2018年2月21日 更新

楽天が出資したBitnet 、日本航空など250を超える航空会社のUATPと業務提携

楽天が出資した決済代行サービス ”Bitnet"が、日本航空、アメリカン航空など250を超える航空会社の決済ネットワークUATPと業務提携しました。これにより搭乗券のビットコイン決済が可能になりました。

Bitnetが新たにUATPと業務提携。ビットコインが、250を超える航空会社の搭乗券決済に加わる。

楽天が出資したことでも有名となったBitnetがアメリカン航空やユナイテッド航空などの、日本航空を含めた250社以上の航空会社の法人決済ネットワークUATPと業務提携を結びました。

このUTAPについて知らない人もいるかと思いますが、これは「universal air travel plan」の略で、意味は共通航空券信用販売制度となっております。法人向けの旅券クレジットカード決済システムのことで、旅行日程や帳票といった処理を簡略化しそこにかかるコストを減らすことができるようになります。

なぜこのように多くの航空会社から信頼を勝ち取っているUTAPと業務提携をすることができたのでしょうか。
搭乗券決済にビットコインが加わる!

搭乗券決済にビットコインが加わる!

法人向けにビットコイン決済代行サービスを展開するBitnetが、日本航空、アメリカン航空、ユナイテッド航空など250を超える航空会社の法人決済ネットワークUATPと業務提携を結んだことが明らかとなった。

UATPは共通航空券信用販売制度(universal air travel plan)の略称であり、法人向けの旅券クレジットカード決済システムだ。企業はUATPを使用することで、UATP主要株主である航空会社13社の発行するカードを使用し、旅行日程や帳票など煩雑な処理に係るコストを軽減させることが出来る。
多くの航空会社が次々に導入を決める背景には何があるのでしょうか。
bitclubmining

多くの企業がビットコイン決済を導入する背景には?

チャージバックリスクが導入の背景か

チャージバックリスクが導入の背景か

さまざまな企業のビットコイン決済導入の背景には、クレジットカード決済の取消・不正利用によるチャージバック発生という問題がある。クレジットカードは世界中で利用でき、極めて利便性の高い決済手段であるが、チャージバックリスクはすべからくリテーラーの収支に直結する問題であり、企業努力だけでは対処しきれない頭の痛い問題である。
導入の背景にチャージバック発生の問題があることがわかりました。これは航空会社だけではなく様々な企業に関わる問題でしょう。

line

アルトコイン訴求

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

さまざまな企業が頭を痛めるチャージバックリスクとは?

チャージバックリスクとは

チャージバックリスクとは

チャージバックとは、クレジットカード会員が不正利用等の理由により利用代金の決済に同意しない場合に、クレジットカード会社がその利用代金の売上を取り消すことです。その結果、EC加盟店はその利用代金をカード会社に返金しなければならず、商品もかえってこないため、損害が発生します。
社団法人日本クレジット協会の発表によると、オンラインによるクレジットカードの不正利用額は日々増しており、今後も増加が予想されるため、早めの対策が必要です。
日々増加する、オンラインによるクレジットカードの不正利用対策の1つとして、ビットコイン導入があるのですね。 それでは、決済代行サービス会社であり、楽天が出資した”Bitnet"はどんな会社でしょうか。

決済代行サービス ”Bitnet"はどんな会社?

「Bitnet」ビットコインのデジタル決済プラットフォ...

「Bitnet」ビットコインのデジタル決済プラットフォーム提供

Bitnetはアメリカのサンフランシスコとイギリスのベルファストにオフィスを置く2014年に作られた非常に新しい企業です。このように新しい企業ではありますが、世界最大の決済ゲートウェイ「CyberSource」のメンバーで構成されていることからも、この業界に詳しい方々なら技術力は信頼できる会社と言えるでしょう。

この会社は特徴として大規模な決済ゲートウェイの構築の主役となったメンバーで編成されているので、技術力に確固たる自信があり世界中の現地通貨への直接的な交換対応にかなり精力的に乗り出しております。

