2017年7月27日 更新

The DAOのICOとその後のハッキング事件

2016年5月1日にICOを行い、当時としては史上最高額の約150億円の資金を集めたが、ハッキングにより約65億円を失い、イーサリアムのハードフォークの直接の原因になった仮想通貨The DAOを紹介します。

The DAOとは?

 (19844)

The DAOとは、イーサリアムのネットワーク上で稼働するように設計されたもので、自立分散型組織(Decentralized Autonomous Organization)の略で名づけられました。
第三者が介入できない分散型プログラムで、ビジネスユースに新しい風を吹き込むことを目的として、Slock.itというドイツの企業により設立されました。

The DAOのICOとその後のハッキング事件について

The DAOは、2016年5月1日にICOを開始し、28日間で当時としては史上最高額の約150億円の資金を集めました。
しかしながら、その後2016年6月17日に送金機能のバグと分割機能により、攻撃者からハッキングされ、The DAOが保有するイーサリアム3,641,694ETH(約65億円)の資金が流出してしまいました。
この盗まれたイーサリアムは分割機能を使用しており、27日間は移動できないため、イーサリアムコミュニティとしては、2016年7月14日までに対策を取る必要が出てきました。
その後、攻撃者と同じ手法を用いたホワイトハッカーにより、残りの資金が安全な場所に移動されました。

ハッキング事件の解決策

イーサリアムコミュニティが提案した対策方法としては、
まずソフトフォークを行い、攻撃者が移動させたイーサリアムを凍結し、
さらにハードフォークを行うことにより、攻撃がされる前の状態に戻して、資金移動が無かったことにする
という案が出されました。

しかしながら、上記のソフトフォークはDoS攻撃に対する脆弱性も抱えることになるため見送られ、
ハードフォークのみ行われることになりました。

分離するイーサリアム

そして、ついに2016年7月20日、イーサリアムはハードフォークを行い、
イーサリアムクラシック(ETC)とイーサリアム(ETH)に分かれました。
イーサリアムクラシックが、攻撃をロールバックしないブロックチェーン、
イーサリアムが、ロールバックを行い攻撃を無かったことにしたブロックチェーンです。
分離前にイーサリアムを持っていた人には、自動的にイーサリアムクラシックとイーサリアムの両方を保有することになりました。
9 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

分散型アプリケーションに特化したEOSのICO

分散型アプリケーションに特化したEOSのICO

分散型アプリケーションに特化したプラットフォームEOSのICOを紹介します。EOSは、非同期通信と並行処理を採用し、1秒当たり数百万という、これまでにない規模のトランザクションを処理できる仮想通貨です。
スラッシュ | 43 view
分散型VPNプロジェクトMysteriumのICO

分散型VPNプロジェクトMysteriumのICO

ブロックチェーンベースの分散型VPNプロジェクト「Mysterium」のICOの状況とその後の予定を紹介します。利用者のプライバシーを最優先に考えたオープンアクセスで、完全にプライベートなP2PのVPNサービスです。
S・K | 24 view
TezosのICOは、ビットコインやイーサリアムの代わりになるか?

TezosのICOは、ビットコインやイーサリアムの代わりになるか?

Tezosは、ビットコインやイーサリアムが直面したガバナンス問題を解決した仮想通貨です。2017年7月1日に開始し、2017年7月14日に約262億円を調達して無事終了したTezosのICOについて紹介します。
山本 | 204 view
【人的資源】ChronoBankのICO【人材採用】

【人的資源】ChronoBankのICO【人材採用】

UberやUpworkのような分散型マーケットプレイスの人的資源、人材採用版を提供するのがChronoBankで、労働者と雇用者とが、労働時間を直接取引できるプラットフォームを提供しています。そのChronoBankのICOで売り出されるTIMEトークンを紹介します。
キサラギ | 36 view
【未来予測市場】AugurのICO【ギャンブル】

【未来予測市場】AugurのICO【ギャンブル】

Augurで掛け金として使われる仮想通貨REPのICOについて紹介します。Augurは分散型未来予測市場で、オンラインブックメーカーのようなものです。REPは国内の取引所ではcoincheckで購入可能です。
ときお | 70 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ノゾミ ノゾミ