2017年4月14日 更新

人気沸騰!ビットコインの謎を解け!

仮想通貨のビットコインに今注目が集まっています。ビットコインに乗り遅れた方向けのビットコインについてのご説明をさせて頂きます。

ビットコインとは?

(ブルームバーグ):仮想通貨ビットコインの生みの親は誰か。テクノロジーマニアやジャーナリスト、ファンが過去何年も突き止めようとして分からずじまいだった謎が、ようやく解明される時が訪れたかもしれない。

米誌ワイアード(電子版)は電子メールや消去されたブログ投稿、文書などに基づき、シドニー近郊在住のオーストラリア人研究者、クレイグ・スティーブン・ライト氏(44)が「サトシ・ナカモト」の仮名で2009年にビットコインを考案した人物である可能性が高いと報じた。

テクノロジーブログのギズモードも、ライト氏とその友人であるデーブ・クライマン氏(故人)がビットコインの発明者である可能性を伝えた。

ソーシャルメディアからは仮想通貨に熱意を抱くライト氏のプロフィルが浮かび上がってくる。同氏は、ビットコインの調査研究を手掛ける豪企業ディモーガンの最高経営責任者(CEO)を務めている。

ライト氏は数週間前に米ラスベガスで開かれたビットコインのイベントにビデオ会議システムを通じて参加したばかりだが、「ナカモト氏」の正体を暴き出せずにきたビットコイン関係者の多くはライト氏について懐疑的だ。

米ゴールドマン・サックス・グループを退社し、ビットコインの取引所ビットフライヤーを創業した加納裕三代表取締役は「もしかしたらライトさんが初期のビットコインに関わっていたのかもしれませんし、サトシは複数いるのかもしれません」と発言。さらに「仮に本物のサトシが出てきて意見を言ったら、無視することはできないと思っています」とコメントした。
ビットコインとはいまだに謎が多いです。
誰によって開発されたのかさえ正確には明かされてはいません。
「ナカモト・サトシ」と名乗る人物によって開発されたとされていますが、
実際は、シドニーに住んでいるオーストラリア人のIT企業家、
クレイグ・スティーブン・ライト氏(44)であるとオーストラリア警察が発表しています。
まだライト氏は自分が「ナカモト・サトシ」であることを公表してはおらず、真実であるかは不明です。
しかし、このライト氏とナカモトはかなり関連性が強いと見ているそうです。

ビットコイン関連の銘柄も株価が上昇中です

株と株式会社の関係は切っても切れない間柄で、株式会社は自社の持ち株を売る事で資金を受ける事ができます。その昔株式会社の起源と呼ばれるのは、中世のオランダ東インド会社あるとされ、複数の人が出資して船を購入し海外へと船を出し、無事に帰ってくることができれば、貴金属や香辛料または奴隷を売却した代金を、出資した金額に応じて分配するというものだったのです。つまり帰還率の高い船長には資金が集まり、現在も会社という人気の船長には人気が集まりやすいという事です。現在ビットコインの人気も高まっており、このビットコイン関連の銘柄も株価が上昇中です。ただし株価は、政治や仮想通貨関連法案の行方によって株価が大きな影響を受けますので、関連性のあるニュースには目を通しておく必要があります。
「株式会社」へ就職するなら知っておきたい「株」の意味【就活に役立つ会計知識】Vol.15 | 就職活動とインターンシップのJobweb(ジョブウェブ) (6644)

■ビットコイン関連銘柄に注目する理由

ビットコイン関連銘柄の最大の特徴といえば、現在、政治や仮想通貨関連法案の行方によって株価が大きな影響を受けることだ。直近でもニュース報道で話題に上がっているように、政府はビットコインに代表される仮想通貨を貨幣と認定する方向で調整を進めており、どのような法規制が行われていくのかというについては、関心が持たれている。仮想通貨関連翻案について議論が進むと、これまで以上にビットコイン関連銘柄の株価は大きく動くだろう。

かつてマウントゴックスの破綻事件以来、ビットコインに関する知識が止まってしまっている方は、今からでも遅くないので、すぐにビットコインに関する最新の知識にアップデートするのをおすすめする。なぜ今ビットコイン関連銘柄や仮想通貨関連銘柄が株式投資市場で再び注目されているのか、そのバックグラウンドを把握しておこう。瞬時の判断が求められる株式投資の世界では、情報に乗り遅れると命を落としかねない。

では、いかにしてビットコイン関連銘柄で利益を上げるか?それには、自分が企業の動向やビジネスの内実についてイメージできる企業に絞って投資を検討することだと、個人的には考えている。

