2017年11月17日 更新

ビットコインキャッシュが誕生して取引も順調におこなれるようになった!

ビットコインキャッシュが7月の末にフォークされて生まれました。 既に国内外の取引所で取引が始まっています。 ハッシュパワーが低いという情報も出ていて当初の予定よりもブロックが生成されないのではといわれていましたが、現在では改善してブロックのサックツが進んでいます。

ビットコインキャッシュ(ビットコインキャッシュ)が誕生

2017年の8月に分裂の騒動のさなかでビットコインキャッシュが誕生しました。
既に国外の販売所ではBittrex、BTCBOX、Krakenなどの取引所で取引が開始されています。
最初の話ではハッシュパワーが低くマイニングするブロックが生成されない状況でしたが、現在では9ブロックまで採掘されています。
現在では1BCC(BCH)あたりの値段が6万円前後で安定しています。
そもそものビットコインキャッシュの付与され具合ですが、Bittrex、BTCBOX、Krakenなどの取引所に保管していたビットコインに対してはそれと同等額のコインが付与されました。
今後、他の取引所やウォレットに保管していたビットコインに対してもその分の保証がビットコインキャッシュで行われるようであれば状況が変わる可能性があります。
bitFlyer、coincheck、Zaifといった国内の取引所ではまだビットコインキャッシュがユーザーに対して与えられておらず、
雰囲気を見る限り、一気に売却されてしまう可能性もありそうです。
ビットコイン価格は分裂前後の時間に激しい価格の変動がありました。
その乱高低はあったものの結果的には分裂前よりも価格としては上がっている状態で、
現時点ではビットコインキャッシュ誕生により心配されていた下落はなかった形になります。
ですが、今後主要な取引所がビットコインキャッシュに対応し価格が変化していけばビットコインにも影響を与える可能性はあるともいえます。

ビットコインキャッシュは存続するのか

現状期待されていた数値よりもビットコインキャッシュの掘る力、いわゆるハッシュパワーは低い状態を維持しています。
果たして誕生して間もないのにこの状態で存続していくのは可能なのでしょうか。
ブロック報酬が低く、今後価格が付くかどうかわからないビットコインキャッシュに対してユーザーが固執して安定的にマイニングしていくかといわれれば疑問が残るばかりです。
一応分裂騒動も落ち着いて価格面も落ち着いていることからビットコインキャッシュは誕生したと端的には言えますが、今後どうなっていくかの先行きは決して晴れやかなものとはいいがたい状態です。
まずは主要な国内外の取引所の対応がどうでるか、どのような変化を見せるか中期的な視点を持つのが注目されると思います。
最大手である取引所のBitmainがサポートするような状況になれば、市場をけん引していくのだという期待の部分から大きく動いていきそうですがそのあたりも不透明なので、しばらくは全体的にビットコインキャッシュにはどう動くか世界的に注目が集まっています。
一方で海外の取引所では既にビットコインキャッシュへの付与の対応が分かれています。
ただ、予想以上にサポートする取引所が多く、これはユーザーを守るための処置として行われているそうですが、その分あぶく銭が出来たということで他のコインなどにも活発に売買が行われる可能性もありそうです。
海外の取引所を利用していてビットコインキャッシュをサポートしないと発表している場合は、資産的には損をしてしまう傾向が強いので8月1日までにビットコインを引き出しておくのが賢明かと思われます。
ビットコインキャッシュの対応している取引所かウォレットに送金するといいでしょう。

海外取引所のビットコインキャッシュへの対応

Free vector graphic: Bitcoin, Gold, Currency, Coin - Free Image on Pixabay - 2670336 (20079)

Coinbaseはアメリカ最大の仮想通貨の取引所です。
ビットコインキャッシュへの対応は行わないという対応を発表しており、仮にビットコインキャッシュを取引したい場合は今利用している口座からビットコインをあらかじめ別のチェーンや取引所などに引き出すようにアナウンスしています。
また国内でもユーザーが多いPoloniexは、アナウンスはしているものの立場は明確にしていません。サポートするかは状況を見て判断すると発表しています。正直Coinbaseほど明確にしてくれた方が利用者側としてはやりやすいのですが、こう中途半端な対応を取られると信用に値しないと言わざるを得ません。
Bitstampはヨーロッパ最大級の取引所ですがビットコインキャッシュについてサポートしないと明確に発表しています。
ビットコインキャッシュにおいては日本と違い海外取引所では適用しないであったりサポートをしない発表している場合も多いです。所謂既存のユーザーを守るための配慮ともいえます。
サポートすると発表している大手は、Bitfinex(香港)、Kraken(アメリカ)、bithumb(韓国)などになります。
要は今回の分岐で得をした国の人たちが多いところは協力的であるという見方が正しいのかもしれません。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットコインの承認時間の長さや手数料の高騰のため、2018年2月1日よりビットクラブの支払いがビットコインキャッシュでの支払いに変わります。
しょーじ | 1,263 view
ビットコインキャッシュの保有に対しての注意点とはなにか

ビットコインキャッシュの保有に対しての注意点とはなにか

ビットコインからフォークが行われてビットコインキャッシュが生まれましたがこれらの扱い方を知ってもらえたらと思います。
じょにー | 226 view
今後の景気を鑑みながら仮想通貨の分裂を考えてみる

今後の景気を鑑みながら仮想通貨の分裂を考えてみる

価格の推移を含めて分裂騒動を見ていきたいと思います。 背景を知っていれば分裂がなぜ起きたのかというのがわかるかもしれません。
じょにー | 110 view
ビットコインゴールドによってビットコインがまた値上げ??

ビットコインゴールドによってビットコインがまた値上げ??

なぜビットコインゴールドが誕生するのにビットコインが値上げするのか、そう思った方もいると思いますが、リードオフマンであるBTCは他の仮想通貨とも密接な関係であるからです。そのあたりも含めてご紹介しましょう。
じょにー | 664 view
ビットコインゴールドがもらえるとして、それを受け取る際に気を付けなければならないこと

ビットコインゴールドがもらえるとして、それを受け取る際に気を付けなければならないこと

どうなるかわからなかった分裂問題から解決策としてビットコインゴールドが生まれました。 これをもらう際の注意点などを覚えていてもらいたいです。
じょにー | 568 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー