2017年9月19日 更新

イスラエル発、現代に蘇るケインズ通貨バンコールのICO

イーサリアムのネットワーク上で複数の仮想通貨取引所の注文を集めて流動性を高めることができるリクイディティプールとして機能させることを目標としているバンコールのICOを紹介します。

バンコールとは?

バンコール(bancor)は、1940年から1942年にイギリスの経済学者であるジョン・メイナード・ケインズとエルンスト・フリードリッヒ・シューマッハーが提案した超国家的な通貨のことを言います。第二次世界大戦後に世界経済を安定させるため、イギリスがブレトン・ウッズ会議でバンコールの導入を公式提案をしましたが、アメリカ合衆国の合意をとりつけることができず、残念ながら実現には至りませんでした。
この、ケインズの思想を取り入れたブロックチェーン・プロジェクト「バンコール Protocol」は、2017年に設立されてイスラエルに本拠を置くBprotocol Foundationがリードして、LocalCoin Ltd.の主要メンバーであるエヤル・ハートゾグ、ガイ・ベナッティ、ガリア・ベナッティが中心になって開発が行われています。

バンコール・プロトコルは、イーサリアムのトークン標準、ERC20(イーサリアムのためのRFC)の交換をスマートコントラクトを使って行うために作られた中間トークンです。Bprotocol Foundationは、バンコールのトークンを「スマート・トークン」と呼んでおり、
イーサリアムのネットワーク上で複数の仮想通貨取引所の注文を集めて流動性を高めることができるリクイディティプールとして機能させることを目標としています。
スマート・トークンは、イーサリアムのネットワーク上に展開されたスマートコントラクトを使用して実装されていますので、ERC20及びEIP228と互換性があり、柔軟性、異なるブロックチェーン間の互換性、及び、スマートトークンのセキュリティの強化を可能にするための追加基準が含まれています。

このような性質を持つバンコールを使うことで、継続的な流動性が得られ、誰でも時間に関係なく、スマートコントラクトを通して購入・売却が可能であったり、下位互換性を持っているため、既存のあらゆるイーサリアムERC20標準トークンに対して流動性と非同期価格発見性を持っていたりします。
また、バンコールはスマートトークンにより価格が計算されるため、スプレッドがなく、売りも買いも同価格で、スマートトークンを確保して大きな市場深度を生み出すことにより、価格変動も抑えられており、価格変動に関しては、価格のずれが事前に計算されることにより、現在価格に組み込まれ予測可能な仕組みになっています。
そして、スマートトークン間の変換取引の際には、デポジットの入金が不要なため、カウンターパーティリスクもありません。
 (20257)

バンコールのICOに関して

バンコールのICOは、2017年6月12日に実施され、募集価格は1BNTあたり0.01 ETH、募集期間は14日間または非公開の上限に達するまでということになっており、ハッカーからの攻撃やトランザクションのトラブルもありましたが、わずか3時間で約167億円を調達し終了しました。
2016年6月に実施されたザ・ダオの約160億円を上回りICOの調達額としては過去最高を更新しました。
バンコールの支持者には、著名なVC投資家であるティム・ドレイパーも参加していて、それがバンコールのICOの加熱に拍車を掛けたと考えられています。

発行されたトークンの総量は 79,323,978 BNTで、ICOでの売り出しには全体の50%の39,661,989 BNTが売り出され、
残りの50%は将来的に使用予定として、売り出されずに残されています。
ICOでの売り出し分は、1人の人物が83.96 %を握っていると言われています。
5 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

バンコールのICO【ケインズの理論が仮想通貨に】

バンコールのICO【ケインズの理論が仮想通貨に】

イギリスの経済学者ジョン・メイナード・ケインズの理論を元に作られた仮想通貨バンコールのICOを紹介します。このICOでは、イーサリアムのネイティブトークンETHを用い、わずか3時間で167億円もの資金が集まりました。
今週 Taklimakan Network の ICO 発売開始(期間限定 30% ボーナス付き)

今週 Taklimakan Network の ICO 発売開始(期間限定 30% ボーナス付き)

Taklimakan Network のパブリック ICO が今週販売開始されました。週末までの期間限定で、30%のボーナスが付きます
管理者3 | 73 view
これ一つで相場チェックから注文まで全てOK「コイン相場」

これ一つで相場チェックから注文まで全てOK「コイン相場」

コイン相場は、世界最大級の仮想通貨ICOの検索サイトCOIN JINJAが開発している仮想通貨アプリで、 ICO情報の表示の他、仮想通貨のニュース、日本国内の主要取引所の相場情報や、APIを連携することで、アプリから取引注文することも可能です。
しょーじ | 61 view
ブロックチェーンを活用し医療産業に革命をもたらす MediChain(メディカルチェイン)

ブロックチェーンを活用し医療産業に革命をもたらす MediChain(メディカルチェイン)

ブロックチェーン技術がもたらす革命は、今や医療分野にも到来しようとしている。現在、患者の医療情報を保管する電子健康記録(EHR)と電子カルテ(EMR)のデータは、互換性がない上に不完全な場合がほとんどだ。
管理者3 | 120 view
MediChain(メディチェーン)が、プレセールとICOの日付を発表

MediChain(メディチェーン)が、プレセールとICOの日付を発表

Medical Big Data Platform MediChain(メディカルビッグデータプラットフォーム・メディチェーン)は、2018年3月1日にICOを開始する計画を発表した。
管理者3 | 161 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