この会社の創設者でありCEOのJohn McDonnellは多国籍小売企業や旅行代理店といったところが受け入れのためのシステムを開発していると発言していて、世界と取引できる環境を整える動きを見せております。
ビットコインのデジタル決済プラットフォームを提供する「Bitnet」は、米国・サンフランシスコとイギリス・ベルファストの2箇所にオフィスを置き、CEOであるJohn McDonnellと、CTOのStephen Mc Namaraによって2014年1月に創設された比較的新しい企業だ。 BitPayやCoinbaseと比べるとやや後発であるが、Bitnetの開発チームは、2010年にVISAに20億ドルで売却された世界最大の決済ゲートウェイ「CyberSource」のメンバーで構成されているため、技術力では一切劣っていないと言える。

Bitnetは調達資金をプロダクトの販売、マーケティング、顧客サポートチームの編成、及び欧州アジアに進出し、国際的なプレゼンスを拡大するために運用すると語る。Bitnetの特徴としては、上記したような大規模な決済ゲートウェイの構築に携わった実績あるチームで編成されていることだけでなく、世界中の現地通貨への直接的な交換対応に積極的であることだ。一国の通貨に依存しているだけではクロスオーバー取引のコストを避ける事が出来ない。彼らはそれを理解し、やり遂げる意思を持っている。
 (619)

The world’s digital commerce platform

If you’d like to talk to someone about an enterprise-scale digital currency platform for your organization, click below and say hello.
14年10月に大手通販”楽天”がBitnetに出資しパートナーになったことが話題になりました。このことについて、楽天がリリースしたニュースで詳しく見ていきましょう。
 (621)

Bitnetに投資した楽天。海外マーケットプレイスにビットコインを導入。

楽天 新たな決済手段としてビットコインを導入

楽天 新たな決済手段としてビットコインを導入

日本におけるビットコインの信用度は消失事件により失墜してしまい、投資目的の人以外からは信用度がほとんど無いといっても良い状態でした。しかし、日本最大級のネット通販サービスを提供している楽天が採用に動いたというのは非常に大きな意味を持ち、そこまで詳しくない方々からも「実は信用できるのでは?」と考えられるようになります。

ネット通販サービスにおいて仮想通貨を使うことのメリットは非常に大きく、クレジットカード決済手数料やクロスボーダー取引の手数料がほぼなくなることや、クレジットカード会社が利用代金の売上を取り消す必要が出てしまうチャージバック対策をしなくてもよくなるためコストダウンにもつながります。

楽天が参入したことで爆発的な普及が期待されておりますので、日本でも一気に普及するかもしれません。
- 米Bitnet社を通じ、より安全で便利な決済を提供 -
楽天株式会社は、米国Bitnet Technologiesが提供している決済処理プラットフォームを楽天の海外マーケットプレイスに統合し、新たな決済手段としてビットコインを導入することになりましたのでお知らせいたします。まず米国のRakuten.com(ラクテン・ドット・コム)に導入し、ドイツのRakuten.de(ラクテン・ドット・ディーイー)とオーストリアのRakuten.at(ラクテン・ドット・エイティー)にも今年中をめどに導入する予定です。

この導入により出店店舗の国際競争力が強化され、「インターネットを通じて人々と社会をエンパワーする(力を与える)」という楽天のビジョンを後押しするとともに、決済の安全性、プライバシー保護、簡便性を向上させることで社会をより豊かにできるものと期待しています。これが昨年楽天がBitnet社に資本参加した理由の一つであり、Bitnet社と楽天は、今後も世界をエンパワーし続けるべく協力してまいります。
楽天がBitnet社に資本参加した理由がよくわかりました。この導入により、「決済の安全性、プライバシー保護、簡便性」が向上すると期待する楽天。Bitnet社と楽天の動向にこれからも注目したいところです。

インパクト大!日本最大級のネット通販 楽天のビットコイン採用。

遂に、楽天がビットコイン採用に動く

遂に、楽天がビットコイン採用に動く

その中で、遂に日本最大級のネット通販サービス楽天が採用に動いた。このことは日本のオンライン通販業界に衝撃を与え、地位は格段に上がることとなるだろう。その理由を下記に示す。

