2016年7月29日 更新

ビットコイン事件簿!マウントゴックスの報道を見てみよう!

おそらくビットコイン関連の事件で最も大きい事件はと聞かれたら、世界中の人がマウントゴックスのことを例に挙げると思います。それだけ影響が大きかった事件ですが、中にはあまりよく知らないという人のために報道ではどう発表されたかを調べてみました。

事件当初は

マウントゴックス破綻 ビットコイン114億円消失  :日本経済新聞 (11813)

インターネット上の仮想通貨ビットコインの取引所「マウントゴックス」を運営するMTGOX(東京・渋谷)が28日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日受理されたと発表した。債務が資産を上回る債務超過に陥っていた。顧客が保有する75万ビットコインのほか、購入用の預かり金も最大28億円程度消失していたことが判明した。
MTGOXのマルク・カルプレス社長は28日夕の記者会見で「ビットコインがなくなってしまい、本当に申し訳ない」と謝罪した。消失したのは顧客分75万ビットコインと自社保有分10万ビットコイン。
マウントゴックス破綻 ビットコイン114億円消失  :日本経済新聞 (11815)

事件当初の報道では、ビットコインが無くなってしまったことを隠そうとして債務超過に陥ってしまったということだったのでしょうか。いきなりの報道で詳細が分かっていないだけに、責任者の謝罪だけが印象に残ったという人も多いのではないでしょうか。

事件から3週間後

仮想通貨「ビットコイン」の今--マウントゴックス破綻から1年 - CNET Japan (11818)

3月20日に同社のコールセンターに問い合わせると、「いつ頃になるのか、はっきり分からない」と言う。
マウントゴックスは再生に向けた「スタートライン」にすら立っていない。
そうした中、取材で新たな事実が明らかになった。3月11日付けで東京地裁に対し、倒産後のマウントゴックスの動向が不可解だとして、債権者の代理人から「上申書」なるものが提出されたのだ。
上申書の中には、ビットコインの取引履歴を示す「COINSIGHT(コインサイト)」というウェブサイトの資料が添付され、3月7日~10日にかけて、マウントゴックスで少なくとも53万ビットコイン(約300億円相当)の取引の形跡があったと表示されている。
BitcoinのMt.Goxが民事再生手続を申請 - GIGAZINE (11820)

普通は民事再生手続きを申請したらすぐに手続きに進むのではと考えると思います。ですが、マウントゴックスの場合は一向に民事再生手続きを行う様子がないことに債権者の一部が調べを起こしたようです。コインサイトという中立のウェブサイトの方では無いはずのビットコイン取引の記録が確認できたようです。

消失の経緯

BitcoinのMt.Goxが民事再生手続を申請 - GIGAZINE (11824)

ウォール・ストリート・ジャーナルによりますと、マウントゴックスに対する召喚状は今月に送付され、証拠となる文書などの保全も要請しました。ロイター通信は、マウントゴックス以外のビットコイン業者にも召喚状が送付されたと伝えています。ニューヨーク連邦地検は、マウントゴックスなどに対し、ここ数週間の間にサイバー攻撃にどう対処したかについて事情を聴くということです。一方、マウントゴックスのマルク・カルプレス社長は26日、「私はまだ日本にいて、問題解決に向けて懸命に努力している」とコメントを発表しました。この問題では、利用者のビットコイン約370億円分が宙に浮いた状態になっています。
BitcoinのMt.Goxが民事再生手続を申請 - GIGAZINE (11825)

マウントゴックスは日本にあったビットコイン取引所ですが、利用者は日本以外の人も多かったようです。その中にはアメリカの利用者もいるようで、アメリカの方でも事件の詳細を聞く必要があったようです。

実は・・・

【ビットコイン取引所】マルク・カルプレス社長を逮捕 マウントゴックス (11828)

マウント・ゴックスは2014年2月に日本で民事再生法の適用を申請。コンピューターシステムへのハッキングにより、約85万ビットコイン(当時のレートで約114億円)を失ったと主張した。その後、20万ビットコインが見つかったとしている。
NHKニュースによると、マウント・ゴックスが預かっていたビットコインの大半が、利用者に無断で別の口座に移されたあと消失しているということで、警視庁ではカルプレス社長が事情を知っているとみて捜査することにしているという。
【ビットコイン取引所】マルク・カルプレス社長を逮捕 マウントゴックス (11830)

やはり日本の警察もマウントゴックスの不審なお金の流れには気づいたようです。どうやら失ったビットコインが見つかったり、大半が利用者に無断で口座に移されたということで、不審な跡がもとで詐欺の疑いがかけられたようです。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインとマウントゴックスの関係

ビットコインとマウントゴックスの関係

ビットコインの事をよく知らない人でも、マウントゴックス事件と聞けばなんとなくピンと来るかもしれません。マウントゴックスというのは、ビットコインの交換所として世界中の人が利用しており、一時は国内最大級の交換所にまで上り詰めました。しかし社長が顧客の金を横領するという不祥事を起こし、マウントゴックスは破断します。
E-sacchi | 162 view
ビットコイン取引所「Mt.Gox」ってどんなところ?

ビットコイン取引所「Mt.Gox」ってどんなところ?

ビットコイン取引所 Mt.Gox の事件が話題になりました。これの事件において取り上げられたのが、ビットコインで、コインはビットコイン取引所 Mt.Gox とビットコインの関係、そして事件の原因、ビットコインの今後を考えていきたいと思います。
nekomimimanaka | 1,838 view
ビットコインは参加者数、取引数ともに拡大している!

ビットコインは参加者数、取引数ともに拡大している!

これまでにビットコインは何度か痛みを経験してきました。今もまだ痛みは増していますが、それでも、ビットコイン・ネットワークの参加者数や取引数は拡大を続けています。それは一体どうしてなのでしょうか。現況を詳しくみていきたいと思います。
Michiru | 3,675 view
ビットコイン投資に大損した芸能人~失敗から学ぶビットコイン~

ビットコイン投資に大損した芸能人~失敗から学ぶビットコイン~

ビットコインにおける多くの日本人にとっての印象は2014年に経営破たんし、多くのビットコインを消失させたマウントゴックス騒動に終始します。そんな中ビットコインによる投資を失敗させていた芸能人がいます。彼らはなぜ失敗したのか、ビットコインのリスクを下げるにはなにが必要なのかを考えてみました。
とんぼ55 | 548,687 view
日本ではビットコインに関して印象の悪いフランスですが現実は?

日本ではビットコインに関して印象の悪いフランスですが現実は?

ビットコインとフランスの関係と言えば例の事件ですよね。社長がフランス人で日本に住んでいたこともあって印象は悪いです。ではフランスのビットコイン事情はどうなのでしょうか?
ほろん | 457 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

turubo turubo