2018年2月19日 更新

ブロックチェーンを活用し医療産業に革命をもたらす MediChain(メディカルチェイン)

ブロックチェーン技術がもたらす革命は、今や医療分野にも到来しようとしている。現在、患者の医療情報を保管する電子健康記録(EHR)と電子カルテ(EMR)のデータは、互換性がない上に不完全な場合がほとんどだ。

 (25097)

ブロックチェーン技術がもたらす革命は、今や医療分野にも到来しようとしている。現在、患者の医療情報を保管する電子健康記録(EHR)と電子カルテ(EMR)のデータは、互換性がない上に不完全な場合がほとんどだ。また、医療業界を悩ませた昨年のデータ漏洩事件やサイバー犯罪を受け、情報保護に関する患者の懸念はますますの高まりを見せる。しかし、その問題はすべて、変革の時を迎えている。2017年第3四半期、88名の医療保険関係者と276名のテクノロジープロバイダ、専門家、マネージャーおよびIRスペシャリストを対象に実施されたBlack Book Market Research社の調査は、(調査回答者である)医療機関役員の19%が情報保護問題の解決策としてブロックチェーン技術の導入を検討していたことを明らかにした。調査回答者は次の段階の試行錯誤で多忙を極める一方、医療ビッグデータプラットフォームのMediChainは今、医療情報分野でのブロックチェーン導入計画を既に実行に移している。

同社CEOマーク・ベイカー(Mark Baker)博士を筆頭に医学的データおよびビッグデータ両方の知識を有する専門家のチームを持つMediChainは、同分野において確固たる地位を確立する。市場の競合他社と同様に、同社は、患者が自身の個人情報の監視や追加を行うことができ、また医療サービス提供者を選択したり、国内外両方におけるデータの共有をどの程度行うかの決定が可能になるよう医療データを保管する。しかし、同社と他社の比較点はそれだけだ。その理由をベイカー博士は次のように述べる。「MediChainのプラットフォームは、ビッグデータにおける開発経験だけでなく、様々な主要分野における医薬品と医学的研究の開発経験を持った人材によって設計されています」。

同社が医療の改善に寄与できると考え、狙いを定めている領域は次の8つ。リスクおよびリソースの使途における予測モデリング、人口健康管理、薬物および医療機器の安全性調査、病気と治療の不均一性、精密医療および医療判断支援、医療の質および医療の質の評価、公衆衛生、そして研究の応用だ。ベイカー博士は、医療分野の予測分析がもたらすプラスの影響について特に強気な見通しを持つ。「ビッグデータ技術を活用した予測分析は経験(データ)から学習し、それにより個人の未来の行動の予測を可能にします。また、人口の大部分もしくは広大な地理的領域において見られる関連性の包括的なデータに基づいて、より優れた意思決定を促すことができるのです」。

ブロックチェーン技術を医療データに応用する際にMediChainが直面した問題の一つは、トランザクションの速度だ。一秒に2万4000件ものトランザクションを処理できるVisaカードのシステムとは異なり、イーサリアムは一秒当たり20件しか処理することができない、とベイカー博士は述べる。この問題を解決するため、ベイカー博士は医療ブロックチェーンの並列処理を可能にする特許出願中のシステムを設計中であり、同システムは医療データのトランザクション速度を1万4400倍向上させる可能性がある。

このトランザクション速度は、研究情報のやり取りやビッグデータの利点の最適化を促し、関節炎や嚢胞性線維症のような病気に対する飛躍的進歩をもたらす可能性がある。同社は2018年第2四半期より、多くの主要な医療機関や研究機関と共同開発したビッグデータプログラムを発表する予定だ。しかし、ニュースはそれだけにとどまらない。ベイカー博士は分野の異なる他社との協力関係を次のように明らかにした。「私たちは他の企業とも密接な関係を構築しています。医療画像診断を完全自動で行うディープラーニング人工知能の開発に携わる会社などがその一例です」。

同社は現在、世界有数のICO向けSaaSソリューションプロバイダICOBoxと手を組み、MediChainユーティリティトークン(MCUs)のプレセールを実施している。ICOBoxの共同創設者マイク・ライトソン(Mike Raitsyn)氏は、敬服すべき理念を持つMediChainとパートナー提携を結ぶことができて喜ばしい、と述べる。「医療分野におけるデジタル革命は、長年先延ばしにされてきました。私はMediChainのアドバイザーとして、同社の核となるそのイノベーションに日々驚かされており、また医療分野のブロックチェーンに革命をもたらすべく画期的な新システムの導入に取り組むベイカー博士、そして同氏率いるチームの姿勢に言うまでもなく感服しています」。
2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

PARKGENE(パークジーン)、ブロックチェーン技術で駐車方法に革命起こ す

PARKGENE(パークジーン)、ブロックチェーン技術で駐車方法に革命起こ す

PARKGENE(パークジーン、以下PARKGENE)は、世界初のブロックチェーン上の駐車サービスです。
管理者3 | 188 view
KYC.LEGAL(ケーワイシー・リーガル)アプリの第二ステージ、稼働へ

KYC.LEGAL(ケーワイシー・リーガル)アプリの第二ステージ、稼働へ

ブロックチェーンベースのユーザー認証プラットフォームKYС.LEGAL(ケーワイシー・リー ガル、以下KYC.LEGAL)が、提供する認証サービスの第二ステージをローンチする体勢を 整えた。
管理者3 | 115 view
トップ・アドバイザーがKYC.Legal(ケーワイシー・リーガル)チーム に参加

トップ・アドバイザーがKYC.Legal(ケーワイシー・リーガル)チーム に参加

KYC.Legal社は、Know Your Customer(KYC、顧客の身元確認のこと)のニーズを満たす、ブ ロックチェーン技術をベースとした、迅速で信頼性の高い個人識別システムを開発している。
管理者3 | 87 view
ICOの可能性とリスクについて少し勉強してみた

ICOの可能性とリスクについて少し勉強してみた

ICOを利用して投資をしようとしている人も受けようとしている人も考えなければならないのはリスクヘッジだと思います。 投資を行う異常必ずというものはないので、リスクを限りなく減らす努力をしましょう。
じょにー | 574 view
ICOによって資金調達をしている背景

ICOによって資金調達をしている背景

ベンチャー系の会社が最近資金調達をICOを通じて行っているという話を聞きました。 そもそもICOって何という人やメリットがわからないという人もいると思うのでそのあたりを考えてみたいと思います。
じょにー | 186 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3