1. クレジットカードの決済手数料は、収支決算の際に出店オーナーを悩ませるが、手数料はほぼ掛からない。

2. クロスボーダー取引による手数料は、海外向け通販への参入障壁となるが、気にする必要がない。

3. 取引は即座に実行されるため、チャージバック対策をしなくてもいい(楽天の場合チャージバック保険に加入することで補償を受けられる/ビットコイン支払オンリーの場合)。

4. (1. 2. 3.)を加味すると、決済においてはコストダウンの結果、商品価格を安くすることが可能となり、消費者にもメリットがある。

5. 楽天の出店店舗数41,817店舗、ユニーク購入者数1,469万人という莫大なユーザー基盤はムーブメントを起こすには充分すぎる。
楽天の導入を受けて、NTTドコモ、リクルートなども動いていますね。詳しく見ていきましょう。

国内大手企業も続々参入。ビットコインへの期待。

時代は来るのか?楽天、NTTドコモ、リクルート……。仮...

時代は来るのか?楽天、NTTドコモ、リクルート……。仮想通貨の将来に、先行投資。

楽天、NTTドコモ、リクルート……。仮想通貨の将来に、先行投資する企業が増えている。時代は来るのか? それが最大の関心事だ。

ネット通販大手の楽天は昨年10月、決済システムを提供する米ベンチャー「ビットネット」に出資し、今春から米国向けのネット通販事業を皮切りに、ビットコインでの買い物を可能にする。NTTドコモも今年1月、取引所を運営する米ベンチャー「コインベース」に出資した。リクルートはビットフライヤーの第三者割当増資を引き受けている。

これらは、インターネット通販などの電子商取引(eコマース)の普及を見据えた動きだ。
国内の大手企業も次々に参入している”ビットコイン”ですが、一般では、一部の人を除き日本での利用者の数はまだ多いという印象ではありません。仮想通貨に対する正しい理解と運用の仕方を知る必要がありそうです。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

暗号通貨の成長により各ICOがトークン価格を見直しへ

暗号通貨の成長により各ICOがトークン価格を見直しへ

継続的成長の期間のあとETHとBTC価格は最近大きく変動し、ビットコイン価格は2017年12月17日、19,783ドルという最高値を付けその後14,129ドルへと大晦日に下落し、本稿時点で10,654ドルである(参照元:コインデスクBitCoin価格指数)。2017年の持続的な暗号通貨の成長のおがげで、2018年1月の調整より前、多数のICOが市場を勘案してトークン価格を引き下げる必要を感じていた。
管理者3 | 167 view
暗号通貨と呼ばれるジーキャッシュとは。珍しい特徴も紹介!

暗号通貨と呼ばれるジーキャッシュとは。珍しい特徴も紹介!

今専門家の中でも注目を浴びているジーキャッシュについて解説。 仮想通貨と呼ばずに暗号通貨と呼ばれる意味なども併せて紹介します!
じょにー | 192 view
仮想通貨のクラウドセールは魅力大!【大きなリターン】

仮想通貨のクラウドセールは魅力大!【大きなリターン】

新たに世に出る仮想通貨を気軽に入手できるクラウドセールに注目が集まっています。安全で大きなリターンを見込む事のできる、仮想通貨のクラウドセールについてまとめます。クラウドセールは仮想通貨の普及に弾みをつけるでしょう
letyour8 | 1,156 view
ビットコインをwikiで調べたら様々な事がわかります。

ビットコインをwikiで調べたら様々な事がわかります。

ビットコインとウィキペディアの関係は切っても切れない関係にあります。そこで今回はウィキペディアで載った情報と、その用語や事象から調べたことを中心に掲載しようと思います。それによって知った情報を引用してみる事によって、さらに詳しく調べます。
nekomimimanaka | 656 view
【通貨単位】ビットコインを始める際に知っておくべきこと!

【通貨単位】ビットコインを始める際に知っておくべきこと!

ビットコインを始める上で知っておきたいことはたくさんありますが、今回は「通貨単位を理解する」というところをピックアップします。通貨の価値を知るにも、また送金をスムーズに行うためにも重要です。
Michiru | 2,723 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

うさぎ うさぎ