2017年9月1日 更新

ICOプラットフォームコムサ

ICOプラットフォームコムサは、テックビューロが開発した、複数のブロックチェーン間のゲートウェイになるプラットフォームです。トークンセールを実施したい企業向けにICOプラットフォームとしても機能し、株式会社プレミアムウォーターホールディングス、株式会社CAMPFIREの利用が確定しています。

コムサとは?

 (19949)

コムサは、日本のテックビューロが開発した、
ビットコイン、イーサリアム、ネムなど、複数のブロックチェーン間のゲートウェイになるプラットフォームで、トークンセールを実施したい企業向けにICOプラットフォームとしても機能します。
このコムサ自体もICOにより資金調達するということで、
事前登録者数が初日で1万人を超えるという非常に人気が出ている状態になっています。
「コムサ」という名前は、「Computer」の「Com」と日本語の「鎖(さ)」を組み合わせ、「ブロックチェーン」という意味を表している造語から名づけられました。
コムサのプラットフォームを使ってICOを予定しているのが、
東証二部上場の株式会社プレミアムウォーターホールディングス、日本最大のクラウドファンディングサービスである株式会社CAMPFIREが既に確定しています。
今後もコムサのプラットフォームを使ったICO案件は増える予定で、2018年度末までに20以上のICO案件で合計1億ドル以上の資金調達を目標としています。

コムサのICO情報

コムサのICOは、2017年10月2日14:00に開始され、2017年11月6日14:00まで、約1ヶ月間募集される予定です。
シンボルはCMSで、レートは、1USD=1CMSで、ビットコイン、イーサリアム、ネムで購入することが可能です。
10万ドル(約1100万円)相当額以上のCMSトークンを買う場合は、問い合わせフォームから事前に連絡することによって、個別に20%ボーナスで増量された量をプレセールで購入することが可能です。
セール時には発行数の上限は設定されておらず、ICOが終了した時点で、ICO参加者に発行されるトークン数と同数のトークンが追加発行され、その時点で総発行数が確定されます。
そして、上限はロックされますので、それ以降発行されることはありません。
追加発行されたトークンは、10%をコムサのICO紹介者への紹介料として、40%を既存のテックビューロ経営陣や従業員、コムサ関係者へ配分、50%をテックビューロが保有し、コムサやzaifの開発やマーケティング等、事業拡大に使われます。
5 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

テックビューロが提供する日本発のICOプラットフォームコムサ

テックビューロが提供する日本発のICOプラットフォームコムサ

日本のテックビューロ株式会社が開発した、ビットコイン、イーサリアム、ネムなど、複数のブロックチェーン間のゲートウェイになるプラットフォームであるコムサのICOを紹介します。
しょーじ | 39 view
保険会社など機関投資家向けの保険マーケットプレイスインシュアエックスのICO

保険会社など機関投資家向けの保険マーケットプレイスインシュアエックスのICO

既存の保険市場の代替となるための機関投資家向け保険商品のマーケットプレイスを提供するインシュアエックスのICOを紹介します。
しょーじ | 58 view
日本向け分散型ソーシャルメディアプラットフォーム「アリス」のICO

日本向け分散型ソーシャルメディアプラットフォーム「アリス」のICO

日本初のブロックチェーンを活用したソーシャルメディア・プラットフォームをつくるプロジェクトであるアリスのICOを紹介します。
しょーじ | 71 view
「WeChat」をモデルにして作られた、非中央集権型プラットフォームステータスのICO

「WeChat」をモデルにして作られた、非中央集権型プラットフォームステータスのICO

世界中で約9億人近くが利用する「WeChat」をモデルにして作られた、イーサリアムのブロックチェーン上に構築された分散型モバイルメッセージングプラットフォームステータスのICOを紹介します。
しょーじ | 43 view
クロスプラットフォームとしてデビットカードを提供するテンエックスのICO

クロスプラットフォームとしてデビットカードを提供するテンエックスのICO

仮想通貨の分散型クロスプラットフォームで、日常生活において様々な仮想通貨をレートを気にしなくてもデビットカードを買い物で使えるようにする仕組みであるテンエックスのICOを紹介します。
しょーじ | 29 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