2018年2月11日 更新

仮想通貨ビットコインの始め方と税金の話。どの様に税金を考えればよいか?

2018年の話題の投資先として色々な案があるかと思いますが、仮想通貨はチャレンジする、しないに限らず絶対におさえておきたい案件だと言えます。有名なものは、ニュースやテレビコマーシャルなどでも度々目にするビットコインだと思いますが、他にも色々な通貨がありますので、まずは広く視野を広げる必要があります。

話題の投資先

 (23413)

当たり前ですが、ビットコインは仮想通貨ですので、投資を行う際に信頼できるかどうかというのが一番の問題になってくると思います。現金と違って手元に実物のお金があるわけではありませんので、データ上でのみやりとりをするようになります。特に初心者の方の中には、ある日突然お金が無くなったりしないのかであったり、送金手続きをしたら本当に相手に届くのか、送金した後のタイムラグなどで二重送信にならないかなど色々と心配事は付きません。なぜこのような心配な事があるのかというと、やはりビットコインについてしっかりとした知識がないという事が原因だと言えます。
アルトコイン訴求

初めて仮想通貨をはじめる際に

line

ビットコインなど仮想の通貨を利用しようと思ったら、最初に行うのは取引所で購入することです。手元になければ始めようにも始められません。この取引所は、実際の建物があるわけではなく、インターネット上に存在しております。イメージがつかみにくいという方の場合には、ビットコインを株式と変換すると分かりやすいと思います。お金で株式を購入し所持するように、お金でビットコインと購入する事によって所有する事ができるのです。一般的な株式と同じで、いつも同じ値段であるという事はありません。高くなっている時のあれば、信じられないくらいリーズナブルな価格で購入する事ができます。特に仮想のコインは、非常に並のある投資先となっておりますので、値動きの激しい投資先を探しているという場合にぴったりです。

投資にはウォレットが必要になります

 (23419)

ビットコインをはじめる場合には、ウォレットを作る必要があります。お金を保管するのは銀行口座なのですが、仮想のお金になりますので銀行に預ける事は出来ません。その為、ビットコイン専用のウォレットと呼ばれる講座をつくる必要があるのです。作り方は全てインターネット経由で行います。基本的にはメインにしているパソコンにウォレットを作成し、BTCを保管するようになります。ウォレットを作成したら、次に口座番号を設定します。

ビットコインの場合には、ビットコインアドレスと呼ばれる物になるのですが、ある程度自由に設定する事ができます。他の人に重複してしまうような事が無いように、ウォレットのプログラムが対応してくれます。また、TPOによって使い分けたいという方もいらっしゃると思いますが、ビットコインの場合には、複数のビットコインアドレスを所有し使い分ける事ができます。日本の銀行口座とは違い、英数字で作成できますので、複数所有する事が可能になっているのです。

取引所の違い

 (23422)

民間ベースの仮想通貨ですので、取引所も一ヵ所ではなく複数あります。それぞれ内容が大きく異なっておりますので、自分に合ったサービスを選ぶ事ができるのも特徴のひとつになっております。取引所を選ぶ際に重要視しなければいけないポイントとしては、取引所の安全性はもちろん、それぞれの取引手数料、FXなどのレバレッジ取引をする際の条件、ビットコインはもちろん、それ以外の仮想通貨を取り扱っているかどうか、一般的なトレード以外にも出来る事はあるのかなどを注意して選ぶ必要があります。

仮想空間での取引になりますので、安全性や信頼度などは重要視しなければいけないポイントになります。もちろん信頼度があってもコインチェックのような大きなトラブルが現れる可能性も無いとは言えないので100パーセント安全とは言えないのかもしれませんが、まとまったお金を運用しようと思ったら、やはりそれなりに信頼度がある取引所を選ぶ必要があるという事です。

ビットコイン長者の方も

bitclubmining
激しいアップダウンのあったビットコインは、上手に流れにのれた方は莫大な利益を上げる事ができたと思います。まとまった利益を上げた方はビットコイン長者と呼ばれ、信じられない程のお金を得る事ができました。

しかし、ビットコインの利益は仮想空間内の物だったとしても、やはりお金はお金ですので、所得税の対象になります。日本の所得税は利益が多ければ多いほどに支払う金額が増えるようになっておりますので、大量に利益を出した方は、同じく大量の税金を納めなければいけなくなっております。利益によって税率も変ってきますので、多く支払ってしまった場合には、こちらから申請をすれば返却すれば返済されますが、仮に少なく支払ってしまった場合には、後々足りない分の税金を納めなければいけません。特に金額が大きい場合には持ち合わせが無いような場合もありますので、しっかりと確認しながら確定申告をする必要があるのです。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
17 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインは税金対策になり得る?

ビットコインは税金対策になり得る?

ネットを中心に電子商取引で使われる仮想通貨のビットコイン。最近では実店舗の利用も増えました。実質的に資産価値が有りますが、それに対しての税金はどうでしょう。税金対策に良い資産かどうか、考えて見ます。
chiechan777 | 4,106 view
イーサリアムマイニングとビットコインマイニングの違いについて

イーサリアムマイニングとビットコインマイニングの違いについて

仮想通貨の話題としてイーサリアムに注目が集まってきました。しかし、初めてイーサリアムという言葉を聞く人は何のことかわからないと思うので、イーサリアム人ついて説明していきたいと思います。
じょにー | 1,199 view
ビットコインゴールドでかしこく節税!脱税をさけるポイント

ビットコインゴールドでかしこく節税!脱税をさけるポイント

ビットコインをはじめ仮想通貨取引によって一定以上の利益を得た場合、その利益は法律上課税対象となります。つまり、ビットコインゴールドを介して取引を行うと、少なからず納税の義務を負うということです。これは、裏を返せばきちんと利益を申告しなければ脱税と見なされるということですから、取引をはじめる前にあらかじめ税法上の正しい知識を身につけておく必要があります。
管理者3 | 350 view
ビットコインゴールドの浸透によって変わるビジネス

ビットコインゴールドの浸透によって変わるビジネス

もともとひとつの仮想通貨であったビットコインは、数度の分裂騒動によっていくつかの通貨へと枝分かれをし、それぞれが独立した価値をもっています。間もなく誕生が予想されているビットコインゴールドもまたビットコインから分岐した仮想通貨のひとつであり、今後本家のビットコイン以上に広いシェアをあつめるだろうと予想されています。
管理者3 | 264 view
ビットコインキャッシュとはどういった使い方が出来る仮想通貨なのか。

ビットコインキャッシュとはどういった使い方が出来る仮想通貨なのか。

このビットコインからの分裂によって、ほかの仮想通貨にどういう影響が起こるか気になるところではありますが今回はビットコインキャッシュに焦点を当ててみていきたいと思います。
じょにー | 1,215 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3