2018年12月4日 更新

リスクの承認システムDPoSの仕組み【PoWやPoSとの違いは?】

リスクは、デリゲーテッド・プルーフ・オブ・ステークという承認システムを採用しています。これは、承認作業をする人を投票で選出し、順番に承認作業を行うことで、一部の金持ちだけに報酬が偏ってしまうというプルーフ・オブ・ステークの弱点を克服しています。

ブロックチェーンの承認作業の仕組み

仮想通貨は、取引データをまとめてブロックと呼ばれる単位にし、それをチェーンでつないでいってブロックチェーンという技術によって成り立っています。
それにより、データが改ざんされたり消えたりすることを防いでいます。
このブロックチェーンには特定の管理者がいるのではなく、ネットワークでつながっている世界中の有志が行っています。
そして、承認作業の報酬として、その通貨が新規発行され、それを受け取ることができるのです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining
 (27773)

line

PoSの発展形であるデリゲーテッド・プルーフ・オブ・ステーク

BTCやETHでは、プルーフ・オブ・ワークという承認システムを採用しており、コンピューターでの計算を多くした人の承認率が高くなる仕組みになっています。
そのため、膨大な電気代を消費したり、非常に高性能なコンピューターが必要になったりします。また、承認に時間がかかり、結果として送金に時間がかかったり、送金手数料の高騰を招いています。
そしてその弱点を解決しようとして生まれたのがプルーフ・オブ・ステークです。これは、仮想通貨を多く持っていれば持っているほど、作業の承認率が上がるという仕組みで、時価総額上位のものだとカルダノやネオなどがあります。
イーサリアムも今後プルーフ・オブ・ステークに移行しようとしています。
プルーフ・オブ・ステークの弱点は、一部の金持ちだけに報酬が偏ったり、大量保有する人がなかなか売らなくなるので、流動性が下がったりという弱点があります。
一方、リスクでは、デリゲーテッド・プルーフ・オブ・ステークという承認システムを採用しています。
これはプルーフ・オブ・ステークの発展形で、承認作業をする人を投票で101人選出し、その101人が決められたスケジュールで順番に承認作業を行います。
順番に承認作業を行うので一部の金持ちだけに報酬が偏ることが無いというのが、プルーフ・オブ・ステークから進化した点です。
リスクの他にも、ビットシェアーズやリスクからフォークされて作られたアークなどがデリゲーテッド・プルーフ・オブ・ステークの承認システムを採用しています。
Ledger Nano S(レジャーナノエス)
アルトコイン訴求
8 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サイドチェーンで安全にアプリケーションが動作する仮想通貨「リスク」

サイドチェーンで安全にアプリケーションが動作する仮想通貨「リスク」

リスクは、分散型アプリケーション向けのプラットフォームとして開発されました。アプリケーションがサイドチェーン上で動作するため安全で、開発言語はジャバスクリプトが使われているため開発に参入しやすい仮想通貨です。
しょーじ | 49 view
【ウォレット3選】リスクの保管はウォレットで安全に

【ウォレット3選】リスクの保管はウォレットで安全に

リスクの保管には、デスクトップウォレットの「リスクナノ」、モバイルウォレットの「リスクウォレット」、ペーパーウォレットの「リスクペーパーウォレット」などがあります。ハードウェアウォレットの対応はありません。それぞれ一長一短ありますので、自分に合ったものを使いましょう。
しょーじ | 70 view
仮想通貨リスクとは?どんな仮想通貨か学びましょう

仮想通貨リスクとは?どんな仮想通貨か学びましょう

仮想通貨リスクとはどんな仮想通貨でしょうか。解説いたします
管理者3 | 122 view
ビットクラブへ参加するのにリスクはあるのか?徹底検証

ビットクラブへ参加するのにリスクはあるのか?徹底検証

ビットクラブに参加する際にどういうリスクがあるのか?そしてそのリスクはどうすれば抑えられるのか、徹底検証します。
しょーじ | 518 view
クラウドのマイニングとその元本割れのリスク

クラウドのマイニングとその元本割れのリスク

マイニングには、クラウドというタイプがあります。マイニングを行っている専門の業者に、投資をしていく手段です。それには色々なメリットがありますが、元本割れには注意が必要です。しかし、それは自力のマイニングにも同じ事が言えます。
うーた | 155 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ

おすすめの記事

今注目の記事