2018年1月12日 更新

ビットコイン取引!BITPoint(ビットポイント)とGMOコインbyGMOを比較

ビットコインは仮想通貨という特性上、紙幣や通貨が存在しません。全てデータとして管理され、ネット上にある取引所での売買を行います。ビットコインは円やドルのように国により通貨が異なることはなく、全世界共通です。利便性も高く投資などにも利用できることから、世界中で取引されています。

ビットコイン取引所

 (21144)

日本国内はいくつかのビットコイン取引所があり、初めての人にも安心して利用できるところは人気となっています。取引所に対し販売所という場所もあります。どちらも銀行のように店舗は存在せず、ネット上で取引所や販売所を儲け運営しています。販売所は運営者が管理しており、購入したい人や販売したい人は、管理者と取引をします。販売所の価格にはあらかじめ手数料が含まれているので少し高めです。

取引所は原則手数料はかからず、売り手と買い手が直接取引をします。ビットコインを専門にしているところもあれば、ほかの仮想通貨やFXなどの取引まで幅広く対応しているところもあります。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

BITPoint(ビットポイント)の特徴

 (21147)

BITPoint(ビットポイント)は、円以外にも米ドルやユーロ、香港ドルなどの通貨でビットコイン取引ができます。ビットコインキャッシュの取引も可能ですが、こちらは円のみとなっています。イーサリアムという仮想通貨の円取引もかのうです。

取引単位は、ビットコイン0.0001BTC、ビットコインキャッシュ0.0001BCCからとなっています。注文時間と約定時間ともに、臨時メンテナンスを除く365日24時間可能です。注文数量制限は1時間あたりの発注上限はなく、ユーザーが買い取り可能な金額の範囲内で決められます。注文有効期限はGTC(取引成立かユーザーが取り消しするまで無期限で有効)、保有制限も無制限です。

BITPointを利用するには、最初に専用口座を開設します。口座を開設するにあたり本人確認ができる書類を用意します。その後審査が行われ審査に合格すれば口座が開設されます。口座開設に当たりいくつか条件がありますが、全てBITPointのホームページで確認できます。口座開設申込もホームページ上で行えます。口座が開設できたら好きな金額を振り込み取引ができるようになります。

MetaTrader4という専用ツールを使用すると、パソコはもちろんスマホからもビットコイン取引ができるようになります。BITPoint(ビットポイント)は口座開設や管理に関する手数料や、取引に関する手数料は全て無料です。ただし口座に円を入出金する時のみ、振込手数料がかかります。ビットコインに関しては預入も送付も手数料はかかりません。

GMOコインbyGMOの特徴

 (21150)

GMOコインbyGMOは、名前からもわかるようにGMOが運営するビットコイン取引所です。東証一部上場企業ならではの安心感から、ビットコイン初心者にも人気があります。取引所としていますが、厳密には一般的なビットコイン取引所ではなく、GMOコインという独自のシステムで運営されています。

取引所でビットコインを購入する場合、価格は常に変動しているため、最安値と思って購入したり最高値で販売したりできたと思っていたら、微妙な変動のタイム差で想定していた金額と違ってしまうことがあります。少量ならそれほど響きませんが、1度に100万円前後の取引をする場合は、少しの差でも合計がかなりかわってきます。

GMOコインの場合は、価格にかかわらず提示された金額で売買は成立しますので、約定額との差がありません。100万円を超える大きな取引でも、金額の差がないから自分の希望通りの価格で取引ができます。ビットコイン取引は、GMOコイン提供の、ビットレ君というアプリがあればスマホでの取引も可能となります。
 (21153)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
Z.comコインbyGMOでも専用口座がありますので、最初に口座を開設しておきます。口座にはビットコインの預け入れと送付のみが可能な仮口座と、日本円の入出金や仮想通貨の売買なども利用できる口座の2種類があります。こちらも口座開設には条件があり、その条件はホームページから確認できます。ビットコインの他に、ビットコインキャッシュ、イーザリアム、FXなども利用できます。

仮想通貨の入出金に関しては原則手数料は無料、口座開設や維持にも手数料はかかりません。ただしマイナー手数料や、振込入金の場合は手数料がかかります。口座申込はホームページから可能で最短5分、タイミングがよければ最短で翌日から取引が可能となります。

ビットコイン取引所使うならどっち?

