2016年7月25日 更新

プラットフォームを理解すると≪イーサリアム≫が分かる♪

ブロックチェーンで構築するイーサリウムは、プラットフォームのオリジナリティーの高さと拡張性が大きな注目を集めています。世界中から注目されているイーサリウムのプラットフォームについて、日常生活への関係性も含めてまとめます。

コンピューティングにおけるプラットフォーム

 (11116)

プラットフォーム(英: computing platform)とは、コンピュータにおいて、主に、オペレーティングシステム (OS) やハードウェアといった基礎部分を指す。
プラットフォームとは、あるソフトウェアやハードウェアを動作させるために必要な、基盤となるハードウェアやOS、ミドルウェアなどのこと。また、それらの組み合わせや設定、環境などの総体を指すこともある。
古くからコンピューティングの世界では、基本OSの事をプラットフォームと呼んでいました。
そのため、ブロックチェーンがプラットフォームと言われても、ピンとこない方もおられるでしょう。

近年では開発スピードの進化に合わせて、プラットフォームとは、システムを動かすための環境全体を指す言葉として一般化しています。

イーサリアムのプラットフォームは?

 (11121)

イーサリアムはプログラムデータを公開するオープンなプラットフォーム。そのため、不正防止や履歴が追えるなどのメリットがある。また信頼できる第三者が必要ないため、持ち逃げや破綻などのリスクが低いというブロックチェーンの特長を保持している。
イーサリアムのプラットフォームはブロックチェーン。

ブロックチェーンは外部からの侵入に弱点がある、コンピューターの基本OSとは違い、不正防止システムが非常に強固です。

ハードウェアーをサーバーに頼るシステムは、サーバーが故障しないように定期的にコストをかけてメンテナンスし、サーバー自体が盗難されないようにセキュリティーにもコストをかける必要があります。

ブロックチェーンは特定の機器に頼らないシステムなので、システム全体の盗難を恐れる必要がないという点で、従来のプラットフォームでは実現できなかったセキュリティーレベルを実現しています。

ブロックチェーンがプラットフォームである利点

 (11125)

ブロックチェーンは、単一障害点がないシステムです。中央管理的なシステムは、データを管理するコンピューターが処理集中でダウンする、ハッカー攻撃が集中する、内部者による不正が生じるといったリスクが生じます。しかし、分散型元帳は永久的な電子記録媒体と言えます。多数の参加者が元帳を分散して管理していけば、その全てが同時に破壊されない限り、システムは動き続けます。

この特徴を利用して、土地登記への活用、婚姻届、出生届、公的年金記録等、また、宝石、貴金属、ブランド品等の所有権者登録の手段等、確実な記録が可能ということでこれらの利用も見込まれます。
 (11128)

ブロックチェーンをプラットフォームに採用するイーサリウムは、官公庁の個人データベースに代わる可能性もあるのですね。
このブロックチェーンの特徴を生かすことで、各種の契約や一連の業務を自動的に実行する構想がイーサリアム上で次々と登場し始めています。
 (11130)

すでにイーサリアムのプラットフォームを活用するプロジェクトが、具体的に動き始めています。

マイクロソフトのプラットフォーム上にもイーサリアムが載っています

 (11133)

イーサリアムのプログラミング言語Solidityを直接マイクロソフト社のVisual Studioプラットフォームに構築することにより、開発者は分散型アプリケーション(dapps)を、既知の統合環境で、構築、テスト、そしてデプロイすることができます。
昨年末、マイクロソフト社がイーサリアム基盤のブロックチェーンを導入しました。これがイーサリウムの火付け役となり、世界中でイーサリアムが注目されました。

マイクロソフトがイーサリアムを導入した背景は、イーサリアムを活用することでマイクロソフトは、ブロックチェーンテクノロジー導入のコストおさえることができ、容易にブロックチェーン基盤のアプリケーションを使えるようにするためです。

海外の大手ビットコイン運営所である「Bitcoin.com」の記事で、弊社COO大塚が語るように、ビットコインは「通貨」として注目されていますが、イーサリアムは「通貨」としてだけでなく、他のサービスでも活用されるプラットフォームとして注目されています。
プラットフォームの拡張性という点で、イーサイウムの将来性は非常に高いといえるでしょう。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ibmと提携も!】高騰必死のイーサリアムに注目!!

【ibmと提携も!】高騰必死のイーサリアムに注目!!

マイクロソフトとの提携で価格が急騰したイーサリアム。IT業界からの注目度も大きく高まっています。次の提携先はIBMであろうという噂も流れる中、イーサリアムとIBMの提携可能性や、ブロックチェーンの大きな将来性についてまとめます。
letyour8 | 934 view
ICOの可能性とリスクについて調べてみた

ICOの可能性とリスクについて調べてみた

そんなとき、何をさておき必要なのは、お金です。銀行に借りる? 株式を発行して投資家に買ってもらう? そうした従来の手法と違い、今、注目されているのが「ICO」。何かと話題の「仮想通貨」を使った資金集めです。世界では、ことしだけで1000億円を超える資金が集まったとも言われ、国内でも活用例が出始めています。
じょにー | 69 view
なぜ匿名コイン「ジーキャッシュ」が上がると考えるのか+仮想通貨の闇に迫ってみた

なぜ匿名コイン「ジーキャッシュ」が上がると考えるのか+仮想通貨の闇に迫ってみた

コインチェックを見るとジーキャッシュがAlphaBayというサイトで、正式に採用されたことによって価格を順調に上げています。 倫理的な是非はともかく、Zcashはこれからも値上がりを続けると思いますので記事にしました。
じょにー | 196 view
仮想通貨応用の道を広げるジーキャッシュとは?

仮想通貨応用の道を広げるジーキャッシュとは?

Bitcoin(ビットコイン)をはじめとする、仮想通貨の認知度がここ数年で一気に高まっている。2017年には改正資金決済法が施行され、仮想通貨についても法律で規定されることになった。その結果、仮想通貨の取引所は法的根拠を持つ一方で、規制の対象にも組み入れられた。
じょにー | 72 view
世界的な大手銀行『JPモルガン』が興味を示すジーキャッシュとは??

世界的な大手銀行『JPモルガン』が興味を示すジーキャッシュとは??

zcash(ジーキャッシュ)に注目している方にとって嬉しいニュースが報道されました。あの世界的な大手銀行であるJPモルガンがzcash()ジーキャッシュと提携を行なったと正式に発表したようです。 zcash独自の『ゼロ知識証明』の技術がJPモルガンに高く評価されたことにより、今後この技術を取り入れるという話をしています。 世界的な大手銀行であるJPモルガンが動いたということは、このzcashの認知度も飛躍的に上がっていくことでしょう。
じょにー | 96 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

letyour8 letyour8