2018年1月30日 更新

【東京オリンピック】日本のビットコインをどう変えるのだろうか?

2020年の東京オリンピック時の訪日外国人に向けて日本政府がキャッシュレス、IC化を促進しています。2月23日には金融庁が貨幣認可していく予定であることを発表しました。ビットコインの決済は今後、日本でどのように進んでいくのでしょうか。

日本のビットコイン決済ができるお店

まだまだ日本のビットコインにおける立場は、狭い範囲でしか認知されていません。その大きな原因は、株と同様に投資の対象とされているほかにならないからです。同じ電子マネーであれば、スイカやエディにパスモなどのクレジットカードで決済ができるお店が多く存在する為に、その利便さは比較にならないほど充実しているからです。しかし、現在では首都圏を始めとして、専用のATMなどもあり、インターネット上で取引できる通信販売など、実際に商品を購入できる場所も増えてきました。また飲食店を始めとする業界の店舗や、各種教室など実際に支払いができるお店も着実に増えて来ています。実際に3年ほど前までは、取り扱うのできる実店舗は40件足らずでしたが、2017年3月現在ではその数が130件を超えているのです。
 (6913)

――ビットコインで支払いができるお店が増えていますね。Hackers Barなど、ギークが好みそうなお店が多いようです。…持っている方は主に20~30代の男性で、インターネットに強い人が多い。そこでそのような男性が行きそうなお店のオーナーさんとお話をして、導入してもらっています。

今は外国人向けのお店も多いです。外国の方は現金を持ちませんから。ビットコイン決済であれば、決済手数料がクレジットカードの1/3~1/5になるので、お店にとっても大きなメリットがあります。
bitclubmining
取引所である「coincheck」を運営するレジュプレスは7月1日、iPhoneやiPadからビットコイン決済が可能になる店舗向けアプリ「coincheck payment for iOS」を公開した。…訪日外国人の増加などが追い風になり、サービス開始から7カ月間で約350店舗に決済が導入されているという。従来のブラウザでの決済では、セッションが切れるなどオーナーがスムーズに決済できないケースも少なくなかったことから、アプリの提供に至ったとしている。
2020年の東京オリンピック誘致に成功し、国内の景気の上向きには経団連を始め、多くの団体で景気の上向きが期待されていますが、その中で世の中に広まって行くチャンスとされています。良いところは、実際の為替レートに交換する場合手数料などほとんどかからず、ビットコイン同士であればその場で取引が可能というところにあります。実際我々が海外旅行に行く場合は、その国の貨幣に交換し買い物を行わなくてはなりませんが、対応のお店であれば、現金を持つ必要も無く商品の購入や飲食代を支払う事ができます。オリンピックでは、逆に海外から多くのお客様が観光客として日本に滞在しますので、普及によって多くの店舗が対応店となれば、海外の観光客も手間を掛けずに簡単に支払を済ませる事ができる事になります。

ビットコイン決済が可能なお店

クレジットカードやデビットカードのように、カードで支払いが行えるようになってきました。このカードを利用する事で、支払いが自由となり、加盟店であればどのような店であっても、またどのような形態の商品であっても購入ができるようになります。カードで支払う事は同じですが、クレジットカードやデビットカードとは違い、ビットコインでの支払いで決算する事になります。このカードの利点としては、相場がそのまま反映されて支払われますので、いちいちレートを計算する必要性も無いという事が挙げられるでしょう。また、引き落としに関してはデビットカードと同様に、その場で完済する事ができるるうえ、手数料がかなり安いという利点があります。
 (6932)

ビットコインが使えるお店

ビットコインが使えるお店
現在日本国内でビットコインを使えるお店を掲載しています。ただし、当ページの情報が古い可能性もありますので、支払いの可否等詳細については各店舗へお問い合わせください。

coinmap

coinmap
世界中のビットコイン決済が可能な店舗を検索できます
↑上記「ビットコインが使えるお店」によると、日本に今現在ある決済が可能な実店舗数は53件とのこと。

↑「coinmap」によれば東京にある決済の実店舗数は37件。
歌舞伎町や赤坂、恵比寿など…にまとまってありますが、それでも海外に比べればビットコイン決済可能なお店が規模が小さいです。

東京オリンピックに向けて

 (6910)

日本政府はかなり後押ししてくれています。

 まず、2020年の東京オリンピックまでに、決済をスマート化させたいという理由があります。クレジットコインやビットコイン、Edyなどいろいろな決済方法を考えているようです。
2016年は仮想通貨が本来の幕開けになるだろうと唱える有識者が多く、法規制の動きもここにきて出てきました。

4年後、2020年は(また)東京オリンピックじゃないですか。

クレカもビットコインもどちらも決済システムです。

1960年と今とでは技術も情報も発展・浸透スピードが明らかに違いますから、

気付けば当たり前に使える日本になってるかもしれないなと。
(もっと視野を広げれば世界的にも、その他の主要となる仮想通貨も)

その頃には、今5万円前後の1BTCが何倍になっているんでしょうか?
ビットコイン以外でも三菱東京UFJ銀行等も東京オリンピックに向けて訪日外国人に対して外貨建てカード決済サービスを導入するなど、着々と対策を取っています。三菱東京UFJ銀行といえば独自の仮想通貨「MUFG」を開発していることでも注目されていますが、2020年の東京オリンピックに向けたキャッスレス化があらゆる分野で進められています。

そのなかでも仮想通貨技術を使ったフィンテック開発もますます活発になるでしょう。ビットコイン決済も東京オリンピックに向けて、積極的に日本各地で広がっていくことが望まれています。

MastarCardのPayPass決済

 (6919)

