2017年11月25日 更新

デジタル通貨のマイニングは2025年には大きく変わっているかもしれない

ビットコインのマイニング方法はおよそ8年間の間で大きく変化してきました。そしてこれから10年間で仮想通貨のマイニングはどのように変わっていくのでしょうか。

・マイニングの難易度がどんどん上がっていく

ビットコインのマイニングをするにあたって難易度というのが設定されています。この難易度というのはユーザーが電子通貨をやり取りした取引履歴の承認を行う際に計算問題が出題されます。この時の計算問題の難しさのことを意味しています。この難易度というのはマイニングに使用するパソコンの発掘する能力に従って何度を増していくようにプログラミングがされています。
現在はたくさんの人がマイニングを行うようになったため、どうしても一般家庭で使用するパソコンの使用ではマイニングで報酬を得ることはほとんど無理になってしまったので、発掘能力の高いパソコンを使用してマイニングを行うようになり、それに伴ってマイニングの難易度も次第に高くなっていると考えることができます。

・今後更なる中央集権化が見込まれる

上記の続きになりますが、マイニングの難易度が上がっていくことによりマイニングを行うマイナーたちはより高い計算能力を持つパソコンを用意し続けなければ報酬を獲得できなくなっていきます。そのため、高い所得の人しか今後は継続してマイニングを行えなくなると予測できます。
そのことから個人でのマイニングが主流でしたが次第に企業に資金を投資してマイニングを行ってもらうというクラウドマイニングという運用の仕方にシフトチェンジし始めてきました。
今後マイニングを続けていく人は、高い所得がありマイニング用のパソコンを用意できる人か一般ユーザーに資金を多く提供してもらえる企業の競争になっていくことでしょう。

・Proof of Stakeという通貨の人気の上昇

Free illustration: Crowd, Lego, Staff, Choice - Free Image on Pixabay - 1699137 (21970)

Proof of Stakeとは日本語で資産保有による証明という表現の仕方になります。これは仮想通貨を所有している枚数に比例して報酬が得やすくなるということです。これは仮想通貨を持っておくだけで仮想通貨が次第に増えていくというシステムになっています。
仮想通貨なので日によって通貨の価値は変動していきますが、枚数に関してはどんどん増えていくことになります。また、このProof of Stakeの通貨には高配当のものが多く、高い通貨ではなんと年利1000%を超えてくるものも存在しています。
通貨を所有している状態で万が一誰かに攻撃をされたとしてもその攻撃対象となった通貨の価値が下がってしまうことになるので、攻撃を行う方にとっても攻撃するメリットは少なく、今後更なる流行が見込まれます。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットコインの承認時間の長さや手数料の高騰のため、2018年2月1日よりビットクラブの支払いがビットコインキャッシュでの支払いに変わります。
しょーじ | 1,700 view
なぜマイニングはできるだけ慎重に選ぶべきなのか

なぜマイニングはできるだけ慎重に選ぶべきなのか

マイニングは、慎重に選ぶ事が求められます。慎重に選ぶと言っても、主に2つの観点があるのです。まずマイニングに関する仮想通貨などは、それなりに慎重に選ぶべきです。またクラウドマイニングでしたら、業者を慎重に選ぶべきです。
うーた | 135 view
今マイニングで赤字なら、OZマイニングの利用を検討するべき

今マイニングで赤字なら、OZマイニングの利用を検討するべき

マイニングでは報酬部分だけがクローズアップされ、電気代は見えにくいです。一度状況を詳しく調べてみて赤字なら、OZマイニングの利用を検討してみましょう。
しょーじ | 258 view
ナイスハッシュで効率の良い仮想通貨を自動でマイニング

ナイスハッシュで効率の良い仮想通貨を自動でマイニング

その時点で最も採掘効率の良い仮想通貨を自動で選択してくれるマイニングツール「ナイスハッシュマイナー」の導入方法を紹介します。
しょーじ | 534 view
マイニングに関するコイン選びの重要性と将来性の注意点

マイニングに関するコイン選びの重要性と将来性の注意点

何かを検討する段階では、よく選ぶのが大切な事も多いです。マイニングに対しても、同じ事が言えます。確かにマイニングでは、利益は生じるのです。しかしその利益の大きさも、仮想通貨に左右される一面があるのです。
うーた | 255 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー