2018年3月4日 更新

ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」を購入するなら

人気のハードウェアウォレット「Ledger Nano S」はどこで購入するのがいいのでしょうか?

ベストな購入先はハードウェアウォレットジャパン

ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」を安全に購入するなら、国内の正規代理店であるハードウェアウォレットジャパンで購入するのがベストです。その理由を解説します。
Ledger Nano S(レジャーナノエス)
アルトコイン訴求

運営元が信頼できる

ハードウェアウォレットジャパンの運営元の株式会社Earth Shipが日本での正規代理店であることはLedger Nano Sの公式サイトからも確認できます。
ハードウェアウォレットジャパンは、大手家電販売店のヨドバシカメラへもLedger Nano Sを出荷しているとのことで、安心して取引できます。

line

多種多様な支払い方法が用意されている

購入の際の支払い方法は、Amazonペイメント、クレジットカード、銀行振込、代金引換、仮想通貨(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、ダッシュ)が用意されています。
仮想通貨を多数保有している人は仮想通貨で支払えばいいですし、Amazonにアカウントを持っている人はAmazonペイメントを使えばクレジットカード情報をハードウェアウォレットジャパンに預けることなく購入することができます。そのため、インターネット上で、初めて取引するサイトでクレジットカード情報を入力するのが不安という人でも大丈夫です。

商品が届くのも早い

 (25440)

注文が完了すると、すぐに注文を受け付けた旨のメールが届きます。商品の到着は、ハードウェアウォレットジャパンから実際に購入した人の話では、注文の翌日に発送され、2日後に届いたとのことです。すぐに使いたいという場合にも便利です。

公式サイトで購入してもいいけれど

Ledger Nano Sは、フランスのLedger社の公式サイトで購入することも可能ですが、公式サイトではなく、ハードウェアウォレットジャパンで購入をお勧めする理由は、以下の通りです。
・届くのに時間がかかる
海外からの配送となりますので、国内配送に比べ非常に時間がかかります。購入時期や配送方法によっては1ヶ月以上かかるともいわれています。
・日本語対応されておらず、注文はすべて英語で、名前や住所なども英語で入力する必要があります。
また、海外のサイトでクレジットカードを入力するのが不安という人もいるでしょう。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining
14 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

仮想通貨の保管には取引所ではなく、ハードウェアウォレットを利用するべき

仮想通貨の保管には取引所ではなく、ハードウェアウォレットを利用するべき

仮想通貨を取引所に預けっぱなしにするのはハッキングのリスクもあり危険ですので、長期保管する際には、面倒でもハードウェアウォレットに入れるようにしましょう。
しょーじ | 8 view
ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」でビットコインの送受信

ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」でビットコインの送受信

ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」でのウォレットアプリのインストールから実際にビットコインを送受信する方法を紹介します。
しょーじ | 61 view
ハードウェアウォレットのメリット、デメリット

ハードウェアウォレットのメリット、デメリット

仮想通貨を安全に保管できるハードウェアウォレットにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?詳しく紹介します。
しょーじ | 152 view
ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」が故障したらどうしよう・・・

ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」が故障したらどうしよう・・・

ハードウェアウォレットが故障してしまっても、安心してください。販売元で交換対応してくれますし、仮想通貨の残高は完全に復元できます。
しょーじ | 65 view
ハードウェアウォレットの仕組み

ハードウェアウォレットの仕組み

ハードウェアウォレットを使用する際には、仕組みを理解した上で、正規代理店から購入したものを使いましょう。
しょーじ | 133 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しょーじ しょーじ