2017年12月26日 更新

リプトの専門家デイビッド・ドレイク、グローバルテレコム業界にブロックチェーンをもたらすため Bubbletone(バブルトーン)に参画

世界初のテレコム向けブロックチェーンのBubbletone(バブルトーン)は、著名投資家でクラウドファンディングのパイオニアであるLDJ Capitalの会長、デイビッド・ドレイクが本テレコムプラットフォームにアドバイザーとして参画すると今週発表した。

世界初のテレコム向けブロックチェーンのBubbletoneは、著名投資家でクラウドファンディングのパイオニアであるLDJ Capitalの会長、デイビッド・ドレイクが本テレコムプラットフォームにアドバイザーとして参画すると今週発表した。ドレイクは当社のICOにおけるIR(投資家向け広報)の舵取りと事業開発活動を行う。 Bubbletone CEO兼創業者のユリー・モロゾフは、クラウドファンディングの先駆者でもある信頼のおける事業アドバイザーが参画してくれたのは喜ばしいと述べた。「デイビッドの非常に広範なブロックチェーンの経験によって私達は今や、テレコム業界を変革し、ネットワークオペレーター、顧客、そしてサービスプロバイダーに等しく画期的かつ高コストパフォーマンスなソリューションを提供するための一層のリソースを持っています」


デイビッド・ドレイクはブロックチェーン業界と金融業界の両方で広く知られ尊敬されており、25年以上にわたってテクノロジー、メディア、テレコム、不動産、ホスピタリティ、グリーンテック、エネルギー、そしてソーシャルインパクト投資に関わってきた。今日知られるようなクラウドファンディングの成功に多大な役割を持ったのはドレイクである。自身の金融メディア会社The Soho Loft Media Groupを通じ、クラウドファンディングの法的枠組みを確立するため、彼はSEC(証券取引委員会)とFINRA(金融取引業規制機構)の協調を実現させた。彼そして他の業界の巨人達はCfPA(クラウドファンディングプロフェッショナル協会)とCFIRA(クラウドファンド仲介業者規制アドボケイト)を設立した。現在、両団体はクラウドファンディング業界の規制監督を提供するため、SECやFINRAと緊密に連携している。複数の管理会社を通じ、ドレイクは1.5兆ドル以上相当の資産を管理しており、世界100,000人以上の投資家へのアクセスを持つ。
テレコム市場は技術革新への準備が出来ているという確信から、最前線に立つBubbletoneにアドバイザーとして参画することを決めたとデイビッド・ドレイクは話す。「スマートコントラクトを通じ、Bubblestoneのエコシステムは最速かつ最も費用対効果高くエンドユーザー、モバイル事業者、そしてサービスプロバイダー間で橋渡しを行うプロセスを可能にします。事実上、業界を分散化します」と彼は付け加えた。確かに、このプラットフォームは旧式で高コストなテレコムのローミング技術に引導を渡すことを約束するものである。ユーザーが各オペレーターから直接テレコムサービスにアクセスするのを可能にすることで、煩雑なローミングとオペレーター間の各手順は過去のものとなる。モバイルキャリアは全てのオペレーターと海外への旅行を計画する契約者に表示される「オファー」と呼ばれるプリペイド料金プランを策定することができる。契約者が特定のオファーを選択すると、「リクエスト」が開始し、スマートコントラクトが作成される。トランザクションが完了次第、契約者は自分の地域のモバイルネットワークと全く同様に、旅行先の国で全ての音声やデータのサービスを割安料金で利用できる。その上、契約者はSIMカードを交換する必要がなく、自分の電話番号も引続き利用することができる。Bubbletoneによると、スマートコントラクトの作成と実行のプロセスはシームレスなものであり、かかるのは約一分ほどである。

ブロックチェーンのエコシステムは数百の中間業者を撤廃することで劇的にモバイルサービスのコストを削減、旧式で役に立たなくなったローミング技術の実装にかかる年月と数百万ドルを節約する。その上オンラインサービスプロバイダーは、各モバイルオペレーターが持つ全世界数百万人の顧客ベースに対し、直接自身の「オファー」を音楽へのサブスクリプションやテレビおよびクラウドのサービスと同様に販売することができる。Bubbletone Blockchainはこの新しいシステムの開発を一層進めるための資金を調達するため、非公開のプレセールを実施中である。プレICOは2018年1月20日から2月15日までの期間行われる。ICOは2018年3月20日に開始され、5月1日に終了する。本イニシャオファーリングはトークンあたり0.50米ドルにて開始となる。詳しい情報はこちら:

www.bubbletone.io
2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

Tradelize、今春のICO日程を発表

Tradelize、今春のICO日程を発表

初心者上級者を問わず、トレーダーと投資家のために構築された暗号通貨取引ツールキット、Tradelizeは本日、今春のICO開始日程を発表しました
管理者3 | 90 view
Taklimakan Network、2018年春のICO開催日を発表

Taklimakan Network、2018年春のICO開催日を発表

Taklimakan Network パブリックICO発表
管理者3 | 73 view
トークン保持者、ICOプロジェクトの要請ラッシュに応える

トークン保持者、ICOプロジェクトの要請ラッシュに応える

最近ICOBoxが彼らのトークンの保持者に5つの異なるICOSプロジェクトについてチャンスを提供したところ、トークン保持者からの反響は圧倒的なものであった。限定数量トークンが各プロジェクトについてそれぞれ提供され、その内のいくつかは募集枠を上回る申込みがあった。
管理者3 | 73 view
暗号通貨の成長により各ICOがトークン価格を見直しへ

暗号通貨の成長により各ICOがトークン価格を見直しへ

継続的成長の期間のあとETHとBTC価格は最近大きく変動し、ビットコイン価格は2017年12月17日、19,783ドルという最高値を付けその後14,129ドルへと大晦日に下落し、本稿時点で10,654ドルである(参照元:コインデスクBitCoin価格指数)。2017年の持続的な暗号通貨の成長のおがげで、2018年1月の調整より前、多数のICOが市場を勘案してトークン価格を引き下げる必要を感じていた。
管理者3 | 189 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

管理者3 管理者3

おすすめの記事

今注目の記事