2016年8月3日 更新

ローリスクのビットコイン投資「コイン積立サービス」開始!

銀行口座の自動引き落としによるビットコイン積み立てサービスが開始されました。 提供するのはブロックチェーン技術を提供するテックビューロ。 手軽にビットコイン投資を始めたい人にぴったりですね。 どんなサービスなのか内容をみていきましょう。

新サービスの商品名は 『Zaifコイン積立』

 (8137)

テックビューロが自動引き落としによる日本初のビットコイン積み立てサービス
『Zaifコイン積立』を提供開始

-印鑑不要のオンライン申し込みだけで、ドル・コスト平均法による長期投資が可能に-
「積み立てサービス」自体は別段新しいサービスではありません。
純金積み立て、FX積み立て、学資積み立て、積み立て預金、積立保険などいくつも思い浮かぶ、誰もがどれかは利用してきたようなサービスではないでしょうか。

しかし、ビットコインを始めたいが何からすればよいかわからない、またはビットコインをもっと手軽な方法で増やしたいと思っていた人にとってはやはり、画期的で嬉しい日本発のサービスですね。

提供するのは『テックビューロ』

 (8140)

テックビューロ

テックビューロ株式会社は、暗号通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)です。 ビットコインを含む暗合通貨の為替取引プラットフォーム「Zaif」やプライベート・ブロックチェーン基盤ソフトウェア「mijin」の他、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供しております。

『Zaifコイン積立』はどんなサービス?

 (8143)

Zaif、ビットコインの積み立てサービスを本日スタート 2016/05/17

5月17日午前11時から、仮想通貨取引所Zaifが国内初となる銀行口座からの自動引き落としによるビットコインの積み立てサービス「Zaifコイン積立」をスタートした。

サービス内容は銀行口座から自動引き落としで毎月固定額を支払うと、希望の金額分のビットコインを積み立てるというもの。サービス申し込みには印鑑不要で、オンラインのみで完了する。
銀行口座から毎月一定額の引き落としでビットコインが積み立てられるので、純金積み立てのように手軽で計画的にできる投資法といえますね。

もちろん買付も自動で行われるので、取引がめんどうだ、買付のタイミングがわからないといったような、取引所を使うストレスから解放されるので、初心者にはとても嬉しいサービスといえます。

「ドル・コスト平均法」とは?

 (8146)

ドル・コスト平均法で暗号通貨を買うメリットは!?

Zaifコイン積立は、一定金額を買い続ける、「ドル・コスト平均法」による投資の一種です。
相場が上がっても下がっても一定額で買付けを続ける方法ですので、価格が上がったときは高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がったときは安く多くの量を買うことができる、という考え方となり、ローリスクではありますが、長期的・継続的に積み立て保有することによりしっかりと利益を確定するタイミングを待つことができるのが最大のメリットと言えるでしょう。
ローリスクハイリターンを投資に期待できるものではありませんが、ビットコインのこれまでの短い歴史(約7年間)を見たとき、その値動きの大きさにチャンスを感じるか、あるいは損失を出す覚悟も持つか、あくまでも自己責任で行うのであれば、堅実な方法でありながら夢もあるサービスだと思います。

長期的に固定額を積み立てると決めて、「学資など子供の将来のため」とか、「老後暖かな場所へ移住するための資金に」等、目的をもって始めるのも良いですね。
 (8148)

積み立てとビットコイン買付のスケジュールは?

●積立購入について

毎月の積み立て額を1万円とした場合、毎月27日に金融機関より10250円(手数料2.5%が適用)が引き落としされ、積み立て用資金に1万円がプールされます。

翌月10日~翌々月9日(土日祝日を含む)までの日数で日割りの買い付け金額が決定し、日毎の買い付けレートで暗号通貨を積み立て購入していきます。

●積立金額について

毎月最低1,000円以上、1,000円単位で、最大100万円の設定が可能です。

自動引き落としの利用できる金融機関は?

 (8152)

自動引き落としには、以下の金融機関がご利用頂けます。

■都市銀行:
三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行 りそな銀行 埼玉りそな銀行

■ネット銀行:
ジャパンネット銀行 セブン銀行 ソニー銀行 楽天銀行 住信SBIネット銀行 じぶん銀行 イオン銀行

■地方銀行:
北海道銀行 青森銀行 みちのく銀行 秋田銀行 北都銀行 荘内銀行 山形銀行 岩手銀行 東北銀行 他

■その他全国の信用金庫
メガバンク、ネットバンク、地方バンク、信用金庫。 ほとんどすべての銀行をカバーしています。

申込は、印鑑不要でオンラインで完結!

銀行印不要!全てオンラインでのお申し込み

銀行口座からの自動振替の申込含めて、全てインターネット上でオンラインで申込することができます。
積立額の変更はいつでも自由に変更することができます。
申込はZaifのホームページからできます。

ビットコインがぐっと身近に感じられるようになりましたね。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

提携企業のストップ高を更新!「テックビューロ株式会社」

提携企業のストップ高を更新!「テックビューロ株式会社」

テックビューロ株式会社はビットコイン取引所Zaifやプライベート・ブロック・チェーン「mijin」を開発した企業。ブロックチェーン技術を応用したmijinを元に技術や業務、事業を提携する企業が後を絶たちません。1月12日には提携企業の株価をストップ高まで押し上げました。いま最も注目したいテックビューロ株式会社とは、どんな企業なのでしょうか。
とんぼ55 | 893 view
ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

ICOはIPOとどう違うのか?そしてICOは投資初心者には危険?

新しい形の資金調達方法として、また仮想通貨による投資手段として「ICO」が話題となっています。このICOとはどのようなものなのか、IPO(新規株式上場)との比較も交えて見ていきましょう。
じょにー | 1,017 view
新しい事を始めたい方必見。おすすめの投資=ビットコイン!

新しい事を始めたい方必見。おすすめの投資=ビットコイン!

「投資」はリスキーで怖いな・・そう思っている人におすすめなのが、ビットコインです。ここでは、全く知らない方でも、分かりやすく投資の仕方をご説明します。是非ご覧ください!
管理者3 | 6,179 view
リスクやデメリットは?ビットコイン投資を始める前に知っておきたいこと

リスクやデメリットは?ビットコイン投資を始める前に知っておきたいこと

ビットコインは投資の対象としても活用されています。本来、株やマンションなど別の投資対象に注ぎ込むものであるはず。かといって貯金のように、お金だけを使って増やしていくものとも異なるようです。
馬場 | 5,296 view
知っておこう、ビットコインの投資と税金の関係

知っておこう、ビットコインの投資と税金の関係

取引数として日本では、ビットコインを利用して投資を行っている方はごく少ない状況にあります。それは、株式の市場で公に取り扱われてない為でもあります。しかし、ビットコインを使用しての取引も投資の一部ではある為、税制には必ず関係してくるのでここでは投資と税金について考慮していきます。
猫らぶ | 8,156 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Michiru Michiru