2018年5月1日 更新

実は便利なビットコイン

ビットコインは、怪しいものと思われている方も多いですよね?でも、使い方次第でとても便利なものなのです。それでは便利な点と便利な使い方についてご紹介します。

発行主体を持たないことでのメリット

 (7174)

★★★
ネット上の仮想通貨のことです。

実際に国から発行されている通貨とは様々な点で異なり、
それがメリットにもデメリットにもつながっています。

それはいったいどのような点なのでしょうか?
★★★
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
bitclubmining

発行主体を持たないことで様々なメリットが

発行主体がありません。
発行主体とは、例えば日本円を発行している日本銀行のようなもののことです。

そのことにより、様々なメリットがあります。
発行枚数が決められているため、経済が不安定になった時などに、急に発行量が増えたり減ったりする事がありません。
※発行主体
 (日本で言えば日銀や財務省)
 (企業ベースで言えばTポイントやローソンポイント、Edy)
国や企業に縛られた仕組みではないため、かなり自由な使い方を模索する事が可能です。(ネット上で、暗号通貨の価値を信じている者同士の間であれば、) あらゆる物や情報と交換が可能になります。
「残高」の管理はブロックチェーンを通して行われているので、中央機関には依存していなく、残高を保存したり移動するときには最初から誰も信用する必要はありません。

信用できるのは目の前にある数字と自分だけになります。逆から言うと、「人のせい」にしかできないような人は仮想通貨には向いていませんので、従来の法定通貨の世界にいた方が幸せでしょう。

仮想通貨は中央機関を信用できない人が、国などの強大な力と戦わずにして自分で資産を管理する手段だと言うことができます。
国が違えば、使用している法定通貨も違います。そのため、別の国に行く場合にはその国の通貨に両替しなければいけません。為替レートは日々変動しますし、両替するときに手数料もかかるため、両替ばかりしていたら損をしてしまいます。

しかし、ビットコインには国境がないので、(取引相手が受け付けてくれる限り)両替のことを考えずに利用することができます。つまり、あなたが住んでいる国は関係なくなるのです。

日本のビジネスもBTC建て決済を導入すれば、海外のお客様をもっと引き込んでビジネスの展開がしやすくなっていくでしょう。
発行主体がないということは、国の事情によって通貨の価値が変動してしまうことはありません。
また、国同士での通貨の違いも無いため、どこの国でも同じ価値で利用することができます。

発行主体を持たないことで、自由度が高い使い方ができるのです。

デメリットは?

 (7177)

便利な反面、デメリットもあります。
では、そのデメリットとはどのようなものなのでしょうか?

値崩れを起こす可能性がある

確かに国の事情には左右されないのですが、投機的な側面を持っているため、それ自体の価値が暴落してしまう可能性があります。
 需要次第で、「現実の通貨」の為替以上に交換レートが大きく変動することも多く、保有しているビットコインが値崩れするリスクもあります。もちろん、反対に価値が高まることもありますが、なにしろ「仮想」の通貨です。まだ評価が定まっていないこともあり、大量保有するのには、やはり不安を覚えます。

政府の承認が得られていない

その価値を政府が認めているわけではありません。
そのため、その価値を保証する物が何もありません。
デメリットもあります。


それは未だに政府からの承認を得ることが出来ていない点です、



まだ私営に近い形で運用されており、

今のところは信頼を保つことが出来ていますが、

完全に価値を保障されているわけではありません。



もしものことで、価値に何らかの影響があった場合、

一瞬にしてゴミくずになるということもあり得るわけです。
政府や中央銀行は正式な通貨として承認していませんので、何が起きようとも国は補償してくれません。

価値が暴落しようが、間違えて違う人に送金しようが、パソコンがウィルスに感染してウォレットがハッキングされようが、悪質な取引所に持ち逃げされようが、誰も保障してくれません。全ては自己責任だと言うことです。

セキュリティーに不安がある

ネットを通じてやりとりが行われるため、セキュリティーの面にはやはり不安が残ります。
実際、不安をあおるような事件も起きています。
ビットコインは「取引所」で現実の通貨と交換するが、この取引所の一つが東京に拠点を構える「マウントゴックス」であり、一時は世界最大級の取引量を誇る取引所だった。2014年2月、取引を停止し、東京地裁に民事再生法の適用を申請し受理された。事実上の破産である。債務超過に陥ったのがその原因であるが、大きな注目を集めたのは、顧客が保有する75万BTCのほか、購入用の預り金も消失していたという。当時の取引価格で算出すると500億円前後という巨額損失である。なぜ消失したのか。
誰が、どのようにしてということが分かっていれば、事件はすでに解決しているはずなので、詳しいことは分からないことが多いが、電子の鍵の「署名」と、その検証の間に時間がかかるというセキュリティの脆弱性を突かれ、ネット上で盗まれたのではないかと言われている。

便利な使い方

このように、メリットもデメリットもあります。
やはりよく知られていないということもあり、「怪しい」という印象が大半で、一般的に広く利用はされていないのが現状です。

しかし、使い方によって大変便利な物なのです。

決済時、クレジットカードと違い手数料がほとんどかからない

 (7173)

日本では使えないことも多いですが、
アメリカのサイトでネットショッピングをする際に使うと、手数料が無料になりお得です。

クレジットカードでの決済の場合は運営会社への手数料が発生しますが、ビットコインの場合はそれがかからないためです。
米サイトでのネット通販でも決済は一瞬で手数料もゼロのケースが多く、使い勝手は悪くない。
消費者にとっては便利なクレジットカード払いですが、使えないお店もまだまだあります。
消費者にとっては便利でも、販売者にとってみれば加盟店になると手数料などの支払いが必要になるため、コストが大きくなるからです。
この点、ビットコインなら銀行やクレジットカード会社といった運営機関が介在しないため、手数料は支払わずに済みます。
銀行振り込みの手数料を顧客とお店のどちらが負担するかを考えたり、クレジットカード会社に手数料を支払う必要はありません。

決済時に重要情報を入力しなくても良い

通販でカード決済をすると、気になるのがカード番号やセキュリティーコードなどの重要な情報を伝えなければならないという点。

しかしビットコインならそのような心配がありません。
クレジットカード決済時は、カード番号、有効期限、セキュリティコードなどを伝える必要があり、特に海外などの信頼性の確認が難しいサイトでのネット決済時などは、利用が躊躇されがちになる。相手に伝えたこれらの情報が流出してしまった場合は、カードの不正利用が可能になってしまい、実際、非常に多くのカードが被害にあっている。

一方、ビットコインは、相手のアドレス(1Q4G2h9ooipkoUi9AWTnD8EmwaNErbq9ccのようなID)さえ分かれば送金可能な仕組みとなっている。

ビットコイン決済では上記のようにアドレスだけを伝えることになり、またアドレスだけでは不正利用ができないので(利用には所有者だけが知る秘密鍵情報が必要)、クレジットカード決済に比べ情報流出時の被害が格段に少なくなる。

このように、クレジットカード情報を伝えたくない場合の決済手段としても利便性は高いと言えよう。

送金手数料が安い

送金手数料はほとんどかかりません
これまで払ってきた高い送金手数料もビットコイン送金ならほとんどかかりません。
一回につき0.0002BTC(約10円)となっております
bitcoinを利用した送金サービスは、フィリピンのRebitなど、世界にいくつも現れている。Robocoinは自らのネットワークに加えて、こうした他のサービスとも提携することでスケーリングに成功できるかもしれない。

Robocoinでは街角の店舗を出来合いのATM代わりに利用することでネットワークの拡大を図っている。手数料は4%で、これは他の送金サービスの手数料が25%かそれ以上にもなるのと比べて5分の1以下だ。
例えば、海外に10万円の送金を使用とすると、現金の場合は銀行にもよりますが、数千円の送金料がかかっていました。
しかしビットコインなら、ほとんどかかりません。

海外への送金が素早くできる

ビットコインの場合は約1時間で送金が完了します。(銀行を利用した海外送金の場合、1~2週間かかります。また手数料も最低で数千円かかります)
相手が財布ツールを持っているなら、世界中のどこに向けても送金が可能です。
従来の方法で海外送金を行うと、金額が口座に反映されるまで約1週間〜2週間かかります。
BTC送金だと金額が即日で反映されます。
このように、メリットもデメリットもあります。
これらを把握して有効に活用することで、可能性も広がりますね。
こう見てくるとビットコインって便利なものですね。
決済時にクレジットカードよりも手数料が安かったり、クレジットカード番号のようなセキュリティー的に問題のある情報をインターネットを通じて送ったりする必要もなく、
海外送金をする場合でも銀行送金よりも大幅に早い1時間ほどで10円程度という大幅に安い手数料で送金できるのです。

line

アルトコイン訴求
45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ハードウェアウォレットのメリット、デメリット

ハードウェアウォレットのメリット、デメリット

仮想通貨を安全に保管できるハードウェアウォレットにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?詳しく紹介します。
しょーじ | 128 view
ザイフのメリット、デメリットまとめました

ザイフのメリット、デメリットまとめました

国内で第3位の取引量の仮想通貨取引所「ザイフ」のメリット、デメリットをまとめました。口座開設する際の参考にしてください。
しょーじ | 57 view
知識があれば怖くない!ビットコインのメリットとデメリット

知識があれば怖くない!ビットコインのメリットとデメリット

ビットコインを始めてみたけど、メリットやデメリットってあるの?と疑問に思っている人も多いでしょう。ここではメリットやデメリットを紹介します。 どちらも知ることで敷居が低くなり、安心して取引できるようになりますよ。
| 745 view
ビットコインって何?登録方法やメリット・デメリット、できること。

ビットコインって何?登録方法やメリット・デメリット、できること。

ビットコインは、日本ではまだメジャーではなく、「言葉を聞いたことがあるがよく分からない」という人も多いでしょう。具体的にどのようなものか、登録方法やメリット、できることをご説明します。
あやの | 247 view
【仮想通貨】でセレブ生活が可能?!稼ぐ方法について

【仮想通貨】でセレブ生活が可能?!稼ぐ方法について

お金持ちが仮想通貨に投資をしているのは知っているけれど、一般市民の自分はちょっと無理かもと思っていませんか?!外国では一般市民も買い物の支払いに使用したりしていますよ。うまくやればセレブになれるかも♪一般人でも稼げる方法を考えます♪
march | 8,088 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

74rika11 74rika11