2017年11月25日 更新

クラウドマイニングで仮想通貨を投資する際のリスクとは?

クラウドマイニングは企業にマイニングを行ってもらうという投資の一種なのですが、企業に投資を行うにあたって考えなければならないリスクとは一体何なのでしょうか?

・マイニング業者による撤退と倒産のリスク

マイニングを行うにあたって個人でマイニングをしようとすると、機材の購入から始めることになり、初期投資だけで莫大な金額を費やすことになってしまいます。家庭用の安いパソコンでもマイニングを行うことも可能ですが、これだと他のマイニングを行っている競合に負けてしまうため報酬を獲得できる見込みは非常に少なくなります。
そこで企業にマイニングを行ってもらうことによって、機材の購入が不要となり企業が所有しているマイニングマシンに投資を行うことで代わりにマイニングを行ってもらう方法が少しずつ人気を集めています。
しかし、このマイニングには電気代がかかる上、企業も機材を購入して資金を元にしてマイニングを行う為資金を提供してくれる人が少なすぎると倒産のリスクもあります。
企業の利益分よりも電気代や費用のほうがかさんでしまうようであれば利益分を還元できない為企業が倒産したり撤退をしてしまう可能性があるのです。

・ビットコイン自体の価格が下がってしまうリスク

Free illustration: Insolvency, Shield, Town Sign, Note - Free Image on Pixabay - 96596 (21927)

クラウドマイニングのリスクとしてビットコイン自体の価値が下がってしまうことが考えれられます。ビットコインの価値が上がれば上がった分だけ利益を得ることができますが、逆にビットコインの価値が下がってしまえば利益は少なくなってしまいます。もし、ビットコインの価値が下がってしまったとして発掘量が今までと同じであればこれまでと同じ量の発掘ができているのにもかかわらず通過価値が下がってしまったことにより、より多くの数を発掘しないと元の金額に戻すことができません。
ビットコインの価値が下がることによってビットコインを投資しなくなる人や別の通貨へ路線変更を行う人が増えてしまえばさらにビットコインの通過価値が下がってしまうことになるでしょう。

・発掘量が減少していくリスク

ビットコインには発行枚数に制限が設けられています。そしてこの発行枚数がすぐに上限に達してしまうと通貨のインフレが起こってしまうため、半減期というプログラムがビットコインに設けられました。これは約4年ごとにマイニングできる仮想通貨の報酬量が半分になってしまうというシステムです。そのため今後どんどん発掘できるマイニングできる量がどんどん減っていくことになるので、高い利益を得ることは難しくなると考えられます。
そのため、今後マイニング業者でも生き残れる企業と生き残れない企業が存在してくると予測ができます。しっかりと投資を行ってもリターンの見込める企業を判断する必要があるでしょう。
7 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットクラブへ参加するのにリスクはあるのか?徹底検証

ビットクラブへ参加するのにリスクはあるのか?徹底検証

ビットクラブに参加する際にどういうリスクがあるのか?そしてそのリスクはどうすれば抑えられるのか、徹底検証します。
しょーじ | 445 view
ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットクラブの支払いはビットコインキャッシュに移行される!?

ビットコインの承認時間の長さや手数料の高騰のため、2018年2月1日よりビットクラブの支払いがビットコインキャッシュでの支払いに変わります。
しょーじ | 2,145 view
クラウドのマイニングとその元本割れのリスク

クラウドのマイニングとその元本割れのリスク

マイニングには、クラウドというタイプがあります。マイニングを行っている専門の業者に、投資をしていく手段です。それには色々なメリットがありますが、元本割れには注意が必要です。しかし、それは自力のマイニングにも同じ事が言えます。
うーた | 126 view
仮想通貨におけるマイニングのリスクを最小限に抑える方法

仮想通貨におけるマイニングのリスクを最小限に抑える方法

仮想通貨をマイニングすることにおいて必ずしも良いことばかりではありません。もちろん危険もあり、私たちはそのリスクを最小限に抑える必要があります。ではどのようにすれば良いのでしょうか。
じょにー | 282 view
仮想通貨を企業にマイニング投資をして稼ぐ方法

仮想通貨を企業にマイニング投資をして稼ぐ方法

マイニングを行うにあたって個人でマイニングを行う方法と企業に投資を行うマイニング方法があります。今回は企業に投資を行って稼ぐ方法についてみていきたいと思います。
じょにー | 138 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

じょにー じょにー