 (21155)

BITPointとZ.comコインbyGMOは、それぞれに特徴があり利便性も異なります。どちらも手数料はほぼ無料ですし、口座開設もそれほど面倒な手続きはありません。日本円の入出金手数料が無料になる分、お得な感じがするのはZ.comコインbyGMOです。どちらもクレジット決済ができません。ただしZ.comコインbyGMOはネット銀行に口座があればペイジーの利用ができます。

双方に専用ツールがあるのでツールの使いやすさなども比較対象になります。最低0.0001BTC以上の取引が可能だから気軽に利用できるという意味ではどちらもおすすめです。初心者ならZ.comコインbyGMO、ある程度取引経験があるならBITPointがいいかもしれません。
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

BITPoint(ビットポイント)とBIT Trade(ビットトレード)でビットコイン取引!

BITPoint(ビットポイント)とBIT Trade(ビットトレード)でビットコイン取引!

ビットコインは取引所で売買されるのが一般的です。他にも販売所というところがありますが、手数料が高めのため取引所の方がお得に売買できます。BITPointとBIT Trade以外にもたくさんの取引所がありますが、それぞれに特徴があります。利用の仕方も各取引所によって異なりますし、場合によっては手数料がかかるところもあります。取引所を利用する前に、どんな特徴があるかを知っておくことが大切です。
管理者3 | 75 view
GMOコインbyGMOとFISCO(フィスコ)仮想通貨取引所でのビットコインの取引についての比較

GMOコインbyGMOとFISCO(フィスコ)仮想通貨取引所でのビットコインの取引についての比較

GMOコインbyGMOとFISCO仮想通貨取引所の違いはどのようなところにあるのでしょうか?このサイトでは2つの違いについて説明をしていきます。
管理者3 | 44 view
仮想通貨の取引所は比較して選ぶべし。ポイントをちゃんと抑えましょう!

仮想通貨の取引所は比較して選ぶべし。ポイントをちゃんと抑えましょう!

仮想通貨の取引所を間違えたら、大切な資産が無くなってしまいます。ちゃんと情報を収集して選びましょう。
管理者3 | 47 view
【ビットコイン】FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所とZaif(ザイフ)を比較

【ビットコイン】FISCO(フィスコ)仮想通貨取引所とZaif(ザイフ)を比較

ビットコインの価格が高いと売りたいときには有利ですが、手数料がかかるところは手数料も高くつきます。買いたい時は安いほど有利ですが、購入時にも手数料がかかるとその分余計に支払わないといけません。FISCO仮想通貨取引所とZaifともに手数料がお得で、初心者にも利用しやすいのがポイントです。
管理者3 | 98 view
ビットコイン取引所Fisco(フィスコ)とBIT Trade(ビットトレード)を比較

ビットコイン取引所Fisco(フィスコ)とBIT Trade(ビットトレード)を比較

ビットコインは仮想通貨ですから、紙幣や硬貨が存在せず銀行での取引はできません。取引をする場合は仮想通貨を扱う取引所を利用します。ビットコインを買いたいユーザーと売りたいユーザー同士は直接交渉や取引をするので、原則手数料はかかりません。ビットコインは今後も注目される仮想通貨ですし、需要が高いほど価値が上がります。数に上限があるので今後も価値は上がると予想されています。国内にも続々と取引所が設立されていますので、選択肢も増えています。その中からFiscoとBIT Tradeを比較してみましょう。
管理者3 | 39 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3