もちろん、新しいテーマ株を一から勉強し始めるのは非常に骨が折れるかもしれない。しかしながら、こういった骨が折れることできる実直な投資家だけが今の株式市場で生き残っていくと思うし、だからこそ取り組む価値はある。投資の神ことウォーレン・バフェット氏の投資哲学である「自分が理解できる事業内容を行っている企業に投資する」ということを意識しつつ、自分自身も、まずはビットコインという仕組みを学んでいくつもりだ。
政府はついにビットコインなどの仮想通貨の規制に乗り出しました。
大企業や一部の国では独自の仮想通貨の開発を既に始めており、
今後も仮想通貨がどんどん普及していくことになるでしょう。

ビットコインの保管にはウォレットが必要です

【楽天市場】財布・小銭入れ・マネークリップ >長財布 >MB ラウンドファスナー長財布:ステーショナリー工房スリップオン (6647)

まず、ビットコインを保管するためにソフトやアプリをインストールしたりウェブ上にアカウントを作成したりする必要があります。ビットコインは電子データですので様々な媒体で保管することが可能です。

PC上に保管したい場合(デスクトップウォレット)はElectrum、ウェブ上の保管サービスを利用したい場合(ウェブウォレット)はBlockchain.info、スマートフォン上に保管したい場合(モバイルウォレット)、iOSはbreadwallet、AndroidはMyceliumがおすすめです。

どの方法で保管しても問題はありませんが、実店舗でビットコインを利用したいという方はモバイルウォレットが良いでしょう。なお、本格的にビットコインをはじめたいという方は、セキュリティのために、オフライン環境でビットコインを保管するコールドウォレット(コールドストレージ)を利用することをおすすめします。コールドウォレット他ウォレットに関する詳細は以下のページをご覧ください。

ビットコインの保管(ウォレット)
ビットコイやその他の仮想通貨を実際に購入し保管するにはウォレット(財布)が必要になります。作成は簡単で時間もかかりません。
 (6650)

ビットコインの普及はすさまじい

これまでに発行された仮想通貨は1,000種類以上あるのですが、その代表的通貨がビットコインです。

ビットコインと聞いて思い出すのが、2014年のビットコイン事件でしょう。

当時、日本ではまだ馴染のないビットコインでしたが、ビットコイン取引所のマウントゴックスが破綻したというニュースが大々的に報道されたため、その 「デビューシーン」 が印象に残っている人が少なくないかと思います。

マウントゴックス破綻の是非はひとまず置いておきます。

ここで頭に入れておきたいのは、ビットコインに代表される仮想通貨が、世界各国で決済システムとして普及し始めているという点です。

フィンテックという金融ITが次々と導入される日本でも、仮想通貨は無視できない存在になりつつあるのです。


仮想通貨の成長が期待されている

2016年の株式テーマとしてフィンテックやバイオ、ドローンが挙げられていますが、仮想通貨テーマも株式市場で熱くなっています。

仮想通貨関連銘柄として注目されているのは、セレス(3696)、インフォテリア(3853)、マネーパートナーズGP(8732)。

とりわけヒートしているのが、マネーパートナーズGPの株価です。

国もビットコインをお金と見なしました

2016年3月の仮想通貨関連法案の閣僚決定、また参議院での可決を受けて、2014年以前には政府のビットコインの認識は、モノとしての扱いであったのが、貨幣と同様の価値があると正式に判断されました。同時に金融庁も改正資金決済法によって、2017年6月までにこの法律が施行される事になり、税法上もビットコインの取引で得た一定の金額以上の利益は、所得として見なされる事になります。当然税法上は貨幣と同様の価値のあるものですので、贈与税や遺産を残りた場合にも税金の対象として見なされる事になります。ただしビットコインについては、全ての法整備が完了したわけではなく、貨幣と同様と見なされた限りは、仮想通貨の売買で従来は消費税を加算しているケースも多く、貨幣となれば非課税とされる可能性があります。
 (6653)

また、従来の「モノ」から「貨幣」へと扱いが変わることで、当然、税金関係も変化する。中野弁護士は、「具体的な法案の内容が決まっていないため影響は不明確です」としつつ、「税金関係は、特に大きな影響が予想される」と指摘する。

