2017年12月14日 更新

ビットコインゴールドで利用する取引所の口座・・リスクもしっかり考えよう

ビットコインが分裂しビットコインゴールドがビットコイン保持者に配布されるかもしれないという噂が信憑性を増しています。ビットコインの取引所に口座を持っている人は、この先誕生するといわれているビットコインゴールドについて理解しておくことが必要でしょう。

ビットコインの口座とは?

 (20887)

既にビットコインの取引など行っている方は、口座を開設していると思いますが、口座を開設する際にはビットコインのソフト、完全版か簡易版をインストールする方法と、インターネット上にウォレットを作成する方法、さらに取引所にウォレット、つまり口座を作る方法があります。

このうち、ただウォレットとして利用するのではなく、取引所で取引「トレード」を行いたいということなら取引所で口座を開設します。例えばcoincheckとか、bitFlyer等の取引所で口座を開設し取引で利用するということになります。

BitFlyerは前回、ビットコインがビットコインキャッシュになった時、対応が早かったことでも知られていますが、こうした取引所に口座、ウォレットを作る事で仮想通貨交換取引や信用取引、FXなどのサービスを利用できるようになります。
 (20889)

ビットコインゴールドの特徴とは?

 (20891)

ビットコインゴールドの場合、コンセンサスアルゴリズムがEquihashであるという点です。現在のビットコインのマイナーは中国に大きく偏り、これを危惧してEquihashとしたようです。

ビットコインのマイナーが中国に偏ってしまった理由は電気代の安さ、土地の安さ、さらにビットメイン開発のAsicが要因といわれています。この偏りを改善するために、プルーフ・オブ・ワークをEquihashに変更したのです。Equihashに変更しGPUによってマイニング可能となったことで、強力な力を持っているマイナーの力を分散させることができるのではないかと考えられています。

つまり分裂によって、現在の中国のような力を持ったマイナーが存在するのではなく、程よくマイナーを分散させることを意図して誕生する可能性を持っているのがビットコインゴールドといえるでしょう。

取引所によって対応が異なる事を理解して

 (20894)

前回、ビットコインがビットコインキャッシュに分裂した時には、どうなるのか予想もつかず、ビットコイン保有者が右往左往したことによってハードフォーク手前に暴落したという現実がありました。ここで損をしたという人は、ハードフォークが起る周辺時期、特に注意して動きをみていくことが重要と考えていると思います。

今回ビットコインがビットコインゴールドに分裂、ハードフォークした時、何が起こるか正確に予想できる人はいないと思いますが、ハードウォレットにビットコインをいれておくことで受け取り可能になるといわれていますし、取引所の口座に預けている人も、ビットコインキャッシュの時と同様に割り当てられるといわれています。

ただ金融庁への登録が始まっている状態なので、ビットコインを個客のウォレットに割り当てする場合、取扱い許可申請が必要になり、取引所の声明に耳を傾けておく必要があります。

ハードウォレットと取引所の口座(ウォレット)のリスクも知っておく

取引を行う場合には、取引所に口座が必要ですし、ビットコインはハードウォレットに入れて管理する、また取引所の口座、ウォレットに入れて管理することができます。それぞれにメリットがありデメリットもあるので、ハードフォークが起る前に、そのリスクなどを理解し、どこに保管しておくべきなのか、注意点なども知っておくべきです。

ハードウォレットの場合、仮想通貨を安全な場所に管理しているのでハッキングによるリスクはありません。ただハードウォレットはUSBなどの物理的に存在するものとなるため、紛失、破損といったリスクがある事を理解しておくべきです。保管場所を決めて丁寧に、破損しないように扱うことが求められます。

また定期的にファームウエア更新があるので英語の理解が必要となる事もあり、リカバリなども必要です。こうしたことが面倒、また機会に弱いという人は取引所の口座の方が安心といえます。

取引所の口座の場合、ハッキングによって資産が失われるというリスクを消すことが出来ません。ただし、現在多くの取引所で預かっている顧客のビットコインはインターネット接続しない環境で管理しているため、安全度が高くなっているといわれています。

こうした管理はコールドストレージと呼ばれますが、このシステムの導入によってビットコインの取引所口座は以前よりもずっと安全性の高いものとなっています。

取引所アナウンスに注目しておくべき

 (20899)

ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、さらにビットコイン2Xという分裂が起るとされている現在、その対応については取引所アナウンスに注目しておくことが重要です。ハードフォークによって公開前マイニングで発行通貨が開発者の手元に戻る、プレイマンができるので、大きな取引と考えられます。

いずれにしても取引所のアナウンスをしっかり聞いて情報を聞きもらすことがないように、このハードフォーク時期を乗り越えていく必要がありそうです。
15 件

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3