2018年1月24日 更新

クラウドマイニングとその電気代に関するメリット

電気代は、マイニングに関する悩み事の1つです。電気代が比較的高く付いてしまい、利益に関する問題が生じる事もあるからです。もしも電気代が気になる時には、クラウドマイニングを前向きに検討してみると良いでしょう。

マイニングにおける電気代の悩み

電気代は、意外と軽視できないポイントになります。そもそもマイニングをする為には、パソコンをずっと動かし続ける必要があります。もちろんパソコンを動かす為には、電力が必要なのです。その電力の月間の金額が、かなり大きくなってしまう事もあります。マイニングを行えば、確かに報酬は受け取れるのですが、問題は電気代のコストが大きな状態です。たとえマイニングで月間100円受け取る事ができても、電気代が120円になれば、単純に赤字になってしまう訳です。ですからマイニングを自力で行う時には、少なくとも省電力を考える必要があります。時には何らかの設定も行い、消費電力を減らす必要があるので、大きな手間を感じてしまう事も多いです。
 (22862)

bitclubmining
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

マイニング業者の魅力とは

ところでマイニングは、何も自力だけが唯一の選択肢ではありません。世間には様々な業者が存在しますが、その中にはマイニングを専門的に営んでいるところもあり、そこに投資をしてみる選択肢もあるのです。いわゆるクラウドマイニングです。マイニングの専門業者としても、色々と設備投資などが必要なので、お金を求めている傾向があります。そのマイニングの業者にお金を出して、利益を受け取るという手段もあるのです。仮にマイニングの業者が、頑張ってくれたとします。それでマイニング業者にとっての利益が発生すれば、お金を出してくれた方々に対して、配当金のようなものが支払われるシステムになります。その利率が、比較的高めに設定されている事もあるので、とても魅力的です。

電気代に関する悩みが生じないメリット

それで業者に対してお金を出すのは、上述の電気代に関するメリットがあります。確かにマイニングを行うと、電気代に関する悩みが生じる訳ですが、それはマイニング業者側が処理してくれるのです。マイニング業者に投資をした方々に対して、特に電気代が発生する訳でもありません。ですから特に電気代について配慮する必要がないメリットがあります。しかも自力のマイニングと違って、利回り数字も比較的高めになっているのです。不動産投資などは、利回りが5%前後になる事も多いです。しかしマイニングに投資をした時には、5%どころか10%以上になる場合があります。利回り数字が大きければ、それだけ魅力的に感じられるでしょう。ですから電気代が気になるなら、クラウドマイニングはおすすめです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

知識が無くても簡単!OZマイニングでクラウドマイニング

知識が無くても簡単!OZマイニングでクラウドマイニング

マイニングというのは設備や知識の面で、個人にとっては敷居が高いものですが、OZマイニングを利用してクラウドマイニングすることで、個人でも簡単にマイニングできます。
しょーじ | 24 view
サラリーマンの副業としてOZマイニングでクラウドマイニング

サラリーマンの副業としてOZマイニングでクラウドマイニング

会社勤めの仕事をしていると、収入への不満がある人も多いと思います。しかしながら、副業をしようとしても朝早くから夜遅くまで働いているので、時間が取れません。そこで使えるのが片手間でできるマイニングです。
しょーじ | 41 view
ハッシュゲインズでクラウドマイニング

ハッシュゲインズでクラウドマイニング

インドでデータセンターを運営している企業の子会社でデータセンターの知見があり、 他では珍しいビットコインキャッシュに対応したハッシュゲインズの特徴とマイニングまでの流れを紹介します。
しょーじ | 31 view
ジェネシスマイニングでクラウドマイニング

ジェネシスマイニングでクラウドマイニング

クラウドマイニングの大手企業「ジェネシスマイニング」の特徴とマイニング開始までの流れを紹介します。
しょーじ | 29 view
ハッシュフレアでクラウドマイニング

ハッシュフレアでクラウドマイニング

大手クラウドマイニング業者「ハッシュフレア」の特徴と実際にどれくらい稼げるのかを紹介します。
しょーじ | 54 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

うーた うーた