2016年7月5日 更新

投資の材料になるのかはイーサリアムの歴史から考えよう

イーサリアムが投資の材料になるかどうかというのは、今の段階ではそれほど深い知識を持っている人が少ないと思うので判断できかねると思います。自分にとって闘志の材料になるのかどうかは、イーサリアムの歴史を知っていくことで少しは判断できるのではないでしょうか。

まだ浅い歴史

イーサリアム in news, analysis and review - CoinTelegraph (9466)

イーサリアムの構想は2013年にVitalik Buterinにより示され、その構想はGavin Woodにより学術的な整理がなされた。また、プラットフォームの開発においては、2014年2月にProof of Conceptの最初のフェーズ (PoC-1) として、プログラミング言語C++で実装されたクライアントがリリースされた。以降、順次開発が進められ、POC-9である「Olympic」を経て、2015年7月30日に最初のβ版である「Frontier」がリリースされた。
イーサリアム in news, analysis and review - CoinTelegraph (9468)

実は始まって、まだ三年ほどしかたっていない仮想通貨だというのをご存知ではない人も多いのではないでしょうか。ですが、この僅か三年という期間の中にも多くの人が可能性を見つけているのがイーサリアムといえます。

創立者の話では

イーサリアム創立者Vitalik Buterin氏、長期的な展望を語る | BTC News ビットコインニュース (9471)

イーサリアム創立者Buterin氏は、イーサリアム創業の背景として、まず最初にビットコインに興味を持ち、それがブロックチェーン技術へ目を向けることにつながったと話しました。公開ブロックチェーンのオープンでパーミッションレスな性質こそが、Buterin氏がこのエコシステムに惹きつけられた理由でした。
「12歳の子供が次世代の金融システムを作れる可能性があるところが面白いと思っています。それが、私がブロックチェーン技術に惹かれた理由ですね」
Free stock photo: Clock Tower, Historically, Movement - Free Image on Pixabay - 190677 (9473)

イーサリアム自体にもブロックチェーン技術が用いられている理由というのが、創立者のこの話から読み取ることができます。こういった創立者の話の歴史を聞いておくことで、イーサリアムの成り立ちや概念というのが読み取れます。またこの話から今のイーサリアムに用いられているブロックチェーンを今後もっと発展していくような気がします。

歴史的に重要な一年?

仮想通貨・ビットコインで「3億円」を達成し、シンガポール移住を目指す (9477)

プライベートとセミプライベート(あるいはコンソーシアム)のブロックチェーンが共存する形で頭角を現し、イーサリアムのパブリック・ネットワークとともにビジネス・ソリューションの主流となり得るだろう。
各国の政府や規制機関はブロックへの理解を高め、金融業界もブロックチェーンの利用を継続するほか、IBMといった大手企業がイーサリアムと提携することが期待される。
イーサリアムが「ブロックチェーン業界のリーダー」としての地位を不動のものとする1年になることは間違いない。
Bitcoinを脅かすEthereum(イーサリアム)を作った男、そしてさらなる新・革命へ・・・|次世代暗号通貨ゲームプラットホーム【CARDANO(カルダノ)】、"万能"暗号通貨ADA(エイダ)コインの徹底解剖ラボ (9482)

イーサリアムの関係者が今年は歴史的に重要な年だという発言をしています。その理由というのが、イーサリアムは自動で記録していくことになるので、基本的には不正などができない仕組みになっています。なので、各国の政府機関などもこの仕組みには興味を示す可能性が今後は高くなっていくようです。色々な企業なども絡んでくるという意味でも、この2016年というのがイーサリアムの歴史としても重要な1年となってくるようです。

本格的に学びたい方は

特別編 ブロックチェーン発展の歴史-ビットコインからカラードコイン、NEM/Mijin、イーサリアム、プライベートチェーンまで | Peatix (9481)

本講義では、昨今さまざま存在する多種多様なブロックチェーンについて、歴史をひもときながら、その位置づけと違いを学びます。
2009年に初めて登場したビットコインから、アルトコイン、カラードコインを経て、NXTやNEMといった2.0のプラットフォーム、イーサリアムやDAOといった最新の展開までを追います。またその派生ででてきた、企業内の応用としての、プライベートチェーンや、ビットコインとのハイブリッドであるサイドチェーンについても解説します。
どのブロックチェーンがどういう機能をもち、どういう違いがあるのか、概要を理解したい人に最適の講義です。
塙蓮斗(@hanawarento)さん | Twitter (9483)

イーサリアムの歴史を調べるということはブロックチェーンの技術を学ぶということに重なってきます。自分で学べる範囲に限界を感じてしまうような場合は、こういった外部の講義なども盛んに開催されているので積極的に受けるのも良いと思います。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

投資する前に知っておきたい!イーサリアムとは何ですか?

投資する前に知っておきたい!イーサリアムとは何ですか?

話題になればなるほど、イーサリアムのことを目にするのは良いことだと思いますが、最初に基礎のイーサリアムとは?というのを考えたことがありますか?もしもまだないということであれば、開始して間もない今のうちにイーサリアムの基礎を知っておきましょう。
turubo | 323 view
イーサリアムに投資をするのなら高騰の要因を探ろう

イーサリアムに投資をするのなら高騰の要因を探ろう

将来の資産について、投資というのは非常に重要な要素です。イーサリアムに興味を持つ人が最近では多くなりましたが、やみくもに資金を投入しているのでは、うまくいきません。真剣に投資を行う際には最低限のこととして高騰の要因は調べておきましょう。
turubo | 833 view
どこならイーサリアムで信用取引をチャレンジできるのか?

どこならイーサリアムで信用取引をチャレンジできるのか?

投資で利益を大きく求めたいと考えるのであれば、信用取引を思い浮かべる人も多いと思います。今、勢いに乗っているイーサリアムですが、信用取引も行っている取引所があるのかどうかを調べてみました。良ければ自身で取引を行う際の参考にしてください。
turubo | 820 view
今のうちにイーサリアムに投資で億万長者になれるのか?

今のうちにイーサリアムに投資で億万長者になれるのか?

価格の上下が激しい商品というのは、億万長者になれる可能性を秘めているといわれます。そういった意味でイーサリアムがまだ初期のうちから投資しておくのが可能性的にも良いと思うのですが、実際に投資といってもどうやればよいのか調べてみました。
turubo | 3,986 view
リップルコインへの投資は?将来性などから考えてみよう!

リップルコインへの投資は?将来性などから考えてみよう!

大手企業による出資や提携が相次ぐリップル社が生み出した仮想通貨「リップルコイン」。一部の投資家たちからも投資対象として検討されているリップルコインの投資について考えてみました。
麻衣 | 832 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

turubo turubo