MastarCardのPayPass端末にかざすだけで決済できるアプリ「ONEBIT」が登場しました。MastarCardのPayPass決済に対応しているお店であれば手持ちのビットコインで支払えるようになるため、利用シーンが一気に増えそうです。

…日本では「MasterCardコンタクトレス」という名称で展開するMastarCardのサービスで、PayPass対応のクレジットカードやスマートフォンアプリなどPayPass端末にタッチすることで簡単に支払いができるというもの。サイフからお金を取り出したり、クレジットカードを店員に手渡してサインしたりという手間をかけることなくMastarCardでの決済をキャッシュレスかつスムーズにできるサービスというわけです。

ライフカードのポイントをビットコインにチャージ

 (6922)

日本国内でも、ビットコインにより支払い可能なお店や、取り扱っているATMが出ています。ただし、まだ100か所程度となっており、まだまだ発展途上です。

2020年の東京オリンピックなど、訪日外国人による仮想通貨の利用機会増加への対応に向け、今後は拡大していく可能性はあります。

ビットコインに交換できるのは、ライフカードでショッピングを利用した際に、利用金額に応じて貯まる「LIFEサンクスポイント」です。

会員サイト「LIFE-Web Desk」で、貯めたポイントを各種特典と交換できます。LIFEサンクスポイント600ポイントを、クーポン3,000円分に交換できます。

世界初ビットコインのデビットカード【シフトカード】

 (6915)

米サンフランシスコ州を拠点にウォレット・サービスを提供しているコインベース(Coinbase)が、米国初となるデビットカードの発行を開始した。同社は6月に12万ドル(約1473万円)の資金調達に成功。クリプト通貨をメインストリームに押し上げる狙いで、モバイル向けのテクノロジーを開発しているシフト・ペイメンツと提携し、VISAデビットカード、「シフト・カード」の発行に乗り出した。 …

世界3800万店以上の加盟店で、ビットコインでの決済に利用可能だ。加盟店であればオンライン、オフライン問わず、食料品からガソリンまで購入OKなため、従来のデビットカードやクレジットカードと同じ感覚で使用できる。

 現在はアリゾナ州やテキサス州を含む米国24州のみでの発行となっているが、そのほかの州でも必要な規制手続きが完了次第、カードの発行を開始する予定である。…

 VISAデビットカードの付加機能という形式…従来の通貨からビットコインの支払いに切り替えることができ、幅広い層に受け入れられやすいだろう。

東京オリンピックで望まれるキャッシュレス決済は【観光地】

 (6930)

もっとカードが利用出来るようになって欲しいと希望する所は、観光地がトップで、フリマやイベント会場での使用も希望している人が20%以上いるのは、今後の市場に期待できる結果です。
※上位6位までの内容を表示しています。

観光地:約40%
ホテル・温泉・旅館:約35%
車の修理・車検:約35%
家賃:約30%
商店街:約25%
フリマ・イベント:約20%

…日本でのクレジットカード利用率…が50%になれば、145兆円の巨大な市場が誕生する…
観光地でのキャッシュレス化が早急に望まれています。

また2020年の東京オリンピックに向けて日本政府はキャッシュレス化を推し進め、インフラを整えていく方針を打ち出しています。日本におけるキャッシュレス化での市場規模は145兆円になるのではないかと言われており、大きな市場規模が潜在的に存在していることが明らかになりました。

今後ビットコイン決済が日本でも広がっていけばいいですね。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインはお店でも使える?決済の方法や仕組みをチェック

ビットコインはお店でも使える?決済の方法や仕組みをチェック

ビットコインは仮想通貨ですが、オンラインショッピングだけでなく実店舗においても既に導入されています。日本国内にも対象のお店があるようですね。しかし、その決済はどのようにして行われるのでしょうか?支払い方やお店側の受け取り方を見てみました。
馬場 | 187 view
Paypalでビットコイン決済が可能に!高まる仮想通貨普及の可能性

Paypalでビットコイン決済が可能に!高まる仮想通貨普及の可能性

世界203か国に2億人近いユーザーを持つ、オンライン決済サービスPaypalが、ビットコインを決済手段として導入しました。これにより、ビットコインの価値がより一層担保され、また仮想通貨の一般認知度も上昇したといえるでしょう。
ねず | 699 view
ビットコイン決済は今後広がるか

ビットコイン決済は今後広がるか

ビットコインという名前は耳にしたことがあっても、実際に商品購入をするのにはどのように使うのか、ビットコインの決済方法と、今後考えられるサービスの拡充について説明いたします。
E-rinrin | 212 view
ビットコインでの決済とその取引先

ビットコインでの決済とその取引先

ビットコインは、どの国でも自由に使えるとのうたい文句で人気を帯びていますが、実際には使える国とそうではない国、また禁止されている国があります。対応の度合いも各国で違い、統一化されるのはまだまだ先の話でしょう。日本では、ニュースでご存知の方もいると思いますが、ビットコインの悪用が起きないための措置が取られたばかりで、マネーローダリングやテロ国家、あるいは犯罪組織に利用されない為の、規制を行っているに過ぎません。
E-rinrin | 100 view
【日本政府も】将来性に注目!イーサリアム【日銀も】

【日本政府も】将来性に注目!イーサリアム【日銀も】

ビットコインの次に来る仮想通貨はイーサリアムで決まりと言われていますね。世界中から注目を集めるイーサリアムは、通貨機能に付加できる情報量の多さが評価の理由。世界中のIT企業や日本政府、日銀も認めるイーサリアムの将来性をまとめます。
letyour8 | 9,361 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

とんぼ55 とんぼ55