浮上を狙って購入するという方法も少なからずありだということです。
もちろんそこから値段が上がるという保証はどこにもありませんが、BancorやStatusのように、値段が下がってからもう一度利用価値が見いだされて値段が上がるということもあります。
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ICOとIPOの違いを分かりやすくまとめて、さらにICOの良さを伝えたい。

ICOとIPOの違いを分かりやすくまとめて、さらにICOの良さを伝えたい。

COMSAの登場によって国内でもICOという言葉を耳にするようになりました。 このICOとは一体何かという所を含めて紹介します。
じょにー | 77 view
仮想通貨の時によく聞くICOってなんだ?その仕組みや内容を紹介!

仮想通貨の時によく聞くICOってなんだ?その仕組みや内容を紹介!

IPOは聞きなじみがあってもICOはあまり聞いたことが無い人も多いかもしれません。 仮想通貨における上場の時に使われる言葉で、今後投資を考える人にとっては忘れてはならないキーワードになってきます。
じょにー | 126 view
ICOという言葉が最近よく目にするようになったけどいったい何?

ICOという言葉が最近よく目にするようになったけどいったい何?

仮想通貨を利用した資金調達の方法として、ICOとよばれるものがありますが、正直何かわからないという人も多いと思います。 仮想通貨を覚えた後はこちらのICOという言葉に着目してみるとワンランク上の仮想通貨ユーザーになれると思います。
じょにー | 107 view
わずか数分で1億円調達も可能! 「ICO」成功の5つのポイント

わずか数分で1億円調達も可能! 「ICO」成功の5つのポイント

一般的な投資で集める金額は一社ずつ回ってアピールしてレバレッジなどを決めてやっとの思いで受けることが出来るというイメージですが、ICOではウェブ上で気になるサービスであれば多額の金額を出資してもらうことが出来ます。
じょにー | 168 view
ICOのなかでも割と知っておかないといけないクラウドセールとは

ICOのなかでも割と知っておかないといけないクラウドセールとは

ICOはいわゆる仮想通貨開発への投資へとつかわれることもありますが、その中でもクラウドセールという単語を見ることがあると思います。 その時に知らないようでは話にならないので知ってもらえたらと思います。
じょにー | 136 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー