2017年9月4日 更新

バンコールのICO【ケインズの理論が仮想通貨に】

イギリスの経済学者ジョン・メイナード・ケインズの理論を元に作られた仮想通貨バンコールのICOを紹介します。このICOでは、イーサリアムのネイティブトークンETHを用い、わずか3時間で167億円もの資金が集まりました。

そもそもバンコールって何?

バンコール(bancor)とは、イギリスの経済学者であるジョン・メイナード・ケインズとエルンスト・フリードリッヒ・シューマッハーが1940年~1942年に考えた、国に縛られない通貨です。
第二次世界大戦後の1944年7月のブレトン・ウッズ会議でイギリスが世界経済安定のためにバンコールの導入を提案して討論しましたが、アメリカの合意には至らず、実現には至らなかったという経緯があります。

バンコールプロトコルとは?

この「バンコール」の思想を仮想通貨の世界に取り入れて実現しようとしたのが、バンコールプロトコルです。

イスラエルで2017年設立されたBprotocol Foundationがプロジェクトをリードし、
バンコールプロトコルを推進するためのソフトウェアの開発は、
LocalCoin Ltd.のエヤル・ハートゾグ、ガイ・ベナッティ、ガリア・ベナッティが開発の主要な役割を担っています。

バンコールプロトコルは、イーサリアムのトークン標準、ERC20(イーサリアムのためのRFC)の交換をスマートコントラクトを用いて行うための中間トークンです。
 (19816)

バンコールプロトコルを使うことのメリット

バンコールプロトコルには以下のようなメリットがあります。

・継続的流動性
誰でも時間の関係なく、スマートコントラクトを通じて、購入したり売却することが可能です。

・下位互換性
既存のあらゆるERC20標準トークンに対して流動性と非同期価格発見性を持っています。

・スプレッドなし
一般の仮想通貨では売りと買いでは価格が異なっていてその差額が取引所の利益になりますが、
バンコールの場合はスマートトークンにより計算されるため、売りも買いも同じ価格となります。

・カウンターパーティリスクなし
スマートトークン間の変換のためには、デポジットを入金する必要がありません。

・低いボラティリティ
スマートトークンを確保して大きな市場深度を生み出すことにより、価格変動を押さえています。

・予測可能な価格のスリッページ
価格のずれが事前に計算されて、現在価格に組み込まれるため予測可能です。

バンコールのICOの状況

バンコールのICOは、2017年6月12日に実施され、
イーサリアムのネイティブトークンETHを用いたICOで、わずか3時間で167億円集まりました。
発行されたバンコールトークンの総量は 79,323,978 BNTです。
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

イスラエル発、現代に蘇るケインズ通貨バンコールのICO

イスラエル発、現代に蘇るケインズ通貨バンコールのICO

イーサリアムのネットワーク上で複数の仮想通貨取引所の注文を集めて流動性を高めることができるリクイディティプールとして機能させることを目標としているバンコールのICOを紹介します。
しょーじ | 67 view
ICOで行われるプレセールの情報を早めに知る方法

ICOで行われるプレセールの情報を早めに知る方法

最近では頻繁にICOのプレセールが行われています。それだけ仮想通貨のICOが増えているという現実があるのです。 それらをいち早く見つけるためにどういうサイトを活用すればいいかを紹介します。
じょにー | 101 view
ホワイトペーパーを制する者はICOを制するといっても過言ではないかもしれない

ホワイトペーパーを制する者はICOを制するといっても過言ではないかもしれない

仮想通貨とICOという言葉を調べていけばたびたび目にすることがあるホワイトペーパーという言葉。 このホワイトペーパーの重要性などを説明出来たらと思います。
じょにー | 47 view
ICO=ホワイトペーパーといっても過言ではない。

ICO=ホワイトペーパーといっても過言ではない。

ホワイトペーパーの良しあしでプロジェクトの雰囲気や成功確率も変わってくることがあります。 ICOにおけるホワイトペーパーの重要性を知るようにしましょう。
じょにー | 37 view
今更だけどICOが儲かるのかについて調べてみた。

今更だけどICOが儲かるのかについて調べてみた。

ICOとは、「InitialCoinOffering」の頭文字をとったもので、簡単に言えばIPOの原理と似ています。 取引所へと上場させることによって認知度を上げてトークンを販売し、それを基に資金を調達し、プランを完成させていくものです。
じょにー | 108 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

いっきゅうさん いっきゅうさん