「仮想通貨の売買について、従来は消費税を加算しているケースが多かったのですが、『貨幣』となれば非課税とされる可能性が高くなります。欧州の司法裁判所でも、昨年ビットコインを『支払手段』と認定して、付加価値税(日本でいう消費税)を非課税とした判断がされています。また、仮想通貨が『貨幣』との位置づけが法律で決まれば、国税庁が所得税をはじめ仮想通貨取引から生じる各種税金の取り扱いについて整備することは確実です」(同)
マウントゴックスの事件ではビットコインの消失は単なる「もの」の消失として扱われましたが、
今後は、政府はビットコインを「硬貨」と認定することで
このようなマウントゴックスの悲劇が繰り返されない事を願うばかりです。

人気は衰えません

ビットコインの人気の秘密は、電子マネーという側面があり、インターネットできる環境さえあれば、どの国にでも手軽に送る事ができるというところです。また、ビットコインの取扱店であれば、わざわざ為替に応じて換金する必要も無く、その場での支払いも可能というところでしょう。日本でもこのビットコインの法整備が進んでおり、取扱店も数年前の倍以上に増えて来ています。また投機の対象としても人気があり、少額からでも取引できる事から、初心者向けの投機として人気も高まっているのです。実はすでにビットコイン対応のATM機は設置されており、全国でも500台以上あるとされ、政府のビットコインに対する法整備も整いつつありますので、ビットコインの利用者数も年々増加傾向にあるのです。
通貨な世界 - 外貨なマネービジネス (6641)

仮想通貨情報サイト、コインデスクは5つの重要な追加情報を加えることで、再度昨年から今年の動きを改めて見直している。メジャー通貨という位置づけにはいまだ程遠いが、ユーザー数はゆっくりと確実に増加中だ。昨年のビットコイン・ウォレットのユーザー数は、2014年の740万から1276万と58%の伸びを見せ、ビットコイン対応のATM342台から536台へ、取引数は5割も増している。

数字の伸びが急激な需要の高まりを保障するというわけではないが、「近い将来ビットコインが消滅する」という一部の予言を覆すには十分だろう。
一時は下火になったこともありました、人気が再燃しているようです。
特に自国の通貨が不安定な国では、仮想通貨を資産として持っておく場合は多いようです。
やはりその利便性や投機性が人気の秘密で、今後はもっと人気がでること間違いなさそうですね。

最後に・・・

政府がビットコインを「貨幣」と認定したことで、今後はさらにネット証券やFX事業を行っている会社が
ビットコインなどの仮想通貨の事業に参入することになるでしょう。
まだまだセキュリティーの面では心配な面もあること、
すべてが自己責任でビットコインの管理を行わなければならない事など課題が多いのも事実ですが、
今後のビットコインの動きから目が離せませんね。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

知っておくべき近未来の有望通貨!オルタコインとビットコイン

知っておくべき近未来の有望通貨!オルタコインとビットコイン

暗号通貨としてビットコインが有名ですが、実は同じ仕組みの別のコインが次々と誕生しているんです。今回はそんなオルタコインとビットコインの話をさせて頂きます。
M&K | 1,419 view
あなたの知らない世界☆仮想通貨のビットコインは危険なのか?

あなたの知らない世界☆仮想通貨のビットコインは危険なのか?

仮想通貨と聞くとビットコインを頭に浮かべる人は多いと思います。日本ではその危険性ばかりが取りざたされていて欧米などに比べるとまだまだ普及率が低いのが現実です。今回はビットコインが危険なのか?についてご説明させて頂きます。
M&K | 747 view
知っておくべき暗号通貨の面白いお話

知っておくべき暗号通貨の面白いお話

暗号通貨ではビットコインが有名ですね。でも、暗号通貨はビットコインだけではないんです。色々な種類がありそれぞれ違った特性を持っています。今回はそんな暗号通貨のお話をさせて頂きます。
M&K | 1,500 view
ビットコインとアルトコインを分ける「POW」「POS」

ビットコインとアルトコインを分ける「POW」「POS」

暗号通貨の中でも、ビットコイン以外のものを総称してアルトコイン(またはオルトコイン)といいます。それぞれどのような通貨で何が違うのか知っておきましょう。また、今後の展望などまとめていますのでチェックしてみてください。
Michiru | 1,910 view
ビットコイン「プルーフ・オブ・ワーク」のアルゴリズムとは

ビットコイン「プルーフ・オブ・ワーク」のアルゴリズムとは

暗号通貨ビットコインのネットワークを支えているのが、「Proof of Work」(プルーフ・オブ・ワーク)とよばれるシステムです。これは一体どのようなものなのでしょうか。ビットコインを始める方は必見です。
Michiru | 1,541 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

M&K M&K