2017年3月12日 更新

ビットコインでの決済とその取引先

ビットコインは、どの国でも自由に使えるとのうたい文句で人気を帯びていますが、実際には使える国とそうではない国、また禁止されている国があります。対応の度合いも各国で違い、統一化されるのはまだまだ先の話でしょう。日本では、ニュースでご存知の方もいると思いますが、ビットコインの悪用が起きないための措置が取られたばかりで、マネーローダリングやテロ国家、あるいは犯罪組織に利用されない為の、規制を行っているに過ぎません。

■ビットコインは世界中で使える仮想通貨なのか

 (14851)

bitcoinが世界では、どの国でも使えるものなのかに関してはNOと言えますが、流通自体はどの国であれ可能と言えます。それはが仮想通貨であり、インターネット上のデータであるからで、データとしての移動であれば、インターネットが行える環境さえあれば、どの国でも流通や取引が可能という事になります。

しかし、国によっては禁止されている国もあり、アイスランドでは、外貨としてのbitcoinの売買は違法とされています。しかし、マイニングされたものについては、不透明な部分があります。現在、世界でこのbitcoinを自由に使える国は、アメリカやカナダにイギリス、そしてフランスやドイツにスイス、ノルウェーやフィンランドにベルギー、ポーランドやリトアニアにデンマーク、スロベニアなどの多くの欧州各国自由に取引を行う事ができます。

またイスラエルやオーストラリアにブラジルやトルコ、韓国やシンガポールに香港やフィリピン、ベトナムにマレーシアといったアジア諸国も、同様に自由な取引が行えます。他の国は、日本のように一定の制限があり、法整備が進んでない国も多いのが現状です。
 (14850)

■ビットコインによる決済方法

 (14852)

bitcoinによる決済とは、支払い方法としてbitcoinを用いる事で、インターネット上のECサイトや飲食店を含む、実店舗の支払いを行う手段です。従来までの支払い方法は、クレジットカード払いや銀行振り込み、コンビニでの支払いに電子マネーや携帯キャリアによる支払い、PayPalやPay-easyに代引きでに支払いが行われていました。

また、コンビニや電車やバスなどの乗り物に、利用されているSuicaにPasmoやnanacoなどを使う事も多いのですが、一般の小規模店舗ではどれにでも対応する訳にも、いかないのが現実です。また、少額取引などの場合には、クレジットカードなど手数料などが店舗側にもかかる事が多く、これが悩みの種にもなっているのです。

bitcoinを導入した場合にこの手数料が無料か、掛っても少額で済む為に、利用するメリットも大きいと言えるでしょう。支払い方法も簡単で、ガイダンスにそって支払う方法や、小規模の実店舗の場合には、携帯ウオレットなどを利用する事で、QRコードを読み取るだけで支払いが完了する便利さがあります。

■ビットコインによる決済のデメリット

 (14853)

bitcoinの現状は、そのシステムゆえの使いにくさも存在する事を、知っておかなければならないでしょう。まず決済には時間がかかるという事が挙げられます。実はbitcoinには、安全な取引を行うための認証システムが存在しており、この認証時間には10分を要するという事が挙げられます。実際急いで買い物を済ませなければならない場合や、乗り物などの待ち時間の間に買い物を済ませるといった場合には、非常に不便な待機時間となります。

また、認証制度のシステムであるチェーンブロックの分岐が、稀にですが送金リクエストが非承認されることがあります。もちろん不具合な事に間違いありませんが、システム上こうした事が起こりえるという事です。送金を送ってもらっても、送らなかったことにされますので、かなりの不都合が生じる事になります。

また、支払われる店舗側はbitcoinの使い方にも、しっかり考えなければならない事があります。bitcoinの売り上げをどう扱っていくのか、仕入れに仕えるのか、または現金化するにもそれなりの手間が必要ですし、bitcoinの暴落で目減りする事もあり得るのです。

■bitFlyerの決済サービスbitWire SHOP

 (14861)

日本国内で営業するbitcoin取引所では、決済サービスも取り扱っており、bitWire SHOPを利用しての支払いが可能となっています。このサービスでは、システム導入手数料が無料で、決済手数料金額は1%未満となっており、かなりの割安感が期待できます。

また、受取ったbitcoinの円転後には、最短で翌日にはあなたの決済用口座へ入金が可能となっており、bitcoinを受け取ると同時に自動で売却する設定などもご利用頂けますので、常にbitcoinでの売上を円で確定する事が可能となっています。このサービスの特徴は、簡単な審査で導入できると共に、クレジットカードやその他の決済手段などより、かなり割安感のある安価な手数料で取引ができるところにあります。

最短で翌日現金化する事ができますので、運転資金の効率化も図る事ができるのです。またbitcoin自動売却機能で、bitcoinの価格変動リスクを負う事がありませんので、安心して支払い時のレートを受け取る事が可能なのです。もちろん他社からの、bitcoinウォレットからも決済が可能となっています。
13 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ビットコインはお店でも使える?決済の方法や仕組みをチェック

ビットコインはお店でも使える?決済の方法や仕組みをチェック

ビットコインは仮想通貨ですが、オンラインショッピングだけでなく実店舗においても既に導入されています。日本国内にも対象のお店があるようですね。しかし、その決済はどのようにして行われるのでしょうか?支払い方やお店側の受け取り方を見てみました。
馬場 | 248 view
Paypalでビットコイン決済が可能に!高まる仮想通貨普及の可能性

Paypalでビットコイン決済が可能に!高まる仮想通貨普及の可能性

世界203か国に2億人近いユーザーを持つ、オンライン決済サービスPaypalが、決済手段として導入しました。これにより、ビットコインの価値がより一層担保され、また仮想通貨の一般認知度も上昇したといえるでしょう。
ねず | 939 view
ビットコイン決済は今後広がるか

ビットコイン決済は今後広がるか

ビットコインという名前は耳にしたことがあっても、実際に商品購入をするのにはどのように使うのか、決済方法と、今後考えられるサービスの拡充について説明いたします。
E-rinrin | 396 view
銀行も決済手段に利用【リップルの仕組みや特徴について】

銀行も決済手段に利用【リップルの仕組みや特徴について】

仮想通貨の中で、最近注目を浴びているのがリップルです。リップルはGoogleなどが出資をして開発されている通貨としても知られています。そんなリップルの特徴について色々と調べてみました。 リップルは決済手段としてとても便利なようです。
kiritani | 201 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

E-rinrin E-rinrin

おすすめの記事

今注目の記事