2018年1月23日 更新

なぜ太陽光発電がある環境ならマイニングがおすすめか

マイニングをするなら、電気代は軽視できません。電気料金の分を差し引きますと、マイニングで赤字になる可能性もあるからです。しかし太陽光発電を採用している状況ですから、話は大きく変わってきます。ソーラーパネルがある方々にとっては、マイニングはおすすめです。

電気料金の状況によっては赤字になってしまう

マイニングによって赤字になってしまう事例は、確かにあります。マイニングの作業によって、毎月80円ほどの利益は可能でも、電気代がそれ以上に高く付いてしまう事もあるからです。現に一昔前などは、電気代の方が上回ってしまう事も多々ありました。パソコンを常時稼動する状態になりますから、常に電気料金を支払う事になり、電気代の方が高く付いてしまう事も多かったのです。毎月100円の電気代を払えば、上記の80円と相殺すれば、それこそマイナス20円の利益率になってしまいます。それを考慮すると、マイニングをする方々にとっては、電気代は軽視できないポイントになる訳です。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

太陽光発電の余剰分をマイニングに充当

 (22628)

ところで冒頭で触れた太陽光発電でしたら、話が若干変わってきます。いわゆる屋根に設置されたソーラーパネルで発電する方式ですが、そのタイプでしたら、たいていは余剰分の電力が生じるからです。その電力を有効活用できるという意味では、マイニングは大いにおすすめなのです。少々極端な例ですが、自宅にて使う電力が100キロワットだとします。しかしソーラーパネルで120キロワットの電力が作られますと、20キロワットが余剰になってしまう訳です。それは大変もったいないです。その20キロワットの余剰電力を、仮想通貨のマイニングに充当できる訳です。余った電力を有効に使ってあげれば、特に無駄が生じませんから、赤字になりづらいと見込まれます。
bitclubmining

自家発電なので赤字にならないメリットがある

太陽光発電でなく、通常のスタイルで電力を確保する場合は、赤字になることは大いにあります。通常のスタイルでしたら、もちろん電力会社から電気を購入しますので、上述の100円などのコストが生じてしまう訳です。それを差し引きますと、マイニングでは赤字に確率も高まります。しかし太陽光発電の場合は、基本的には自家発電のスタイルになりますので、特にどこかから電力を購入する訳でもありません。確かにソーラーパネルを設置するという費用は発生します。しかし既にそのパネルが設置済みの建物ですと、実質的にはマイニングに関する電気コストもなくなるので、特に問題なく利益を生み出していけると見込まれるのです。ですから太陽光発電で電力を利用できる環境でしたら、マイニングを前向きに検討してみると良いでしょう。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットコインの承認時間の長さや手数料の高騰のため、2018年2月1日よりビットクラブの支払いがビットコインキャッシュでの支払いに変わります。
しょーじ | 1,015 view
これは安心!ビットクラブの収益分散構造

これは安心!ビットクラブの収益分散構造

ビットクラブからの収益は、収益分散構造になっており、うまく活用することでリスク軽減でき、本業のビジネスとして展開することも可能です。
しょーじ | 205 view
分かれば納得のビットクラブの仕組み

分かれば納得のビットクラブの仕組み

個人がマイニングで稼ぐのは難しい現代において、代わりに最新鋭のマイニングマシン導入や規模の拡大を行って稼ぎ利益を分配してくれるビットクラブの仕組みを紹介します。
しょーじ | 168 view
仮想通貨を発掘するマイニングプールとは?

仮想通貨を発掘するマイニングプールとは?

仮想通貨をマイニング方法の一つにマイニングプールというものがあります。マイニングプールが一体どの湯なものでどうやって行うことができるのかを説明していきたいと思います。
じょにー | 67 view
ナイスハッシュで効率の良い仮想通貨を自動でマイニング

ナイスハッシュで効率の良い仮想通貨を自動でマイニング

その時点で最も採掘効率の良い仮想通貨を自動で選択してくれるマイニングツール「ナイスハッシュマイナー」の導入方法を紹介します。
しょーじ | 33 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

うーた うーた