2017年9月4日 更新

オミセゴーのICO【OMGトークン】

東南アジア向け決済プラットフォームのイーサリアムベースのウォレットアプリケーションであるオミセゴーのICOを紹介します。ICOをで資金調達を実施するのは日本人起業家としては初めてではないでしょうか?

オミセゴーとは

 (19796)

オミセゴーとは、日本人起業家の長谷川潤氏が立ち上げたOmiseという企業が提供する、
イーサリアムベースのウォレットアプリケーションです。イーサリアムベースにする理由としては、送金手数料を抑えることができること、モバイルマネーとの相互運用性が高いことがあります。
東南アジアには銀行口座を持たない人が約70%いますが、
手軽にモバイル端末同士で送金できるウォレットアプリケーションの提供により、
銀行口座を持たなくても簡単に送金できるようになったり、
店舗でオミセゴーを使って支払ったりできるようになります。
このオミセゴーのウォレットアプリケーションは、今後オープンソースで提供されることが予定されており、
一般の企業や個人が自由に利用できるようになるため、自然と拡散されることが予想されます。

提供元のOmiseについて

提供元のOmiseは、2013年6月にタイでクレジットカード決済システムの提供を開始し、導入サイト数を伸ばしてきました。
タイの3分の2のモバイル会社がOmiseのサービスを使っているとのことです。
その後は、シンガポール、インドネシアや日本にまで拠点を広げ、営業活動を進めています。
SBIインベストメントやSMBCベンチャーキャピタルのような大手ベンチャーキャピタルも出資しており、事業の今後への期待の高さがうかがえます。

オミセゴーのICOの対象と金額

ICOの対象となるのは、
オミセゴープラットフォームから発生する手数料収入の分配を受ける権利であり、
それがOMGトークンとして売り出されます。

事前販売で400万ドルに対して6,000万ドル以上の需要があったため、
販売総額が1,900万ドルから2,100万ドルに増額されました。
また、募集期間も2017年6月27日〜7月27日だったのが、2017年6月24日〜6月25日に短縮されました。

OMGの価格推移

 (19797)

ICO後のOMG/JPYの価格は、2017年7月16日に43円ほどで始まり、
その後は右肩上がりで2017年7月24日現在166円ほどとわずか1週間強で4倍近くまで上がっています。
今後もこの調子で上がっていけばいいですね。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

東南アジア向け決済プラットフォームオミセゴーのICO

東南アジア向け決済プラットフォームオミセゴーのICO

タイのバンコクに拠点を置き東南アジア向けの決済プラットフォームでイーサリアムベースのウォレットアプリケーションを提供するオミセゴーのICOを紹介します。
しょーじ | 16 view
ICOってよくきくけどクラウドセールってきいたことある?

ICOってよくきくけどクラウドセールってきいたことある?

COは暗号通貨経済におけるIPOのようなものである。IPOはこれまでの伝統的な経済における証券取引所上の新規株式公開であるが、ICO(Initial Coin Offering)は企業またはプロジェクトが自らのトークンやコイン(従来の金融市場における株式のようなもの)を発行し資金調達を行うプロセスである。そしてそのトークンが暗号通貨取引所に上場されることである。
じょにー | 76 view
わずか数分で1億円調達も可能! 「ICO」成功の5つのポイント

わずか数分で1億円調達も可能! 「ICO」成功の5つのポイント

5月に本格稼働したばかりのスタートアップ企業がなぜ、構想段階のサービスのICOで、必要な資金の調達に成功できたのだろうか。その出来た理由とICOの可能性を探ってみた。
じょにー | 102 view
話題の”ICO”とは一体何か

話題の”ICO”とは一体何か

仮想通貨を利用した資金調達の方法として、ICOに将来性はあるものの、IPOに比べると開示される情報も乏しく、制度としては未成熟と言わざるをえません。 また、資金調達側には非常に魅力ある仕組みですが、投資家にとって、現在のような期待感だけでトークンの価格が上昇するバブル的な様相が長く続くとは思えません。
じょにー | 74 view
ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

新しい形の資金調達方法として、また仮想通貨による投資手段として「ICO」が話題となっています。このICOとはどのようなものなのか、IPO(新規株式上場)との比較も交えて見ていきましょう。
じょにー | 178 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

イノサキ イノサキ