2018年5月15日 更新

仮想通貨であるリップルコインの長所とその提携先について

XRPは国際間のお金の送金をスムーズに行うために開発された仮想通貨です

リップルコイン(XRP)の長所

 (24821)

XRPは国際間のお金の送金をスムーズに行うために開発された仮想通貨です。これまでは国際的な送金の手続きは銀行が行っていました。しかしながら、それぞれの国で使われている貨幣が異なっているために、国際レベルでの送金には大きな手間と手数料が発生するものでした。このような問題を解決して国際間の送金をスムーズに行うことを目的として開発されました。グローバル使うことができますので、海外への送金の手数料と時間を短いものにすることが可能となってきます。
利便性の著しい改良が見込まれてきますので、リップルコインの魅力が高まってきています。

従来の仮想コインの場合には、銀行システムと共存することができないものでしたが、銀行との共存が可能になっていますので、国内外の大手銀行が表明するようになっています。また、従来の仮想通貨とは異なりリップル社が管理運営をしているという安全性が保たれています。このような中央管理システムを持った仮想通貨でなければ、銀行との提携は不可能になってしまうからです。更には、それほど大きな価格の上下が無いという特徴もあります。もちろん長期的な展望に立てばその価値は増えてきていますが、いわゆる短期的な相場の感覚で利益を上げるのは難しいと考えられます。しかしながら、長期的な展望でXRPを保有していれば、その価値が何十倍にも増える可能性もありますので、その意味では大きな利益を上げることが可能になります。

リップルコイン(XRP)の手数料の問題

 (24824)

XRPの手数料は非常に廉価になっています。リップル社ではできるだけ利用者に対して金銭的な負担をかけることなく仮想通貨の運用を行って行くシステムの構築を考えています。また、海外送金についての独自のルールを作ることも行っています。このルールは非常に便利なものですので、多くのユーザーに支持される結果となっています。しかも、インターネット上のシステムも使いやすい物を常に考案することを行っていて、出来るだけ簡単なステップで、システムの運用を行って行くことを可能にしてくれています。スマホ等を使って片手で運用を行うこともできます。

リップルコイン(XRP)への協力体制

 (24827)

このようなリップル社の考え方に対して多くの有名な財団がリップル社に協力することを表明しています。たとえば、ビルゲイツが運営を行っているビル&メリンダ・ゲイツ財団ではmojaloopと呼ばれる小額決済のシステムをXRPのシステムに導入することに成功したことを既に表明しています。2017年の10月にこのシステムは導入されています。
 (24829)

このようなシステムを使えば、20億人もいると言われている貧困層もXRPを活用できるようになると言われています。貧困層は多くの場合において銀行口座を開設することはできませんが、スマホ等を用いたモバイルネットワークは持っていますので、このシステムを活用することによってweb決済を行うことが可能になりました。更には、Ericsso、Huawe、Mahindra Comviva、Telepinといった世界的に有名な携帯電話会社もリップルコインのシステムの開発において大きな協力体制をひいています。結果としてmojaloopの通信速度を大きく上げることに成功しています。

アメリカの大手クレジットカード会社のアメックス社もXRPのシステムへの協力体制を表明しています。結果として、支払い速度をリアルタイム化することに成功しています。
このシステムは2017年の11月に発表されています。世界経済の見張り役ともいえる、IMF(国際通貨基金)もXRPのシステムへの協力を表明しています。このようにグローバルな環境下で多くの財団や企業の協力のもとにXRPのシステムはより広大なものとなってきています。

リップルコイン(XRP)に対する日本での協力体制

 (24832)

管理システムに対しては日本の大手銀行も協力体制をひいていますし、その活用も表明されるようになっています。新しい、送金システムが世界レベルで一般的なものになってくればますます、XR価値は上昇していくことになるでしょう。それが実現すれば、今保有しているXRPの価値が10倍以上になることも実現するかもしれません。

これまでは仮想通貨というとビットコインやイーサリアムが主たるものでしたが、今後はグローバルな意味で、大きな位置を占めるようになるのではないでしょうか?事実これまでは、インターネット上では、ビットコインやイーサリアムの情報が多かったのですが、だんだんと情報も多く掲載されるようになってきています。このような状態が今後も継続していけば、ますます、多くの人が使うようになり、更には新しいシステムも開発されていくことになりますので、大きな発展が期待されるようになってきています。
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【過去のチャートから見る】リップルの将来性について

【過去のチャートから見る】リップルの将来性について

リップルは仮想通貨の中でも取引量が多く注目の高い通貨です。購入するためにはどうすればいいのでしょうか。 リップルの特徴とは何なんでしょうか。そして過去の相場や直近相場から見て、リップルの将来的な動きについて推察してみました。
kido | 11,797 view
銀行も決済手段に利用【リップルの仕組みや特徴について】

銀行も決済手段に利用【リップルの仕組みや特徴について】

仮想通貨の中で、最近注目を浴びているのがリップルです。リップルはGoogleなどが出資をして開発されている通貨としても知られています。そんなリップルの特徴について色々と調べてみました。 リップルは決済手段としてとても便利なようです。
kiritani | 191 view
Googleも出資する【リップル】ビットコインとの違い

Googleも出資する【リップル】ビットコインとの違い

仮想通貨の中で注目をされているのが、リップルです。あのGoogleも出資をしている会社でもあります。 リップルとはどういった通貨なのか、ビットコインと比較をしながら調べてみました。 将来性や信用性の高いのがリップルの特徴と言えそうです。
anzu | 372 view
未来に向けてのビットコインとその他の仮想通貨

未来に向けてのビットコインとその他の仮想通貨

人気のビットコインですが他にもたくさんの仮想通貨があることをご存知でしょうか?今回は色々な仮想通貨について話をさせて頂きます。
M&K | 856 view
ビットコインとリップルの違いと比較してみる

ビットコインとリップルの違いと比較してみる

ビットコインのライバル一番手と言えばリップルだと思います。あのグーグルが出資したことで話題になりましたが、一体どのような仮想通貨なのでしょうか?
ほろん | 1,367 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3