2017年9月4日 更新

分散型モバイルメッセージングプラットフォーム「ステータス」のICO

ステータスによる、App StoreやGoogle Playのようなアプリを提供するプラットフォームの支払いの通貨SNTのICOの状況について紹介します。300億円近くもの資金調達をした大型のICOです。

ステータスとは

 (19807)

ステータスは、WeChatをモデルにして作られた、Ethereum上に構築された分散型モバイルメッセージングプラットフォームです。
Ethereum上で稼働する非中央集権型アプリケーションに対し、Stetusのメッセージングプラットフォームからアクセスが可能です。

簡単に言えば、App StoreやGoogle Playのようなアプリを提供するプラットフォームをステータスが提供しているような感じです。
そのプラットフォームでの支払いの通貨としてSNT(ステータス network token)が使われます。

ステータスは、基本的なメッセージ送受信の機能の他に、
peer-to-peerプロトコルをベースとした、身元確認システム、予測市場プラットフォーム、ETHとERC20トークンの分散型取引サービス、雇用主と技術者のマッチングプラットフォーム、貿易などの取引サービスプラットフォーム、分散型保険プラットフォーム、アーティストと顧客が直接取引できるプラットフォームなど、色々な機能があります。

ステータスのICOの状況

SNTは、Ethereumベースのブロックチェーンで発行され、
総供給枚数は7,317,073,171SNTで、そのうち3,000,000,000SNTが売り出されました。
2017年6月20日に行われたICOではイーサリアムネットワークが混乱するほどの人気で、わずか3時間で2.75億ドル(300億円近く)もの資金が集まりました。

偽サイトに注意しましょう

ステータスは人気のある大型のICO案件だったこともあり、ICO募集の偽サイトが出回り600万円以上集まったというニュースもあります。
もしこのような偽サイトに送金してしまうと、回収の可能性は限りなくゼロに近くなってしまいます。
サイトをよく確認し、間違えて送金しないように注意しましょう。

SNTの価格推移

 (19806)

SNTは、2017年7月14日にBittrexに上場し、当初は1000satoshi程度だったのが、
約1週間後の7月25日には2800satoshi程度で推移していることから、順調な滑り出しと言えるのではないでしょうか。
10 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「WeChat」をモデルにして作られた、非中央集権型プラットフォームステータスのICO

「WeChat」をモデルにして作られた、非中央集権型プラットフォームステータスのICO

世界中で約9億人近くが利用する「WeChat」をモデルにして作られた、イーサリアムのブロックチェーン上に構築された分散型モバイルメッセージングプラットフォームステータスのICOを紹介します。
しょーじ | 65 view
ICOで行われるプレセールの情報を早めに知る方法

ICOで行われるプレセールの情報を早めに知る方法

最近では頻繁にICOのプレセールが行われています。それだけ仮想通貨のICOが増えているという現実があるのです。 それらをいち早く見つけるためにどういうサイトを活用すればいいかを紹介します。
じょにー | 101 view
ホワイトペーパーを制する者はICOを制するといっても過言ではないかもしれない

ホワイトペーパーを制する者はICOを制するといっても過言ではないかもしれない

仮想通貨とICOという言葉を調べていけばたびたび目にすることがあるホワイトペーパーという言葉。 このホワイトペーパーの重要性などを説明出来たらと思います。
じょにー | 47 view
ICO=ホワイトペーパーといっても過言ではない。

ICO=ホワイトペーパーといっても過言ではない。

ホワイトペーパーの良しあしでプロジェクトの雰囲気や成功確率も変わってくることがあります。 ICOにおけるホワイトペーパーの重要性を知るようにしましょう。
じょにー | 37 view
今更だけどICOが儲かるのかについて調べてみた。

今更だけどICOが儲かるのかについて調べてみた。

ICOとは、「InitialCoinOffering」の頭文字をとったもので、簡単に言えばIPOの原理と似ています。 取引所へと上場させることによって認知度を上げてトークンを販売し、それを基に資金を調達し、プランを完成させていくものです。
じょにー | 108 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

いっきゅうさん いっきゅうさん